(正解)いる

ほぼ全員の大人がサンタは作り話だと思っているでしょう。

確かに元々はそうであったのです。

しかし、長年にわたり大人はさもサンタがいるように演出し、また子供達もサンタがやってくるのを信じて心待ちにしている、この祈りにも似た気持ちがサンタをエネルギー体として現象化させたのです。

日本で言うなら天狗やキツネのようなもので、皆が絵に描くような姿で実存しているのではないのですが(皆さんの心の中ではああいう姿をしています)、エネルギー体として確かに存在しているのです。

なぜこんなことを自信満々に言うかといいますと、忘れもしない、私は2007年のクリスマスイブにサンタのエネルギー体に遭遇したからです。

大人はいつも子供に向かって「良い子にしていないとサンタは来ないよ」と言いますよね。

良い子というのは大人にとって都合の良い子ということです。

自分が子供の時のことを考えてみろっての。

サンタの持つ鞭は決してトナカイを叩くためではなく、良い子を無理強いしている親に対して一年に一回くらい子供に夢を与えてあげなさいと振るわれるのですね。

結局サンタに尻を叩かれて親がプレゼントを枕元に置いているのですよ。

私100%の確信をもって断言しますが、「サンタは存在します」

サンタクロース

▲ファンタジーのTOPへ