(正解)いる。
宇宙人

あなた、そんなのいるに決まってるじゃないですか。

我々地球の人間だって宇宙人・・・そんな陳腐なことは言いません。

どこかで書きましたが、三次元世界にいる人間には三次元世界のものしか見えないのです。

それより高い次元の存在はどこにいるかというと、我々と同じ時空間に存在しますが、向こうからこちらは見えてもこちらから向こうの姿は見えません。

エネルギーの振動数が違うので見えないのです。

人間には可視光とか可聴域とかありますよね。

高次の存在は光のように高い振動数で振動しているので、我々の目には見えないしその音も聞こえません。

我々が感知できるような状態では通常存在しないのですが、時々意図的にその振動数を落とし我々が見えるような状態で現れることもあります。

同じ時空間に存在すると書きましたが、高い次元では時間と空間というのが三次元世界とは異なります。

わかりにくいと思いますが、そりゃ仕方ありません。

 

宇宙船(UFO)が時折にしか目撃されないのはそのせいなのですが、現在目撃されるUFOはそのほとんどが純粋な宇宙船ではなく、NASAが秘密裏に開発しているものだという話もあり、実際それに乗ったことのある人もいらっしゃるそうです。

目撃情報多発地帯というあたりに地下基地があるという噂です。

またフリーエネルギーというのは実はすでに開発されていて、今はいかにそれを世界の権力者の手中に収めておき一般に普及させないかというところに注意が払われています。

そうでないと世界の経済的価値観がひっくり返って、石油メジャーが用をなさなくなるからですね。

 

話を戻しましょう。

宇宙人の中には我々に近い次元のものもいるのですが、だいたいはその知性は我々よりはるかに発達しています。

どのような姿をしているかというと、人間そっくりのものもあれば、映画に出てきたような形のもの、鉱物のようなもの、様々です。

宇宙人について考える時、それが存在する次元とそれらの文化度は分けないといけません。

三次元の存在でも地球人より知性の劣るものもあれば高いものもある、ということです。

そして、我々の目に見えるような形の宇宙人は少なくともこの太陽系には存在しません。

高次元の存在はいますが三次元に近い知的生命体は太陽系の惑星に住んでいないのです。

映画って完全なフィクション?

皆さん、映画って完全なフィクションだと思ってらっしゃるでしょうが、それは違います。

これは「神との対話」という本でも書かれているのですが、SF映画の多くは神様が脚本家にインスピレーションを与えて書かしていることが多いのです。

だから案外本当のことだったりするのですね。

未知との遭遇、スタートレック、スターウォーズ、コクーン、マトリックス等々・・・すべてそうなんです。

もちろん人間用に脚色されていますので必ずしも正確ではありませんが。

 

また現在、地球人として生きている宇宙人もいます。

別になりすまして地球侵略を計画しているとかじゃないのでご安心ください。

それだけのことができる宇宙人なら、その気がありゃとっくの昔に侵略してますって。

要するに地球という星、人間という生物を長年にわたり観察して今後どうしていくのかを、そう、地球に人類の種を蒔いた人たちに報告しているんですね。

にわかには信じ難いでしょうが、まあ最後まで読んでください。

「この星の守り手たち」にも書かれているように、純粋な地球人なんだけれど宇宙人としての過去世を身にまとって生きている人もいます。

あ、あなたの周りにもきっと宇宙人にさらわれて色々調べられた後に解放された、という人がいるんじゃないですか。

そういう人たちは通常頭がおかしいと思われるのが嫌なので、あまりそのことについて話さないみたいです。(私のごく信頼できる知り合いにもそういう人たちはいます)

 

さて、2012年には我々は宇宙人と未知との遭遇をするんでしょうか?

でもさっきも言いましたが、もうすでに遭遇しているのかもしれないのですよ。

最近は流れないですが、少し前テレビで缶コーヒーのCMに出ていたあの人、ほらそのCMの内容も今ここで書いたようなことじゃなかったでしたっけ?

あの人絶対、宇宙人ですよ。

みんな、見てるのに見てないんだよなあ、これが。

え?おまえが頭おかしいんじゃないかって?

う~ん、ビミョ~ (笑)

▲ファンタジーのTOPへ