新型インフルエンザとワクチン接種について本当のお話をしましょう。

すごい数の死者が出ているように報道されますが、普通の季節性インフルエンザだってその位の死者は毎年出ているのです。

単に報道の仕方の問題なのですね。

過剰な報道

ではなぜ過剰な報道がなされるのかというと、それにより結局誰が得をするのかを考えてみてください。

一時タミフルによる脳障害と異常行動との関係が指摘されたことがありました。

確かに解熱の必要な場合もあるので一概には言えないのですが、体は体温を上げることによりウイルスの活動性を低下させ免疫細胞が効果的に働きやすいようにしているのです。

ですから、無理に薬により解熱すると、ウイルスが元気なまま脳にまで達してしまい脳炎を起こす可能性があるのです。

通常の発熱であれば、熱は出させてその出た熱を吸い取ってあげて少し体を楽にしてあげることをお勧めします。

私の家では38度以上なら豆腐パスタ、それ以下ならキャベツの葉で熱の吸い取りをしています。こういうことをしていますとね、我が家では年間の医療費ゼロなんですよ。

タミフルと異常行動の関係

タミフルと異常行動の関係はその後否定され新聞の扱いもすごく小さくなりました。

そして数日後には各製薬会社が日替わりで新聞に大きな広告を出したのです。

いかに自分たちが新聞社にとって重要な広告主であるかをアピールしたわけですね。

あくまでも我が家の場合ですが、ワクチン接種なんて死んでも御免です。

You Tubeで「ワクチン アメリカ」と検索してみてください。

きっと信じられないような動画がたくさん見つかります。

日本では意図的に隠されている事実です。

皆さんに強く忠告しておきますが、新型インフルエンザに限らずあらゆるワクチン、予防接種は絶対にやめられた方がいいですよ。

▲健康に関することのTOPへ