僕の誕生日である2月2日に第一回目のコズミックリーディングがあり、すぐさま課題が出ました。

生命に関する本を読んで(もちろん速読)レポートをメーリングリストに投稿すること。

また”人生を変えるノート”というのを作り、それに速読した本から何カ所か引用し、それについてのコメントを書くこと。

 

まずは自分の本棚を探します。

「生命保険見直し術」

これレポートしたら本気でおこられるやろなぁ・・・・

待合室の本棚も探します。

買ったけど、読んでなくて生命に関する本・・・・・・あ、あった。

「満月がきれいと僕は言えるぞ」

人生を変えるノートのトップバッターに相応しい本、山元加津子さんと脳幹出血で身体が麻痺してしまった宮田さんの共著。

二冊目は図書館に探しに行きました。

「ミクロコスモス~生命と進化~」

この時にたまたま速読の練習用に「子供を伸ばす魔法の11カ条」と「子供を伸ばす父親 ダメにする父親」というのも借りました。

アナスタシアの第三巻も出ていたので本屋さんで買いました。

ところが、この第三巻はアナスタシアが生んだ赤ちゃんに関する話なのです。

まだ幼い子供に対する父親としての接し方を著者のウラジーミルがアナスタシアから教わるというていです。

なんか、つながってますね~。

 

およそ200ページ位の本を20分で読んで10分でまとめあげるのが目標。

最初はなかなかそうはいきません。

どうしても40分とか50分とかかかります。

それでも、1時間はかからないわけです。

確実に進歩しています。

 

また、人生を変えるノートですから、そのへんの大学ノートじゃいけません。

それなりの体裁のものじゃないと。

というようなことを嫁さんに喋ってたら、「うちにあるよ、そんなノート」

へ?

実は昨年のクリスマス前に提携先の矯正歯科の先生がプレゼントしてくれていたのです。

なんか、つながってますね~~。

 

レポートをメーリングリストにあげると、しばらくして柳瀬さんがチェックしてアドバイスしてくださいます。

それが実に的確なわけ。

その通りに手直しすると、見違えるようなシュッとしたレポートに変身します。

受講者は柳瀬さんにそれなりの受講料を払ってはいますが、それにしても柳瀬さんは本当に文字通り全身全霊で僕たちの進化のナビゲートをしようとなさってます。

時間を無視して喋り続けることを除けば実に感動的ですらあります(笑)

 

初回のセミナーからちょうど2週間後に行われた第二回目、今回は当日の朝行って、夜最終便で帰ってきました。

速読の核心部分は第一回目ですべて話されているので、本来なら二回目は要らないと言えば要らないのですが、そうそう上手くいきませんもので受講するわけです。

そうしますとまた一段階進化するのです。

懇親会出るつもりはなかったけど、今から皆で飲みに行くいうのに、じゃあさよなら、なんて僕が出来るはずがないのね。

 

で、またしても課題がでます。

今回は“環境”についてのレポート。

要するに、最初は生命で次は環境だっつう話です。

柳瀬さんは環境意識コミュニケーション研究所の所長さんでいらっしゃいます。

バリバリの電通マンだったのを退職し、環境意識コミュニケーション以外のことは一切やらないという研究所を立ちあげられました。

皆さんご存知の超有名人も何人もこのコズミックリーディングセミナーを受けてらっしゃいます。

 

そして明日3月1日土曜日は第三回目(最終回)の速読セミナーが博多は天神であります。

この日は柳瀬さんのお誕生日でもあります。

僕の誕生日に始まり、柳瀬さんの誕生日で終わるという、これはいったい何なのでしょうか。

 

この一カ月で読むスピードは格段に速くなりました。

でも課題が出なかったらそこまで練習しなかったろうし、果たしてここまで進化したかしら?

なお、文学作品などを速読する必要はまったくありません。

「神との対話」を20分で読むなんて馬鹿げたことはしないわけです。

あくまでも情報を取りたいという本の読み方です。

でも何気に専門書ですら読むスピードは速くなりました。

本を読む行為が楽しくなります。

そしてコズミックリーディングは速読自体が目的ではない、我々の意識のパラダイムシフトが目的なのであるという柳瀬さんの言葉に、今歩き始めた道が僕たち受講者をどこへ連れて行ってくれるのかすごくワクワクするのです。

明日は泊まりですので、しこたま飲みます。

明後日、日曜日は午後から歯科医師会で用事があるので朝早く戻って来なければなりません。

で、会の後、またしても学術委員と講師の先生で懇親会です。

ええ感じです。

 

お知らせ欄に載せましたコズミックダイアリーの最初の10冊は完売致しまして、追加注文をいれました。

まだ迷っている方、よろしければ進化の道を歩み始めませんか?

本が早く読めて、内容を他人に伝えられるというおまけ付きというのは凄いことですよ。

2014.2.28