来週の日曜日(12月12日)に大阪のテイジンホールにて「大道祭」が開かれます。

これは船井幸雄氏の勉強会「にんげんクラブ」と出口光さん(出口王仁三郎氏の曾孫)の主催する「メキキの会」とのコラボレーションです。

船井幸雄氏については皆さんご存知だと思いますが、出口王仁三郎氏とは大本教の実質的な教祖だった人です。

「インド紀行~その19」の中でも書きましたが、来年は横とのつながりが非常に重要となる年です。

それがウサギ年の意味なんですね。

ですからこのように、志を同じくするけれど、今までは別の形で活動していた大きなグループ同士がコラボするといった企画が今後増えていくでしょう。

ということで当HPでも告知させてもらいます。

これね、出演者がすごいですよ。

例えば中矢伸一氏なんかは、僕がその著書「日月神示」を読んでその中に書いてあった岩下環境研究所に連絡してうちの土地のイヤシオロチ化(炭素埋設)をやってもらったという経緯があります。

興味のある人は是非、参加されることをお勧めします。

絶対におもしろいって!

かく言うわたしは、当日研修のために徳島に行っておりまして残念ながら不参加。

詳細はニライカナイさんのブログで。