あのね、どうして誰も塩の質のことを、塩の本質を問題にしないの?

減塩なんか真面目にやったらね、身体壊しますよ。

もちろん一時的には血圧は下がるでしょう。

でも大切なミネラルバランスはどこでとるの?

本当にやらなきゃいけないのは、まともな天然塩が採れるきれいな海を取り戻すことなのに。

日本高血圧協会だって?バッカじゃん。

日本人に必要なのは米と塩(味噌)なのであります。

それさえあれば、僕たちは日本人としての矜持を保っていけるのであります。

それを奪おうとしているあなたたちは一体誰の味方?

調味料とか食品に含まれる塩分を減らすとね、傷みやすくなりますから当然添加物(保存料)の類が増えるわけです。

そして本来の塩は甘くてしょっぱくて美味しいもので、それだけですごい調味料なんだけど、それを減らすということはいわゆる人工的な味付けも増えるということです。

ホンット、おまえら消費者をなめてんのんか!と言いたくなります。

農薬や添加物や遺伝子組み換え、大量の無意味な投薬、すべて人間の良心の問題でして、そこの構造改革を訴えることなく減塩を推し進めるなど笑止千万!

減塩など言う前に、明らかに人体に悪いのわかっていて作り続ける食品会社やなぜかしらドエライ甘い基準を設けている厚労省や農水省に言うことあるでしょうに。

こういう人たちは信用しちゃダメよ。

僕は血圧が高かったっていいじゃん、脳梗塞、心筋梗塞、それの何が悪いの?くらいのスタンスなのであります。

血圧が高い=心血管系の病気になる  ではないです。

そういう病気になった人を調べてみたら血圧が高い人が多かった、ということです。

だから高血圧が悪者みたいに言われるんだけれど、これは明らかにおかしい。

それにね、例えば減塩して血圧が下がった人がいたとしましょう。

その人に聞いてごらんなさい。

「じゃあもう血圧の薬飲まなくてもよくなったので、良かったですね」

「いや、一応念のために飲んどけって医者が言うもんだから。油断しちゃダメだって」

(笑)

だいたいが、本当に減塩しないといけないほど料理に塩ぶっかける人いますか?

「いや、そうではなくて本来人間が一日に摂って良い塩の量は5g位なのだ」

おかしいでしょ、それ。

僕、一応歯医者だけど、小難しい理屈はどうだっていいです。

理屈じゃなく、おかしいと感じたならおかしいのです。

身体が正常に機能しており、天然塩であるならば過剰な成分はすべて体外に排出されます。

あったり前の話です。

一応念のために言っておきますが、食卓塩はあきまへんで。

ありゃNaClだもん。

僕の親父はね、脳血栓を発症しその後、体中に血栓が溜まり最後は多臓器不全で亡くなりました。

存命中は日に三度血圧を計り、計るのを忘れたらお袋に「もう血圧計りはりましたか?」と聞かれ、食間食後にたくさんの降圧剤を飲み、付随する胃薬も飲み、おしっこが出ないと文句を言い、薬の種類を変えてもらい、あそこが痛い、ここが痛いと嘆き、ご飯は減塩食に減塩醤油。

全然楽しそうじゃありませんでした。

果たして減塩は父の健康のためになったのでしょうか?

それで幸せだったでしょうか?

結局やろうとしていることは、日本人を塩抜きしようということ。

ダメですよそんな手にのっちゃ。

僕たち日本人はこれから来る新しい時代のために、塩を片手に気合いを入れないと。

皇帝塩買いなはれ。

食卓変わるよ、マジで。

あ~あ、こういう語調で書くのは止めたつもりなのに。。。仕方ねえなぁ。

2011.2.28