今朝の夢。

なんと先の皇后さまの診察をしてるんです、僕。

もちろん玄関先は警備の車や人たちでいっぱい。

こりゃ、なんじゃ、いったい?

 

昨日の整体のM先生。

最初にいつも通り足をテケテケ動かして調べておられ、「ところで西塔先生の現在の自覚症状はどうですか?」

「実は、最近不整脈がひどいんです」

「ああ、そうですか。目に見えないことを言って恐縮ですが、さっきの方にも話しましたように、それはどうも太陽フレアの影響のようです。そのせいで胃の調子も悪くなってるとでています」

でています・・・・て(笑)

実はこのM先生、とある組織でで特殊訓練を受けたこともあるツワモノです。

そしてなぜかNASAの研究員に友人がいるそうです。

いったい、どういう人や、この人は?

その研究員曰く、今、アメリカでは太陽フレアによる磁気の影響で赤血球同士がくっついて(鉄イオンがあるからね)脳血栓や、脳出血などの脳血管障害を発症する人が激増しているそうなのです。

で、研究員ですからどうすれば治療できるかも研究するわけですが、一般的に血液をサラサラにしますよと言われているようなものは効かなくって、微量ミネラルであるMo(モリブデン)を静注すると一発で効くそうなんですね。

ということで、わたくしダイコクドラッグでNature Madeの”ミネラル”というのを買い求めた次第であります。

これをね、医者に行ったらさ、いっぱい検査されて結局薬を出されるわけです。

えらい違いやと思いませんか?

 

その後、奈良の法隆寺にある”いかるがホール”でAso Aligner という透明なマウスピースを使った見えない矯正というののセミナーに参加しました。

その途中、昼飯を食おうとJR天王寺駅のファッションビルMIOに入りました。

そこでまたしても雑貨屋さんで出会った服部みれいさんの本。

strawberry juice forever.jpgStrawberry Juice Forever

この人、タダもんじゃないね。

例えばこんなことが書かれています。

 

「仕事をやめたくなったら」

いますぐ辞表を書いてみて。

そして辞表を出す日を決めてみて。

そしてその日まで

とにかく一生懸命、働いて。

 

ちょっと僕じゃ思いつきません、こんなこと。

尊敬すらしちゃうわ、マジで。

 

韓国冷麺とミニビビンバを食べてセミナー会場へ。

法隆寺駅から徒歩10分て、ああ、ダッル~~。

Aso Aligner とは、すべての矯正の症例に適応できるものではありませんが、適応さえ選べば非常に快適に(だってワイヤーないんだから)、つけていても他人に知られずに歯並びを治すことができます。

早速、当院の受付の工藤さんが手を挙げました。

これの良い所は今言ったこと以外に、成功しないことはあっても、失敗するということがない点にあります。

つまり必ずしも患者さんが望むような結果にならない(あまりに高いレベルの期待をされると)ということはあり得ますが、これは術前によく話し合っておけば済むことです。

透明なマウスピースを歯がある程度動くたびに交換していくのですが、基本的に最終目標に向かって動かしていますので、どこかの段階で治療を中断したとしても必ず元の状態よりは良くなっているのです。

一般的なワイヤーを使った矯正は、場合によっては動かしたくない歯まで動いてしまって厄介なことになることもありますが、Aso Alignerではそれがありません。

典型的な適応症は、前歯のガタツキを治すというものですが、かなりのスグレモノです。

ワイヤーの調整がいりませんから、術者も楽だし患者さんも楽。

早速、必要と思われる患者さんに勧めていきたいと考えています。

 

この装置は厚みが0.5mm、0.6mm、0.8mmの3種類を使います。

0.8mmなんかを入れたら絶対に一番奥の歯しか当たりません。

最後の質問の時間に「調整はしないのですか?」と聞いたところ、「しなくても問題が起きたことはありません」との回答でした。

これね、言っときますけどね、絶対間違い。

必ず奥歯が均等に当たるように調整する必要があるに決まっています。

どうして矯正の先生ってこういうところがいい加減なんだろう?

0.5mmくらいだと、人によれば無調整でそこそこ均等に当たることもありますが、それ以上の厚みだとちょっと無理ね。

新しい武器(治療法)を安価に手に入れるというのは気持ちのいいもんだ(笑)

ちなみにセミナー費用は2万5千円でしたとさ。

2012.9.14