今頃になって復興予算の使い道が適切であったかどうかを議論するなど、こいつら本当にマトモな大人か?と思います。

このような使われ方がされたのはすべて官僚の采配によるものです。

くどい位に言いますが、有名進学塾で優秀な成績をとっていて、有名中学・高校・大学と進学した人たちがこういうことをやっているわけです。

うちの藍やふうさんは因数分解もおそらく出来ませんが、それでもこのようなおかしなことはやらないというより、彼女たちの中ではあり得ないでしょう。

本当は頭が良くて正義感も強い官僚もいるのでしょうが、組織の中でその力を発揮できないようですね。

 

インプラント・バッシングについて触れた際に書きましたが、週刊朝日などクズ中のクズです。

橋下氏の言うことがすべてもっともであります。

皆さん覚えておられるかどうかわかりませんが、そもそもが朝日系列のマスコミは今までからやたらと問題を起こしているのです。

今回の橋下氏の記事にしても、あんなものを校了にする編集長は頭がおかしいとしか言いようがないのに、相変わらずこのざまです。

謝罪しようがなにしようが、今後もずっとこの調子でしょう。

 

僕はブログには好き放題書いていますが、これが本になり活字になるとなると話が別です。

「シャングリラからの伝言」を出版する時に最も気を遣ったのがそこでして、”て・に・を・は” や言い回しの重複よりも、他人を傷つけるような表現があってはならないというところに時間を費やして校正をしました。

そのために何度も読み直したのです。

活字にするというのは、それくらい責任を持ってやるべきだと考えます。

 

今までにも書いたと思いますが日本のマスコミは基本的に韓国・中国の裏勢力に牛耳られており、額面通りに受け取ってはいけません。

橋下氏のような政治家が出てくれば、とあるところから命令が下り、バッシングするような記事や書籍がワンサカ出てくるのです。

そのような記事を書くのは、自分の意思ではなく、その系の意向に沿って書くわけです。

世の中には金で動いているその手のライターがごまんといます。

どれもこれも懲りない面々です。

 

僕は一昨年の2月からシャスタの秀さんに勧められて、マナテック社のサプリを摂り続けていました。

次回の分が届かないなぁと思っていたら、支払いのためのカードの有効期限が更新されていなかったため(事務手続き上)次回分が送付できない旨の連絡が来ました。

僕はこれが合図なんだなぁと思って、妻と相談してそれをやめることにしました。

M先生には、そのサプリが素晴らしく良いと太鼓判をおしてもらっていました。

でも、そもそも不食を是とする僕が、足りない栄養素をサプリで摂るというのは矛盾があるのです。

鎖骨骨折の予後も良くなってきたことだし、そろそろやめる時期かな?と思った次第で、紹介してくれた秀さんには感謝しておるのです。

 

昨日の午前中は大阪歯科センターで見学でした。

前回の見学でも思いましたが、宮野氏は益々進化しておられます。

僕が見学に行き始めて2年くらい経ちますが、そろそろ見学もやめてもいいかな、と感じました。

氏が進化しているのにどうして見学をやめるのか?

それはね、常に進化し続けている人にべったりくっついて細かい所を盗もうとしても、その人を超えることは絶対に出来ないと思うからです。

MTコネクターや咬み合わせの調整に関する基本的なことはある程度習得しました。

例えば、この歯が強く当たっていると血圧が高くなるとか、逆に当たっていないと不整脈になるとか、そういったことを逐一覚えようとするのではなく、自分の臨床の中で考えてやっていくことが、今大事なのではないかと考えるわけです。

ようやく、その段階まで来たということです。

そして機会を見て時々見学にうかがう。

その時に自分と宮野氏との差を見て、埋めていこうと努力し、いずれは少し違う感じでそこを越していきたいと思います。

自分が超えなければ、師匠に対して申し訳ない。

実はこのように考えるのにも、ある種の合図がありました。

 

合図が来た時に、それを見逃さず、勇気を持ってそれに従ってみるというのも必要かもしれません。

どうなるかはわからないけれど、自分が責任を持ってその道を行くのです。

 

昨日の午後は歯科医師会の学術委員会だったのですが、その後、理事の先生と二人で食事をしている時に「ところで西塔先生、宇宙の真理ってどうやって勉強したの?」 と聞かれたのには驚きました。

「いや、もし勉強したのなら、本にもブログにもきちんと出典を書きますけど、そうじゃないので自分の中にあったものを思いだしただけです。それで皆さんの中にもそれがあるよ、ということが言いたいだけなんです」

てなことを、居酒屋であらたまって話すのは非常に変な感じでした。

 

先日、僕たち家族全員が寝ている子供部屋のカーテンレールを慧が誤って壊してしまいました。

こけそうになってカーテンをつかんだら、レールごと外れたみたいです。

もちろん嫁さんにこっぴどく叱られたわけですが、いざカーテンが無くなってみると、朝起きた時に青空が見えてすごく気持ちが良いのです。

4階だというのと、北向きだというのもあるのですが、非常に爽快です。

一度、今ある所から離れてみるというのも、景色が変わって面白いですね。

 

最後に書かなくても良い(てか、きっと書かない方が名誉のために良い)、どうでもいいこと。

オチが欲しいので書いておきます。

朝、トイレで大をした後に、手を洗ってフンドシを締め直そうとしたら、トイレの床のあちこちに水滴が落ちています。

おかしいなと思いながら、トイレットペーパーで拭いても、また別の所に水滴が見つかります。

あれ?と思ってよく見てみると。。。。

拭いて流したはずのトイレットペーパが、僕のお尻(の穴)にダラ~ンとくっついて垂れ下っているではありませんか。

そのペーパーの下部半分はベチャベチャに濡れています。

僕がこっち向けば僕の後ろにそこから水が(それも汚染された)したたるという寸法。

 

もう僕って、ジジイですか・・・?

(その後、EM水を吹きつけたのは言うまでもない)

ていうか、ランチタイムにこれを読まれた方、ごめんなさい。

(どんなブログじゃ!)

2012.10.19