本日は衆議院選挙。

先月の衆議院解散の前日、彼の政治評論家の三宅久之氏が逝去されました。

どうして、その日に魂は逝くことを決めたのでしょう。

あの辛口評論から考えれば、もっと日本の政治の経緯を見守っていても良さそうなのに。

 

それはね、三宅氏が日本のことを本当は心から信じていたからではないかと思うのです。

 

12月になって何のスピリチュアル的なインスピレーションも沸きません。

どうやらシャングリラにいる同胞たちは、もうメッセージを伝えるのを止めたようです。

いわゆるアセンションデイの前にそうなることが、すでに決まっていたのかもしれません。

約2年5カ月続いてきた当ブログですが、そういう意味ではそろそろ終わりを迎えるのでしょう。

 

本来ならホームページのタイトルも変えるべきなのでしょうが、色々と面倒くさいので、とりあえずこのまま「ならまちワンネス歯科」のHPとして運営していきます。

カッパのサンポはそのまま僕の日記として残りますが、今までのような感じにはならないかもしれません。

 

スピリチュアルの世界に首を突っ込んで7年近くが経ち、本が出版されて3年。

僕なりに突っ走ってきた感があります。

もう、いいよね。

まったく、それに関してはド素人の僕とすれば、よくやってっきたんじゃないかしら。

あとは仕事と家庭と、とにかく一生懸命に生きる。

今となれば、スピリチュアルに関する浮草のような言葉たちが、実体のない陽炎のようにも思えます。

 

「神との対話」3部作の最後に神が著者のニールからいったん離れようとした時、ニールはまだ行かないでくださいとお願いしました。

なんとなくシャングリラの人たちも、その時に神がニールに言ったことと同じことを言っている気がします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうか 神の声を 誰かを通して聞こうとするのをやめてください

あなたが耳をすませば

わたしたちの そして神の声が 聞こえてくるはずです

 

「シャングリラからの伝言」が世に出て3年が経ちます

いきなり核心を伝えようとしても難しいので・・・・

 

あなたが その人なのです

あなたの 最も崇高な部分に 気がついてください

あなたの いのちそのものが 奇跡なのです

なにより あなたは そのままで完ぺきな存在です

 

それらを伝えるのに 三年の月日が必要でした

 

いま わたしたちは こういう形で

皆さんの前に 現れるのを 止めることにしました

これ以上 干渉するのは

皆さんの 成長の妨げになると考えます

 

ずっと わたしたちの声を 聞いてくれて ありがとう

そのことに わたしたちは 感謝するとともに

最大の敬意を表します

 

でも 思いだして欲しいのです

あなたは ここに書かれたことを

どこかで 聞いたことがありませんか?

もとい

どこかで 話した記憶がありませんか?

 

そう わたしたちは 未来のあなたなのです

未来の あなた

過去の あなた

時空のない世界から あなたに 語りかけるわたしたち

じつは ハイヤーセルフとは そういうものなのです

 

アセンション・デイを直前にして

わたしたちは とりあえず サヨナラしなければなりません

冒頭の 話のように

わたしたちも あなたがたを 信じています

なぜなら

あなたがたが いたから

いまの わたしたちが いるのだから

 

だから ぜったいに だいじょうぶ

なによりも じぶんを しんじることです

では さいごは やはり このことばで

 

”すべては ワンネスのために”

 

~あなたの心に しあわせの種をまく 「シャングリラからの伝言」~

昨日、テレビを見ていたら、黒柳徹子さんがこういう話をしておられました。

ユニセフ親善大使として、とある途上国の病院に行った時のこと。

そこにはガリガリに痩せた貧しい少年が、苦しそうに寝ていました。

わたしが「がんばってね」と声をかけると

喉の奥から絞り出すような小さな声で、何かを話しました。

隣にいる看護師さんに

「なんて言ってるんですか?」 と聞くと

「あなたの幸せを祈っています」 と言っています・・・・。

 

僕は涙が溢れてきて、これこそが僕たちが目指すところなのかもしれない、と思いました。

 

僕は昨日、診療しながら気づいたことがあります。

僕が、捉われや執着を捨て去った時

僕が一番、こいつだけには負けたくないと心で否定していた相手

僕が一番、自分を正当化するのに引き合いにしていた相手

じつは、僕が本当に困った時に助けてくれるのは、その人なのだ ということ

僕をいつも助けてくれていたのは、今はいない、その人なのだ ということ

治療しながら、涙がにじみました

 

どうやら、シャングリラの彼らたちとは、しばしのお別れのようです。

ありがとう

どうぞ安心して見守ってください

2012.12.16  日本の未来を決める衆議院選挙の日に