あなたの心に幸せの種をまく・ならまちワンネス歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 咬み合わせ

タグ : 咬み合わせ

マウスピースのお話

マウスガード

ひと口にマウスピースと言っても様々な種類があります。

様々な種類があるマウスピース

通常よく歯科で用いられるのは歯ぎしり防止用のマウスピース、あるいは顎関節症の治療のためのマウスピースでしょう。

歯ぎしり防止といいますが、マウスピースをしたからといって歯ぎしりが止むわけではありません。

歯ぎしりの際の強烈な力が直接歯やセラミックなどの被せ物にかからないように、間のクッション材として使っているだけの話です。

 

また顎関節症の治療としてのマウスピースの効果については現在は疑問視する見方が優勢です。

ここで言う顎関節症というのは、開口障害、開口時の疼痛、雑音のことをさしています。

それらに対する現在の主流の治療法は、まず何もしなくても自然に治るというのがひとつ。

筋肉の緊張を和らげたり、精神的な緊張を和らげる薬を処方する方法、それらとともに顎の運動療法を行うものです。

僕も顎関節症に対する治療としてマウスピースを用いることは今はほとんどありません。

僕が歯学部卒業後、補綴学講座に入局し最初に配属されたのが顎関節症の研究室でした。

大学ではそういう患者さんが多かったので、比較的他の歯科医よりは顎関節症を扱う機会は多かったと思います。

マウスピースも山ほど作って調整してきました。

僕の今の率直な感想は、確かにマウスピースが奏功する場合も皆無ではないけれど、あまり有効でないことが多いというものです。

 

学会では咬み合わせ(の不調和)は顎関節症の原因ではないとされています。

僕はこれには疑問を呈します。

どう考えたって、また僕の臨床経験から言っても、深く関係しているとしか考えられない。

ただし、顎関節症の治療と称して歯を削るなどの不可逆的な治療は非常に慎重に行うべきであり、できるなら避けた方が無難。

咬み合わせが顎関節症の原因と十分なり得るが、治療として咬み合わせをさわるのはあまり勧めないということです。

運動療法で症状が緩和するのであれば、そっちの方が圧倒的にいいでしょう。

 

上で述べたのはあくまでも顎関節症に限ったものです。

不定愁訴(頭痛、肩こり、腰痛など)をマウスピースで治しましょうという治療法も存在します。

ここは魑魅魍魎の世界でして、胡散臭いのから理にかなっているものまで多種多様です。

ずっと車椅子だった人がマウスピースを入れた瞬間、自分の足で立って歩き出す。

奇跡のようなことが起こるのも事実だし、患者さんの喜びはさぞ大きいものと思います。

これについては最後にもう少し詳しく述べます。

 

スポーツ用のマウスガードというのはコンタクトスポーツにおいて、口の周りに衝撃や打撃を受けた時に、唇を切ったり歯を折ったりしないためのもので、上の前歯と上唇の間に入る軟質の樹脂の厚みが最低3mmは必要とされています。

スポーツ用のマウスピースというのは、咬み合わせのバランスが悪い選手において、きちんと左右の奥歯に均等に荷重がかかるように設計されたもので、主に運動能力の向上を目的としています。

世間にはそのようなマウスピースを作っている医院もありますが、これはネットワークビジネスと一緒で、皆がそれをつけ出したら結局何のことかわからなくなりますよね。

ならば、ごく一部のスポーツ選手にだけそういったものを提供するのは如何なものか?と思うわけです。

これは下手をすればドーピング扱いになりかねません。

そもそも、結果として運動能力が向上するのはあるかもしれないけれど、それをマウスピースで達成しましょうと謳うのは少しやり過ぎのような気がする。

 

例えば野球の打者にしても、ある種のマウスピースをつけたから飛距離が伸びた、などというような単純な話ではないのです。

打つ球のスピード、変化の仕方、どのコースに投げ込まれているのか、などで打者の筋肉や骨格の動きは変わっていきます。

そのどの動きにも対応して良い結果を出すようなマウスピースは存在しないと思います。

ある動きには非常に効果的に働くが、その他の動きに対してはかえって体を痛めてしまう可能性が高い。

だから運動能力の向上を謳ったマウスピースというのは恐いのです。

きちんともののわかった歯科医師の元でないとお勧めしませんし、むしろそのような危険性があるものは避けた方が無難でしょう。

何よりもスポーツ用のマウスピース、マウスガードの一番の目的は選手の体を守ることにあるということを忘れてはなりません。

 

マウスピース、マウスガードの両者ともどうしてもその厚みがありますから咬み合わせが高くなります。

通常、咬み合わせを数ミリ(5mm以上)高くした状態で、下顎に大きな衝撃が加わったり、瞬間的にものすごい力で咬んだりしますと、頸椎に大きなダメージを与える危険性があります。

だから注意して作らないと百害あって一利なし。

素人がお湯につけて口の中に入れて咬んだら出来上がり、みたいな既成のマウスガードは決してお勧めしません。

 

途中述べた体の様々な症状を改善するためマウスピースを用いている歯科医もたくさんいます。

これには様々なタイプがありますが、通常マウスピースを装着すると咬み合わせがかなり高くなります。

すると一時的に頸椎が引き延ばされ、歪みが減少したかのようになるので、圧迫されていた血管や神経の通りが良くなります。

その結果、頭頸部から肩にかけて、さらには腰や膝に至るまでの症状が改善することがります。

ところが頸椎が引き延ばされている状態というのは、本来生体の正常な姿ではありません。

その状態を長期間維持していると、かえって取り返しのつかない問題を起こしかねないのです。

二つの骨の歪んでいる関係を牽引することにより是正することは一時的には効果的です。

しかしそれら二つの骨は本来関節を介して、きちんと機能圧が加わり適度に圧縮されている必要があるのです。

それが全身の血行に重要な影響を及ぼします。

だからこのようなマウスピースは装着した最初は感動するくらい劇的に症状が改善したりするのですが、そのうちにまた悪くなってきたり、今度は別の症状を引き起こしたりして袋小路に入る可能性が非常に高い。

僕はそのようなマウスピースを否定するつもりはありませんが、その使用には非常に慎重であるべきだと考えています。

あまり厚みのないマウスピースを使い、咬み合わせのズレを是正し、症状を改善していくというやり方もあり、どちらかと言えばそちらの方が無難でしょう。

ただし、一生マウスピースを使い続けるわけにはいかないので、マウスピースで初期症状がとれたなら、マウスピースをはずしてもその良い状態を維持できるように、咬み合わせを安定させるような治療が次に必要になります。

その際になるべく最小限の治療介入で達成したいものです。

 

最後に自分自身への戒めとなっているケースをひとつご紹介します。

70歳代のその女性は杖をついてこられ、左の下半身が常に痺れているということでした。

僕は割り箸を使って、下顎をある特定の位置にもっていき、そこで上下の歯の間に咬み合わせを決める時に用いるシリコンを注入しました。

シリコンは1分ほどで固まり、それを咬んでいる限りその下顎の位置が保たれるわけです。

下顎がその位置にあると、患者さんはまったく痺れを感じなくなりました。

おまけに杖なしでもそこそこ歩けるようになったのです。

最終的にはその位置で上下の歯が固定されるようなマウスピースを作る予定で、その了解も得たのですが、残念なことにその患者さんが再来院されることはありませんでした。

僕はその痺れがとれた状態を維持できるように、マウスピースが出来るまでの間、そのシリコンを仮に使っておいてもらおうと患者さんにお渡ししたのです。

次の日にその方の娘さんから電話があり、予約をとっていたけれども母がこけて骨折したのでキャンセルしたいとの旨でした。

つまりこういうことです。

70年かけて徐々に体の筋肉や骨格が歪んできた。

それをシリコンを使って一気に治す方向にもっていってしまった。

その是正された体の状態を今の筋肉は維持できず、結局体の動きに体がついていけなくなってこけてしまった。

今まで動かなかった方向に筋肉は動こうとするし動けるんですが、その運動中の重心の変化を支えるだけの筋力までは回復していなかったということです。

正直言って、僕が骨折させたようなもので、汗顔の至りであります。

誠に申し訳ないことをしたと思うのです。

もちろんマウスピースをお渡しした時点ではそんなことには気が回りませんでした。

こういった治療は保険の適用を受けませんので、医院によればかなり高額な費用を請求されます。

僕は当時5万円を頂いていました。

 

僕が最後に強調したいのは、どのようなものであれうまくいった事ばかり吹聴するのではなく、うまくいかなかったケースを真摯に捉え、その原因を追及するべきだということです。

すると実はそのマウスピース治療のコンセプトには重大な欠陥があることに気づくはずなのです。

そこでそれを諦めることなく改善していけばよいのに、皆、それをしようとしません。

うまくいかない場合、自分の診断が間違っていたのではなく、患者さんが悪いのだとする歯科医の何と多いことでしょう。

 

今までどこに行っても原因不明と匙を投げられていた人が、咬み合わせ治療で劇的に改善することがあるという厳然たる事実もあるわけです。

そのことを頭から否定しても始まらないのに、大学や学会は検証しようともしません。

現状はそういうところです。

咬み合わせと健康

咬み合わせと全身の健康については諸説あります。

大学の教授の中でも例えば咬み合わせ治療により頭痛が治るとか腰痛が治るとかいうことに否定的な人も多くいます。

ですからここで私が自説を述べた所でone of themになってしまうわけですが、少なくとも一般的な歯科医よりは大学病院勤務の時代より咬み合わせというものに深くかかわってきていると思いますので、そういった人間が話してるんだと思って読んでください。

体が歪むには様々な原因があります。

ストレスとか花粉とか体に合わない物を摂取したとかで自律神経のバランスが崩れた結果、特定の筋肉や靭帯が緊張したり、骨がずれたりすることもあります。

骨格のバランス上最も大切というか大きな役割を果たしているのが骨盤(仙腸関節)であり、次に重要なのが頸椎です。

それと深い相関関係にありわずかなズレで体全体に影響を及ぼすのが顎関節なのですね。

なぜかというと、下顎の動きのバランスが悪いとその上に非常に重い脳を収めた頭蓋骨があるために、体全体が変に揺すぶられるような力を受けるからです。

また地面との接触点である足の骨や筋肉も腰から上の歪みを受けながら、体が倒れないように自らのバランスを変えるので、ここも無視できないところです。

咬み合わせと影響について

さて、咬み合わせが悪いと先ほど述べたように下顎の動きがおかしくなるので、それが原因となって全身の骨格や筋肉に影響を与えていきます。

ところが逆もまた真なりで、何らかの原因で体が歪んだためにその影響を受けて下顎の位置がずれ、その結果として咬み合わせが不調になることもあるわけです。

咬み合わせが不調になればそこからまた全身へとその影響が波及しますのでいわゆる負のスパイラルですね。

どこかで最終的に落ち着くまでは歪み続けるのかもしれません。

ですから患者さんが咬み合わせの不調を訴えて来院された場合、本当の最初の原因を特定するのはかなり困難であることがおわかりいただけますでしょうか。

確かに現状を見れば咬み合わせに問題があるように見えるけれど、そうなった本当の原因は別のところに存在する可能性もあるんですね。

結局、初発原因を特定することにこだわるのは意味がない、というよりやめた方がいいのではないかと考えています。

 

そこで実際の治療となると、上に述べた主な関節にアプローチすればどれかがヒットする確率が高いのです。

だから足の調節だけで咬み合わせが治ることだってありますし、頸椎を調整するだけで咬み合わせも骨盤のズレも治ることもあるのです。

もちろん顎関節(咬み合わせ)のズレを正すことで全身症状が奇跡のような回復をすることだってあります。

ただね、この世界に長くいる私の見たところ100発100中という歯科医はいません。

皆それぞれの持論で勝負しようとするからです。

何度も言いますが原因と結果の糸がもつれまくっているので、何を最初に治せば良いかというのは非常に診断しづらいのです。

ですから初めから不可逆性の治療(歯を削るとか、かぶせ物をいきなりはずすとかの一度手をつけると元に戻らない治療)をすることは滅多にないはずなのです。

 

スプリント(マウスピース)だけで治そうとする人がいます。

またその種類も様々です。

正しい姿勢を維持するように指導することで治そうとする人もいます。

0-ringテストを使って正しい下顎の位置を探そうとする人もいます。

放っておけば自然に治るという人もいるのです。

本当に100人歯科医がいれば100通りの治療法があるといっても過言ではないでしょう。

皆が自分が正しいと思ってやっているのですが、100人の患者さんすべてが治らないわけです。

その治らない症例に対する考察をすることなく自説が正しいと言ってる人がほとんどなんですよ。

このへんが咬み合わせと健康という話になった時に、一筋縄でいかない理由であります。

まとめ

以上まとめますと、咬み合わせは確かに全身の状態に影響を及ぼす。

そして体が歪んでいく過程の中で咬み合わせも狂うことが少なくないため、咬み合わせがその症状の原因でなくても、咬み合わせの治療をすることで症状が改善することが往々にしてある。(実はこれこそが咬み合わせがすべての病気の原因だとする歯科医たちの錯覚の原因であります)

そして、咬み合わせ治療によりそれらが全く治らないことも当然ある、ということです。

よって、できるだけ不可逆性の治療よりは、可逆性の治療から試してみるのが良いでしょう。

完璧な咬み合わせの人はいない

さて、ここから後半のお話です。

実はね、咬み合わせが完璧だなどという人はほとんどいないのです。

皆どこかしらズレていることが多いのですよ。

現に私も咬み合わせという点ではあまり良くありません。

歯並びは良いのですが、いかんせん成長の過程で上顎の曲線の大きさとと下顎のそれとがうまく合わなくなってしまったのです。

右側で咬めば左が当たらない、左で咬めば右が当たらないという状態です。

私は脊椎側弯もあるのですが、だからといってそれらが何か不定愁訴のように辛い症状になるかというとならないわけです。

ほとんどの人が厳密に言うなら咬み合わせのバランスが良くないのに、それで悩んでいる人は少ないのですね。

(ま、気づいてないだけかもしれないけれど)

ということは、咬み合わせの不調や不定愁訴を訴えられる患者さんというのは、他の人と何が違うのだろう?となるわけです。

咬み合わせのスピリチュアル的解釈というのは、コチラでも解説しているので読んで頂きたいのですが、もう少し具体的に見てみましょう。

 

前の歯医者に削られてから具合が悪くなったというケースは非常に多いです。

良識ある歯科医なら別に身内を守るということではなく、前医に対する批判はしません。

なぜなら我々が得る情報は患者さんからの一方的なものだからであり、そこで一緒になって批判したって一時的に患者さんが同意者を得た感じになるだけです。

普通は淡々としかし真摯に患者さんの訴えを聞くはずです。

ところが、これは咬み合わせに限ったことじゃないのですが、前医の批判をする患者さんほど治りにくいのです。それが何故かはこれから説明していきます。

 

来院される度にあそこが痛い、ここが調子悪いと言われるのですが、途中頻繁に「前の先生がいきなりバーッと削られてから・・・」、もう許せないモード全開なのですね。

よくよく見ていると結局その人が訴えているのは頭痛とか肩こりとかではなく、あの先生が許せないということではないかと思えてくるのです。

この話はよく注意して聞いて頂きたいのですが、患者さんが間違っているとかいうことではないですよ。

ただ事の本質は何か?ということなのです。

”苦しみの正体”でも書いていますように、結局自分の中に深く沈めている親に対する許せない想いというのが噴出しているにすぎないのです。

左右どちらの歯を削られたのか、どこの咬み合わせが調子悪いのかで母親父親のどちらに対するものか、あるいはその許せない想いに両親がそれぞれどう関わっているのかがわかります。

もう一つ言っておくと、その許せない歯科医を選んだのはまぎれもなくその患者さん本人であるということです。

つまり無意識のうちにその許せない想いを再体験するためにその歯科医を自ら選択したわけです。

許せない想いが悪いわけではありません、その体験をしたくて生まれてきたのですから。

ただ、その体験からいつまでたっても逃げてばかりなので、許せない出来事が次から次へとやってくるという話です。

事の本質を見極める

咬み合わせが全身に及ぼす重要な影響とその治療について書かれた歯科医院のホームページは山とあります。

そしてその医院での患者さんの体験談を載せているところも多いです。

それらは決して嘘ではありません。

実際に症状が緩和して喜んでいらっしゃる方がたくさんいるのも事実です。

ただ、事の本質を見極めないと咬み合わせ治療で健康にはなったけれど幸せではないという状態がまたしても続きかねないのです。

ここに書いたことを今現在咬み合わせで悩んでいる患者さんが見ればお怒りになるかもしれません。

でも、このホームページは”ならまちワンネス歯科”の集客のためにあるのではなく、皆さんの心に幸せの種をまくことを目的としています。

ですから歯科医としての私のイメージは冷たく映るかもしれませんが、真実を書かざるを得ないのです。

どうかご理解ください。

より良き明日のために。

▲健康に関することのTOPへ

虫歯、歯周病、咬み合わせ(スピリチュアル的解釈)

虫歯や歯周病は肉体的な観点から見れば確かに細菌感染が原因です。

ですから細菌をやっつければ治るし、予防もできるわけです。

でもね、細菌やウイルスというのは人間が誕生する前から地球上に存在したのです。

本当にそれらは退治しなければならない悪者なのでしょうか?

どうやら問題は人間の方にありそうですね。

虫歯、歯周病、咬み合わせの問題

私が虫歯の本当の原因に気づいたのはあることがきっかけでした。

診療をしていると時々双子のお子さんが来られるわけです。

すると双子のうち一人は虫歯も全くなくすごくきれいな歯をしているのに、もう一人は虫歯だらけというケースに何回か出会ったのです。

親は虫歯が多い子の方により注意を払うようになります。

甘いものは食べさせない、歯磨きも親が仕上げ磨きまでしてあげている。

でも相変わらずその子には虫歯ができ続けるので、親も「先生、どうしてでしょう?」と相談されるわけです。

何組かそういう子供たちをみているうちに、どうも虫歯が多い子の方は心理的な緊張感が強いのではないかと思うようになりました。

そしてある時突然にひらめいたのです。それはつまりこういうことです。

虫歯

実は双子には本人たちが気付いていない二つの相反する感情が存在します。

それは、「こいつさえいなければ、わたしが親の愛情を独り占めできるのに」というのと「わたしさえいなければ、この子が親の愛情を独り占めできるのに」というものです。

そして生まれてくる前のお互いの魂同士の約束事として、どちらかが優性すなわち自分が生き残る側になり、もう片方が劣性つまり自分を消し去ろうとする側になります。

あくまでもその種類の想いを抱いて人生を歩いていくように生まれてきたということです。

そこで幼い魂が自分を消し去る精一杯の表現方法として自分の歯を溶かす、すなわち虫歯を作るわけです。

少し専門的な話をしますと、そのために唾液の緩衝能(食事をした後に口の中が急激に酸性になるのを中性に戻す能力のこと)を低下させるようになります。

自分を溶かすのであれば胃潰瘍でもよさそうなのになぜ虫歯なのかと言いますと、虫歯が一番親に気づいてもらいやすいからです。

つまり劣性の方の子供も心の底では「わたし本当はこんなに寂しいんだよ」と訴えているのです。要するに虫歯はその人が心の底に抱えている寂しさを象徴します。

歯周病

歯周病はまず歯ぐきの炎症で始まり、そして徐々に歯を支えている顎の骨を溶かしていきます。これは胃潰瘍に似ていますね。

つまりストレスなのです。

本当はやりたくないことを無理に頑張ってやっているということです。

なぜ頑張るのか?

人が頑張る理由はたったひとつで、親に認めてもらって褒めてもらいたい、そして愛情を勝ち取りたいという想いです。

ただ歯周病の場合、それとともに怒りを自分の中に抑え込んでいることが多いようです

そしてその怒りは、小さい時に親に十分に愛してもらえなかったという寂しさとともにあります。

最近、歯周病と糖尿病や心臓病との関係が明らかにされていますが、これは至極当然の話で糖尿病も心臓病も本当の原因は頑張りすぎなのです。

顎関節症

顎関節症は顎が開きにくくなったり、関節の音が鳴ったりする病気ですが、関節というのは血液の濾過をする役割があります。

血液の何を濾過するかというと、感情のうち毒の部分であり、それは恨みであったり「なぜわたしがこんなに我慢しなければならないのか」といった想いです。

顎の関節の発育上最も大切なのは授乳期なのですが、この時期に母乳を十分与えられない状況であると、その寂しさや我慢した感覚が将来問題を起こします。

咬み合わせとからだの不調の関係も最近明らかにされつつあります。
咬み合わせというのは“火(か)”“水(み)”合わせであり、自分の中での陰陽のバランスがとれていないということです。

また表層意識での自分と深い部分での真我がバラバラである、つまりその人が宇宙と調和していないという意味なのですね。

ですから咬み合わせが不調だとからだに様々なトラブルを起こすのは当然の話です。

▲ココロとカラダのTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ