あなたの心に幸せの種をまく・ならまちワンネス歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯周病

タグ : 歯周病

咬み合わせと健康

咬み合わせと全身の健康については諸説あります。

大学の教授の中でも例えば咬み合わせ治療により頭痛が治るとか腰痛が治るとかいうことに否定的な人も多くいます。

ですからここで私が自説を述べた所でone of themになってしまうわけですが、少なくとも一般的な歯科医よりは大学病院勤務の時代より咬み合わせというものに深くかかわってきていると思いますので、そういった人間が話してるんだと思って読んでください。

体が歪むには様々な原因があります。

ストレスとか花粉とか体に合わない物を摂取したとかで自律神経のバランスが崩れた結果、特定の筋肉や靭帯が緊張したり、骨がずれたりすることもあります。

骨格のバランス上最も大切というか大きな役割を果たしているのが骨盤(仙腸関節)であり、次に重要なのが頸椎です。

それと深い相関関係にありわずかなズレで体全体に影響を及ぼすのが顎関節なのですね。

なぜかというと、下顎の動きのバランスが悪いとその上に非常に重い脳を収めた頭蓋骨があるために、体全体が変に揺すぶられるような力を受けるからです。

また地面との接触点である足の骨や筋肉も腰から上の歪みを受けながら、体が倒れないように自らのバランスを変えるので、ここも無視できないところです。

咬み合わせと影響について

さて、咬み合わせが悪いと先ほど述べたように下顎の動きがおかしくなるので、それが原因となって全身の骨格や筋肉に影響を与えていきます。

ところが逆もまた真なりで、何らかの原因で体が歪んだためにその影響を受けて下顎の位置がずれ、その結果として咬み合わせが不調になることもあるわけです。

咬み合わせが不調になればそこからまた全身へとその影響が波及しますのでいわゆる負のスパイラルですね。

どこかで最終的に落ち着くまでは歪み続けるのかもしれません。

ですから患者さんが咬み合わせの不調を訴えて来院された場合、本当の最初の原因を特定するのはかなり困難であることがおわかりいただけますでしょうか。

確かに現状を見れば咬み合わせに問題があるように見えるけれど、そうなった本当の原因は別のところに存在する可能性もあるんですね。

結局、初発原因を特定することにこだわるのは意味がない、というよりやめた方がいいのではないかと考えています。

 

そこで実際の治療となると、上に述べた主な関節にアプローチすればどれかがヒットする確率が高いのです。

だから足の調節だけで咬み合わせが治ることだってありますし、頸椎を調整するだけで咬み合わせも骨盤のズレも治ることもあるのです。

もちろん顎関節(咬み合わせ)のズレを正すことで全身症状が奇跡のような回復をすることだってあります。

ただね、この世界に長くいる私の見たところ100発100中という歯科医はいません。

皆それぞれの持論で勝負しようとするからです。

何度も言いますが原因と結果の糸がもつれまくっているので、何を最初に治せば良いかというのは非常に診断しづらいのです。

ですから初めから不可逆性の治療(歯を削るとか、かぶせ物をいきなりはずすとかの一度手をつけると元に戻らない治療)をすることは滅多にないはずなのです。

 

スプリント(マウスピース)だけで治そうとする人がいます。

またその種類も様々です。

正しい姿勢を維持するように指導することで治そうとする人もいます。

0-ringテストを使って正しい下顎の位置を探そうとする人もいます。

放っておけば自然に治るという人もいるのです。

本当に100人歯科医がいれば100通りの治療法があるといっても過言ではないでしょう。

皆が自分が正しいと思ってやっているのですが、100人の患者さんすべてが治らないわけです。

その治らない症例に対する考察をすることなく自説が正しいと言ってる人がほとんどなんですよ。

このへんが咬み合わせと健康という話になった時に、一筋縄でいかない理由であります。

まとめ

以上まとめますと、咬み合わせは確かに全身の状態に影響を及ぼす。

そして体が歪んでいく過程の中で咬み合わせも狂うことが少なくないため、咬み合わせがその症状の原因でなくても、咬み合わせの治療をすることで症状が改善することが往々にしてある。(実はこれこそが咬み合わせがすべての病気の原因だとする歯科医たちの錯覚の原因であります)

そして、咬み合わせ治療によりそれらが全く治らないことも当然ある、ということです。

よって、できるだけ不可逆性の治療よりは、可逆性の治療から試してみるのが良いでしょう。

完璧な咬み合わせの人はいない

さて、ここから後半のお話です。

実はね、咬み合わせが完璧だなどという人はほとんどいないのです。

皆どこかしらズレていることが多いのですよ。

現に私も咬み合わせという点ではあまり良くありません。

歯並びは良いのですが、いかんせん成長の過程で上顎の曲線の大きさとと下顎のそれとがうまく合わなくなってしまったのです。

右側で咬めば左が当たらない、左で咬めば右が当たらないという状態です。

私は脊椎側弯もあるのですが、だからといってそれらが何か不定愁訴のように辛い症状になるかというとならないわけです。

ほとんどの人が厳密に言うなら咬み合わせのバランスが良くないのに、それで悩んでいる人は少ないのですね。

(ま、気づいてないだけかもしれないけれど)

ということは、咬み合わせの不調や不定愁訴を訴えられる患者さんというのは、他の人と何が違うのだろう?となるわけです。

咬み合わせのスピリチュアル的解釈というのは、コチラでも解説しているので読んで頂きたいのですが、もう少し具体的に見てみましょう。

 

前の歯医者に削られてから具合が悪くなったというケースは非常に多いです。

良識ある歯科医なら別に身内を守るということではなく、前医に対する批判はしません。

なぜなら我々が得る情報は患者さんからの一方的なものだからであり、そこで一緒になって批判したって一時的に患者さんが同意者を得た感じになるだけです。

普通は淡々としかし真摯に患者さんの訴えを聞くはずです。

ところが、これは咬み合わせに限ったことじゃないのですが、前医の批判をする患者さんほど治りにくいのです。それが何故かはこれから説明していきます。

 

来院される度にあそこが痛い、ここが調子悪いと言われるのですが、途中頻繁に「前の先生がいきなりバーッと削られてから・・・」、もう許せないモード全開なのですね。

よくよく見ていると結局その人が訴えているのは頭痛とか肩こりとかではなく、あの先生が許せないということではないかと思えてくるのです。

この話はよく注意して聞いて頂きたいのですが、患者さんが間違っているとかいうことではないですよ。

ただ事の本質は何か?ということなのです。

”苦しみの正体”でも書いていますように、結局自分の中に深く沈めている親に対する許せない想いというのが噴出しているにすぎないのです。

左右どちらの歯を削られたのか、どこの咬み合わせが調子悪いのかで母親父親のどちらに対するものか、あるいはその許せない想いに両親がそれぞれどう関わっているのかがわかります。

もう一つ言っておくと、その許せない歯科医を選んだのはまぎれもなくその患者さん本人であるということです。

つまり無意識のうちにその許せない想いを再体験するためにその歯科医を自ら選択したわけです。

許せない想いが悪いわけではありません、その体験をしたくて生まれてきたのですから。

ただ、その体験からいつまでたっても逃げてばかりなので、許せない出来事が次から次へとやってくるという話です。

事の本質を見極める

咬み合わせが全身に及ぼす重要な影響とその治療について書かれた歯科医院のホームページは山とあります。

そしてその医院での患者さんの体験談を載せているところも多いです。

それらは決して嘘ではありません。

実際に症状が緩和して喜んでいらっしゃる方がたくさんいるのも事実です。

ただ、事の本質を見極めないと咬み合わせ治療で健康にはなったけれど幸せではないという状態がまたしても続きかねないのです。

ここに書いたことを今現在咬み合わせで悩んでいる患者さんが見ればお怒りになるかもしれません。

でも、このホームページは”ならまちワンネス歯科”の集客のためにあるのではなく、皆さんの心に幸せの種をまくことを目的としています。

ですから歯科医としての私のイメージは冷たく映るかもしれませんが、真実を書かざるを得ないのです。

どうかご理解ください。

より良き明日のために。

▲健康に関することのTOPへ

治療内容

ならまちワンネス歯科 待合室

一般的に言われている虫歯や歯周病についての原因、予防法、治療法など、またインプラントやホワイトニング等の説明は他の医院のホームページで十分説明されているので、ここで書く必要はないでしょう。

ただ少し当院の考え方を補足しておきます。

歯を失った場合

歯を失った時、インプラントは非常に有効な治療手段です。

もし私が歯を一本失くしたら迷わずインプラントを選択します。

私は決して入れ歯を作るのが不得意ではありませんが、どれだけ上手く入れ歯を作っても自分の健康な歯で噛むのとは大きく違います。

その点インプラントであれば自分の歯と全く遜色なく何でも噛めます。

例えば右下の奥歯を失くしたとしましょう。

そこに入れ歯をいれても他の歯が健康であれば、その人は絶対に入れ歯と反対側つまり左でばかり噛むようになります。

すると今度は左が壊れてきます。

ですから、インプラントというのはそこで固いものが噛めるというだけでなく、他の部分の歯を守る役割も果たします。

ただし、全体的に歯が弱っているのに抜けている所だけインプラントをしても意味がありません。

すべてはバランスであり、今だけ良ければいいのではなく長期的な展望が必要です。

インプラントを治療方法として考慮するときには当然お口の中全体で計画を立てます。

MTコネクターと呼ばれる入れ歯の導入

MTコネクターと呼ばれる入れ歯を導入しました。

今まで部分入れ歯というのはあまりしっかり噛めないものとされてきました。

またバネがかかっている歯に負担を強いるため、長期的にはその歯を痛めてしまう結果を招きがちでした。

MTコネクターにはバネがありません。

特殊な設計をするのでバネがなくてもはずれないのです。

バネがないわけですから審美的にも優れていますし、残っている歯を痛めるどころか逆に守って長持ちさせるような働きをします。

そして装着後はかなりカッチリしているので、たいていの物は噛めてしまいます。

自費治療になりますがそれだけの価値が十分にあります。

通常入れ歯は自分の歯に比べて10%位しか噛む力が出ないと言われており、インプラントなら自分の歯と同じように噛めるので素晴らしいのですが、MTコネクターはインプラント程ではないにしても、従来の入れ歯と比べると格段によく噛めます。

どうしてもインプラントが難しい場合や適応でない場合に部分入れ歯で対応したいと思うことがあるのですが、そのような時にこのMTコネクターは大いに活躍してくれるでしょう。

詳しくは発案者の宮野たかよし氏の大阪歯科センターのHPをご覧ください。

最近習得し、現在習練中の技術なのですが、治療を受けられた皆さんには非常に好評です。

インプラントや入れ歯が専門分野の私が言うのだから間違いありません。

ただし、これはどこの歯科医院でも扱っているものではないので、上記ホームページでお近くのところを探される必要があります。

ユニット

歯周病の治療について

歯周病に関しては治療法として大きく分けて二つの考え方があります。

ひとつは東洋的な考え方で、極力歯を抜かずに助けてあげる努力をする方法、そしてもうひとつは西洋的な考え方で早くしっかり物を噛めるようにしてあげて、その予後が長期的に確信できるものである方法です。

当院ではそのどちらにも対応しますが、歯をできるだけ抜かずに残すには患者さんの家でのブラッシングなどの努力が相当必要です。

仕事などで忙しくて自分で口の手入れをする時間があまりとれない方には向かないかもしれません。

西洋的治療法というのもピンからキリまであるのですが、アメリカのような訴訟社会ではへたに弱っている歯を助けようとしてすぐダメになったら多額の賠償金を払うことになり困るので、危なそうな歯はできるだけ早く抜いてインプラントにしようとする傾向があります。

日本においてもアメリカ的な考えで治療をされている医院では、「え?その歯を抜くの?十分助かるのに」と思わず言いたくなるようなケースが少なくありません。

良い悪いではないのですが、少なくとも私にはやり過ぎに思えます。

日本において一般的だと思われるのは、まず基本的なブラッシング指導と歯石をとることによりある程度歯ぐきの炎症を抑えておいてから、必要であれば外科処置をするというものでしょう。

外科的な治療も以前であれば悪いところを切除するという方法が多かったのですが、現在では可能であれば歯周病により溶けて失われた骨を再生させる治療も増えてきました。

また最近のトレンドとして歯周内科治療というものがあります。

歯周病は細菌感染ですから薬によってやっつけようというのです。

薬を飲むだけで炎症がひくのですから患者さんにとってはものすごく楽だといえますが、大きな問題があって、何度も薬を飲んでいると耐性菌ができてしまって最終的に薬が全く効かなくなってしまう危険性があるのです。

その耐性菌が人から人へ伝搬していけばこれは大変なことになります。

かつて撲滅したはずの結核菌が抗生物質の濫用により今また非常に強力になって再登場しているのが良い例です。

なぜこのことが多くの歯科医に認知されないのか不思議でなりませんが、現在の所は確かに抗菌剤により歯ぐきの炎症が劇的に改善することがあるためだろうと思います。

しかし今の自分の臨床成績のために将来に耐性を持った歯周病菌を作りだしては断じてならない、と私は考えます。

そして現在最もホットな治療法として注目を浴びているのが、高濃度次亜塩素酸による溶菌です。

最近マスコミでもパーフェクトペリオというのが取り上げられたりしていますのでご存知の方も多いと思います。

これの優れている点は虫歯菌や歯周病菌をまるごと溶かしてしまうところにあります。

つまり耐性菌を作る心配がないのです。

私の考えではおそらく歯周病の治療法としてこの高濃度次亜塩素酸を使ったものが広く普及していくでしょう。

当院でもステリHCLOという高濃度次亜塩素酸生成器を導入し約1年になりますが、非常に良好な結果を得ています。

正直なところ24年にわたる歯科医人生の中で、これほど治療結果に感動したことはありません。

歯石を取る時に普通の水の代わりにこの機能水を使うだけ、また炎症のあるところをこの機能水で消毒するだけなのに本当に劇的に改善します。

時として、今までに経験したことがないような、それこそちょっとあり得ないような治り方をします。

およそ30秒ほどで局所のすべての細菌を溶かしてしまいます。

もちろん病原性のない菌も溶けちゃうわけですが、その後しばらくすると病原菌を含まない健康な細菌叢が形成されるので心配いりません。

40万ほどの器材代は十分にコストパフォーマンスが高いと言えるので、積極的に他の歯科医仲間にも推薦しています。

当院では最新の医療機器を導入し他院との差別化を図るなんてバカバカしいことはしません。

みんなで良い結果を出していけばいいと思います。

 

よく考えてみると歯周病菌や虫歯菌など菌そのものは太古の昔から存在していたわけです。

それらは単に菌の一種として存在していたわけであって、病原菌としてあったわけではありません。

それらの菌で病気を起こすようになったのはすべて人間の側に原因があるのです。

ですから私は殺菌という言葉を好みません。

患者さんにはわかりやすいように殺菌と言いますが、心の中では溶菌と言っています。

つまり当院における歯周病治療においては、患者さんが歯周病になっている心理的、感情的問題がすぐわかるので、「そこに気づかせてくれてありがとう。もうあなた達菌の役目は終わったから、どうぞ溶けてすべて一なるものに戻っていってください」というわけです。

誰も悪者にしない、というのがミソです。

その点からもこの機能水はまさに”ワンネス歯科”にピッタリなのですよ。

ちなみにこの機能水による治療に対して別途料金を頂くことはありません。

 

現在、すべての治療において私が最も重視するのは、患者さんにとってできるだけやさしい治療法を選択するということです。

場合によっては高額の治療費がかかる時もありますが、それに対する価値観は人によりますので、患者さん任せですね。

治療する側とすればできるだけ歯を削りたくない、歯ぐきを切りたくない、最小限の治療で最大限の効果を得ることが理想であると考えます。

▲医院紹介のTOPへ

虫歯、歯周病、咬み合わせ(スピリチュアル的解釈)

虫歯や歯周病は肉体的な観点から見れば確かに細菌感染が原因です。

ですから細菌をやっつければ治るし、予防もできるわけです。

でもね、細菌やウイルスというのは人間が誕生する前から地球上に存在したのです。

本当にそれらは退治しなければならない悪者なのでしょうか?

どうやら問題は人間の方にありそうですね。

虫歯、歯周病、咬み合わせの問題

私が虫歯の本当の原因に気づいたのはあることがきっかけでした。

診療をしていると時々双子のお子さんが来られるわけです。

すると双子のうち一人は虫歯も全くなくすごくきれいな歯をしているのに、もう一人は虫歯だらけというケースに何回か出会ったのです。

親は虫歯が多い子の方により注意を払うようになります。

甘いものは食べさせない、歯磨きも親が仕上げ磨きまでしてあげている。

でも相変わらずその子には虫歯ができ続けるので、親も「先生、どうしてでしょう?」と相談されるわけです。

何組かそういう子供たちをみているうちに、どうも虫歯が多い子の方は心理的な緊張感が強いのではないかと思うようになりました。

そしてある時突然にひらめいたのです。それはつまりこういうことです。

虫歯

実は双子には本人たちが気付いていない二つの相反する感情が存在します。

それは、「こいつさえいなければ、わたしが親の愛情を独り占めできるのに」というのと「わたしさえいなければ、この子が親の愛情を独り占めできるのに」というものです。

そして生まれてくる前のお互いの魂同士の約束事として、どちらかが優性すなわち自分が生き残る側になり、もう片方が劣性つまり自分を消し去ろうとする側になります。

あくまでもその種類の想いを抱いて人生を歩いていくように生まれてきたということです。

そこで幼い魂が自分を消し去る精一杯の表現方法として自分の歯を溶かす、すなわち虫歯を作るわけです。

少し専門的な話をしますと、そのために唾液の緩衝能(食事をした後に口の中が急激に酸性になるのを中性に戻す能力のこと)を低下させるようになります。

自分を溶かすのであれば胃潰瘍でもよさそうなのになぜ虫歯なのかと言いますと、虫歯が一番親に気づいてもらいやすいからです。

つまり劣性の方の子供も心の底では「わたし本当はこんなに寂しいんだよ」と訴えているのです。要するに虫歯はその人が心の底に抱えている寂しさを象徴します。

歯周病

歯周病はまず歯ぐきの炎症で始まり、そして徐々に歯を支えている顎の骨を溶かしていきます。これは胃潰瘍に似ていますね。

つまりストレスなのです。

本当はやりたくないことを無理に頑張ってやっているということです。

なぜ頑張るのか?

人が頑張る理由はたったひとつで、親に認めてもらって褒めてもらいたい、そして愛情を勝ち取りたいという想いです。

ただ歯周病の場合、それとともに怒りを自分の中に抑え込んでいることが多いようです

そしてその怒りは、小さい時に親に十分に愛してもらえなかったという寂しさとともにあります。

最近、歯周病と糖尿病や心臓病との関係が明らかにされていますが、これは至極当然の話で糖尿病も心臓病も本当の原因は頑張りすぎなのです。

顎関節症

顎関節症は顎が開きにくくなったり、関節の音が鳴ったりする病気ですが、関節というのは血液の濾過をする役割があります。

血液の何を濾過するかというと、感情のうち毒の部分であり、それは恨みであったり「なぜわたしがこんなに我慢しなければならないのか」といった想いです。

顎の関節の発育上最も大切なのは授乳期なのですが、この時期に母乳を十分与えられない状況であると、その寂しさや我慢した感覚が将来問題を起こします。

咬み合わせとからだの不調の関係も最近明らかにされつつあります。
咬み合わせというのは“火(か)”“水(み)”合わせであり、自分の中での陰陽のバランスがとれていないということです。

また表層意識での自分と深い部分での真我がバラバラである、つまりその人が宇宙と調和していないという意味なのですね。

ですから咬み合わせが不調だとからだに様々なトラブルを起こすのは当然の話です。

▲ココロとカラダのTOPへ

認識しておくべき重要なこと

まず、なぜ健康が大事なのかを理解している必要があります。

ここまで読み進めたあなたは、人が宇宙の中で生きる意味はもうお分かりですね。

であるならば、その人生を真っ当に創造し体験するために健康な身体が重要なのは言うまでもありません。

自分の人生を生きるための大切な道具として、今の身体を使わせてもらっているのだ、という感覚が大事です。

その身体のケアに心を砕くのは当然です。

朝起きた時、夜寝る前に、せめて30分は身体を労わりましょう。

これから一日活動するための準備として、あるいは今日一日お疲れ様、明日もよろしくお願いします、という気持ちを込めて。

息・食・動・想・環

息・食・動・想・環のそれぞれに気を配らねばなりません。

もし、そんな時間がないとか言うのであれば、最初に戻って考えてみてください。

生きる意味を履き違えています。

 

病気になってから医者に行くという姿勢を改めましょう。

虫歯や歯周病になってから歯医者に行くという姿勢を改めましょう。

予防と健康増進のために定期的にチェックしてもらい、適切なアドバイスをもらう、そのために医者・歯医者を利用するべきです。

こればかりはやはり、知識と経験が豊富なプロでないと無理なのです。

そのような医療を提供しているところをインターネットで探しましょう。

 

次に重要なことは、今の社会がどのように動いているかを明確に認識することです。

病気は先ほど述べた息・食・動・想・環のバランスが崩れた時に起こります。

これらの中で呼吸と動作と想いは自分自身の問題です。

食や環境もそうといえなくもありませんが、これらは外的要因が大きい。

環境に関しては日本は放射能の問題もあり、かなり悲観的状況ですが、ここではこの問題は少しおいておきます。

問題は食でして、日本において農薬・添加物・残留抗生物質・ホルモン剤の人体に与える影響は多大なるものがあります。

もし厚労省が本気で病気を減らしたい、医療費を削減したいと考えているのであれば、当然それらの規制を強化するはずですが、食品管理において日本ほど適当な国はざらにはありません。

なぜ優秀なはずの官僚がそういったことが出来ないのでしょうか?

出来ないのではなくて、わざとやらないのです。

もちろん個人個人で見れば高い目的意識を持っているまともな官僚もいるでしょうが、組織の論理でそういった人は通常辞めていきます。

厚労省の省としての目的は、国民の健康を守ることなどではないのです。

ここをしっかり認識してください。

彼らは国民を病気にして薬漬けにし、その結果適当に死んでもらって、儲けた製薬会社から多額の税金を国庫収入として頂くことを目的としており、これは絶対にブレません。

この国は相も変わらず金で動いているのです。

実際はその金は海外に行くんですけどね。

例えば子宮頚部顔ワクチンなども、すぐに副作用が出たらそれとわかってしまうので、何年か経過してから原因が何か特定できないように身体を害するように出来ているのですが、実際には急性の副作用が出てしまって彼ら的には失敗したわけです。

そうなると次は風疹ウイルスが取り沙汰されたでしょ。

それも妊娠する前に、子作りする前に接種しましょうだって。

おかしいと思わなくっちゃ。

こういった話を信じられないならそれでも構いませんが、こんなことは陰謀論とか闇の勢力とかじゃなくても、現状を観察すれば普通にわかるはずです。

それも気づかないのであれば、真水から鍋で煮られている蛙と同じですね。

 

ワクチンと同様、一般的に処方されている薬も長期間の服用あるいは長期間の多剤服用により難病を招きます。

決して西洋的な薬を否定するわけではないですが、あくまでも短期的投与に限ると考えてください。

戦後、我々は本当に上手く洗脳されてきたのであり、今もその洗脳の手は緩みませんが、その実態は明らかになってきました。

どうぞ、洗脳から自らを解き放ち、賢明なる人生を歩まれますように。

▲健康に関することのTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ