あなたの心に幸せの種をまく・ならまちワンネス歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • お母さん

タグ : お母さん

おなかの赤ちゃんとお話しましょう

「人生のからくり」 のところで述べたように、あなたは今お腹に宿っているお子さんに母親として選ばれました。

あなたの元でしかできない経験があるからです。

でもどうしても妊娠する年齢というのは夫婦ともに自分探しで悪戦苦闘している最中ですから、さまざまな場面で衝突が起きます。

それはそれでその子にとって完璧なのですが、でも生まれてくる子供のため、というよりは今お腹にいる赤ちゃんのために二人で努力して穏やかな気持ちでいるという選択もできるわけです。

お腹の赤ちゃんに話しかけてあげて下さい

この時期に最も大切なのは夫婦が円満であるということ、そして赤ちゃんが生まれてくるのを、たとえどんな子であっても、すごく楽しみにしているということなのです。

この時、胎児は自分が本当にお父さんお母さんに望まれて生まれてくるんだということを実感します。

このことがその子の一生を決めると言ってもいいくらい重要なことなのですよ。

赤ちゃんはお腹の中にいながら、お父さんお母さんのことをちゃんと見ていますし、会話もすべて聞いています。

ですから、どうぞお腹の赤ちゃんに話しかけてあげて下さい。

いかに産むか

胎児にトラウマを与えないための、もうひとつ大切なことにいかに産むかということがあります。

様々な出産法がありますが今の時代、産婆さんを探すのも難しいでしょうし、〇〇法を実践しているところが近所にあるとも限りません。

病院が悪いわけではないのですが、そこでの出産法にはいろいろと問題があります。

まず、勤務体制の問題から陣痛促進剤などの薬を投与されたりすることが少なくありません。

これ、生まれてくる赤ちゃんにとっては絶対に良くないのですよ。

薬の影響というのは短期的に出るとは限らなくって、思春期に問題行動を起こす原因が実は出産のときの薬だったということがあり得るのです。

帝王切開も母子ともにトラウマになりますが、安全上やむを得ないかもしれません。

その他鉗子分娩とかも赤ちゃんにはつらいですね。

生まれてすぐにへその緒を切られて体重を計る必要がはたしてあるのでしょうか?

ああいうことをすると赤ちゃんには相当きついショックを与えます。

へその緒はつながったままで、まずはお母さんに抱かれるというのがすごく大事なのですよ。

 

お母さんの姿勢もすごく大切です。

姿勢が悪いと子宮自体が変形しますから、その中で赤ちゃんは苦しい姿勢を余儀なくされます。

自然に丸まった姿勢ではなく、その中で最も楽にいられる姿勢を探します。

人の姿勢、骨格の基礎はすでにこの時期から決まることを理解してください。

どのような姿勢をとればよいのか、あるいは悪いのか、はこういうことをわかっている人に診てもらうのが一番でしょう。

当院ではそういった指導もしております。

妊娠中のお母さんの食事 

妊娠中にお母さんがどのようなものを摂るかというのも、ものすごく胎児に影響します。

お母さんが口にするものは血液にのってすべて赤ちゃんにいくのです。

タバコを吸えば胎児の体の血管が収縮します。

お酒を飲めば一緒に酔っ払います。

夫婦がお酒を飲んだ状態で妊娠してできた子供は、ある種独特な状態でそれとわかることがあります。

妊娠中は様々なストレスから甘いものを摂りすぎたりするものですが、こうするとお母さんの体が冷えるし第一奇形を作りやすくなるのです。

塩って魚でも何でもひきしめますよね。

ところが砂糖はその逆で緩める、つまり細胞同士がうまくくっつかないのです。

これも世間ではあまり認知されていません。

心穏やかに過ごす

お母さんのこころの在りようも大切です。

母親がその時抱いている感情がへその緒を通ってホルモンという形で赤ちゃんに流れ込みます。

そして母親の感情は多くの場合、夫婦関係(嫁姑もあり)に影響されます。

夫や家族の理解と協力が必要ですが、とにかく心穏やかに過ごして頂きたいです。

 

子供はみんなの宝です。

だから女性は責任重大だともいえます。

それと引き換えに、男には絶対に得られない、生命を産み出す尊い感覚、子供と愛情で繋がっている感覚をもらうことができるのです。

女性が妊娠なさったらぜひ読んで頂きたい本があります。

書籍案内で紹介していますので、そちらをご覧ください。

▲妊婦さん・お母さんへのメッセージのTOPへ

PAGETOP