あなたの心に幸せの種をまく・ならまちワンネス歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • トラウマ

タグ : トラウマ

人生のからくり(人生の起承転結)

すべての人間はおよそ3才くらいまでに何らかのトラウマを受けます。例外はありません。

それは妊娠中に胎児の状態で受けることもありますし、出産時に受けることもあります。

これらはインナーチャイルドとかバーストラウマと呼ばれたりします。

  • 例えば、ある人がお母さんのお腹にいる時に、隣家が火事になったとしましょう。こういう場合は、生まれてから火や音に敏感になったり、その時の状況により閉所恐怖症になったりすることがあります。
  • また、よくあるのは後継ぎを望まれているような家庭にあって両親が男の子を期待していた時に、女の子で生まれてきた子はその後自分自身の女性性を否定しようとします。
  • 出産の時に陣痛促進剤を飲んだり、帝王切開を受けたりすると赤ちゃんは本当はもう少しお腹にいたいのに無理に出されるわけですから、母性回帰というか乳離れをしにくくなります。

生まれてから3才までは、子供は完全にワンネスの世界にいるのです。

みんながひとつだという感覚にどっぷり浸かっています。

だってそれまで魂は天国にいたわけですから。

ところが何でも口に入れようとする赤ちゃんに危ないからと「そんなことしちゃダメよ」と言いますよね。

ティッシュペーパーを何枚も引っ張ったりしてもすぐにダメ出しされるわけです。

親から言わすと“いい子にしていなさい”というわけです。

これが子供をワンネスの世界から引きずり出してしまいます。

そして子供は親のことが大好きですから、親の言うことを聞くことによって、親が望むような子になることによって親の愛を得ようとします。

つまり、自分が今のままでは親に愛してもらえないと感じてしまうわけです。

これこそがその後の人生を決定づけるのです。

トラウマというと何か悪いもののように思われるのですが、正しくは条件づけといった方がいいでしょう。

ある出来事に対して思わず独特の反応をしてしまう、その人の性格の一部を決めるものなのです。

 

先ほどはトラウマの典型的な例を示しましたが、何もそう大層なことばかりではありません。

クリスマスケーキを分ける時にお母さんはわたしより妹に大きな方をあげた、みたいなことの方が実は多いのです。

要するにトラウマとはたった一つではなく大小さまざまあって、それを自分の記憶というか細胞の中に刻み込み、かつその後の人生においてそれらをどんどん膨らませてしまいます。

そして、そんなトラウマが自分にあるということを気づかないことにより、無意識のうちに自分らしさというのが形成されるということなのです。

これが人生における起承転結の起の部分です。

 

これらトラウマ達に知らないうちに縛られながらその後20代、30代まで生きていきます。

この間、人がするのは基本的にトラウマから逃げるか、闘うか、あるいはトラウマのなすがままになる、そのどれかでしかありません。

極論するならそれ以外のことはやっていないのです。

そのことにより自分自身を守ろうとしつつ、自分が何者か一生懸命探しているのですね。

つまり、人は30代位までは人生を本当に生きているとは言えない、単に目の前の出来事に反応しているだけだと言えるでしょう。

これを人生のサバイバルゲームと呼び、承の部分に当たります。

 

さて、ここで文字通り人生の転機が訪れます。

それは結婚とそれに続く子育てです。

結婚すると常に自分の前に全く違う人間が存在することになるわけです。

その人がいかに趣味が同じで考え方が似ていようが、違うものは違うのです。

それにより人は自分が何者かを必然的に見つめざるをえなくなります(実際に結婚をそのようにとらえている人はごく少数だとは思いますが)。

そして子供が生まれます。

子供というのは親に愛されるために生まれてきます。

愛されることにより愛とは何かを親に教えようとするのですね。

子供がたずさえてくるメッセージはたった一つで、それはお父さん、お母さん、人というのはもっと自由に生きていいんだよということなのです。

人はそれまでずっとトラウマに縛られて生きてきました。

生きてきたというよりは単に無意識の防御反応をしてきただけでした。

その根底をなすのは今の自分のままでは人に愛されないという感覚です。

そこで子供は親に対してそのことに気づかせてくれるのです。

子供は全く自由でしょ。

親がいろんなことを禁止しなければ、やりたいことを何だってやるわけです。

それは自分が生まれてきたこの世界に対する深い信頼と安心感によります。

もし子供がまだ小さい時に「どうしてお父さんとお母さんの子供に生まれてきたの?」と聞いたなら、すべての子供はこう答えるでしょう。

  「だってお父さんとお母さんに会いたかったから」

子供は本質的に親のことが大好きです。

たとえ世間で思われる良い親でなくても大好きなのです。

そのことにより、子供は親に対して「あなたはあなたのままでいいのだ」「何も自分を変えなくっても、わたしはあなたを愛しています」ということを伝えてくれるのです。

これにより心の解放が起き、親はそのままの自分自身を受け入れられるようになります。

同様に他人のこともありのまま受容できるようになります。

トラウマ自体は細胞に刻み込まれていますのでなくなりませんが、それがトラウマではなくその人の性格の質を決めるという本来の役割を果たすようになるでしょう。

この時、人はもうトラウマから逃げたり闘ったりしなくなります。

そして出来事に反応するのではなく、本当の意味で人生を生きる、自由に謳歌するようになります。

残念ながら実際にそうしている人はごくわずかですが。

これが転の部分に当たります。いや~、子供って有り難いですねぇ。

ちなみに、お子さんがいらっしゃらない方、結婚していない方には別の形で気づく機会が現れますからご心配なく。

 

結の部分はその後自分の人生を生きながら人が目覚める手伝いをして、やることをやりきったと思ったら人生の幕を引くように向う過程です。

人が目覚める手伝いというのは別に目立ったことをしなくても、その人が自由に人生を楽しむことそのものが他の人の役に立つのです。

▲素晴らしき哉人生のTOPへ

あなたが呼び寄せるもの~トラウマの物理的構造~

人は胎児から幼児期にかけてその後一生消えない自分の性格に大きく影響する条件付けを受けます。

これをインナーチャイルドとかトラウマとか呼びますが、これだとマイナスのイメージが強くそれらの果たす役割について誤解を生じやすいのです。

でもここでは慣例通りにトラウマとしておきましょう。

本にも書いたのですが、このトラウマがあるからあなたはある出来事に対して人とは違う独特の反応をし、それに基づいた言動の結果、他人との間に感情というものが生まれるのです。

よってこのトラウマというのは神様があなたに与えた素晴らしい贈り物であると私は考えます。

 

赤ちゃんが両親からトラウマをもらった時に(もちろん両親にその自覚は毛頭ありません)、すべての細胞にそのトラウマが独自の振動数として刻み込まれます。

例えば心臓であれば心臓独特の振動数というのがあるのですが、それは心臓という臓器を全体としてみたときの話で、心臓の各細胞には数えきれない程の振動がインプットされており、これが宇宙における生命の記憶というものです。

さて、トラウマが刻み込まれた瞬間からすべての細胞はその振動も周りに対して発信しだします。

ラジオでもテレビでもそうなのですが、なぜチャンネルを合わせるとそれに応じた番組を受信できるかというと、原則的にあるチャンネルに合わせるとラジオやテレビ本体がそれに応じた独自の振動を発信し、その結果対応する振動数の音や映像を拾ってくるという仕組みです(ものすごく大ざっぱですが、勘弁してね)。

つまり、その後成長の過程でその子に起こる出来事はすべて本人の発している振動によるということであり、その中にはトラウマも含まれます。

ちなみに、この宇宙が出来る時に最初に何が起こったかというと振動です。

この世界は音とともに生まれました。最初に流れた音はあ・いです。

 

あなたに起こる出来事、それがあなたにとって好ましいものであろうと、そうでなかろうと、すべての原因はあなたにあります。

あなたの中の細胞が発する振動がすべての原因です。

もちろんそこにはあなたの感情や思いも関係します。

そしてあなたに起こる出来事は大きく三つに分類されます。

一つは、自分と同じ振動数のものを呼び寄せるということ。

類は友を呼ぶというやつですね。

これは例えば葉っぱの上にある二つの露が互いに近づいてきて一つになるところを想像してください。

これはすべての生命にとって非常に心地が良いです。

もう一つは、陰陽です。本質的に同じなんだけれど、見た目は逆でありながら、くっつけてみるとピッタリはまる、というやつです。

水と油ではなく男と女と言った方がわかりやすいでしょう。

例えて言うと、あなたが出会って心惹かれる異性がそうです。

三つ目は少々やっかいです。あなたを試すようなことがやってきます。

あなたと正反対のまったく異質なものがやってきます。

その時あなたは何故自分がこんな目に遭わなければならないのか?と思うかもしれません。

あなたが嫌だと思う人、出来事、そこであなたはいかようにでも行動できるのですが、そこであなたはこの世界に対して自分が何者と宣言するのか?が問われるのです。

別に「自分が正しい、相手が間違っている」と宣言してもいいし、 「わたしは愛である」と宣言してもいいのです。

人は自分と異質のものがなければ自分自身が何者であるか認識できません。

だから人生において時折、自分が何者であるかを宣言せざるを得ない場面がやってくるのです。

あなたが霊的に覚醒していく過程にいるのであれば、その宣言の機会はより頻繁によりシビアにやってくるかもしれません。

 

自分と同じタイプの人と接する時、人は自分が正しかったと認識します。

自分の価値観が間違っていなかったと考えるのです。

ところが、いくら考え方が似ていようがすべてにおいてまったく同じように考えるわけでも行動するわけでもありません。

この時に相手のことが嫌になります。

自分と違う所を認めようとしないわけです。

認めると自分の価値観すなわち自分自身が否定されるように感じるからです。

自分と陰陽を形成する相手と接する時、人は自分が持っていて相手が持っていないものを与えることにより、相手が充足されていくことに喜びを感じます。

また、相手が自分の持っていないものを与えてくれることにより自分が満たされるのを感じます。

ところが、そのうち相手に与えることより相手から与えられることばかりを欲するようになります。なぜならその人は相手に与えるだけのものがもう枯渇してしまっているからです。

本当の自分、聖なる自分が大いなる宇宙とつながっていることを確信している人にはいくらでも大元からエネルギーが流れてきますが、本当の自分の姿を見失っている人はすぐにエネルギー不足に陥ってしまいます。

そうなるとこの人間関係はもうそれ以上たちゆかなくなります。

自分とまったく異質の人と接する時、人は自分が正しくて相手が間違っているというふうに考えます。

相手を否定することにより何とか自分を守ろうとします。

ただしその否定の仕方は人により様々で、相手を攻撃する、相手を無視する、拗ねてみせる等々です。

ことほど左様に人は自分という存在を何とか守ろうとするのです。

この原因はほとんどが幼少時のトラウマです。

妊娠、出産、成長の過程で子供は今のままではダメなのだと親に刷り込まれます。

そこで何とか親の希望通りの人間になろうとするのだけれど、そんなものなれるわけがないので(その必要がない)ずっと苦しみを抱えて生きていきます。

その中で何とか今のままの自分自身を守る必要性が生じ、しかたなく周囲を否定することにより自分の存在を正当化するわけです。

 

さあ、今、あなたは自分が何者だと宣言しますか?

わたしは、声高らかに叫びます。

「わたしは、真の愛である」

▲素晴らしき哉人生のTOPへ

過去世の真実

時間という概念に縛られている三次元世界においては非常に限られた視点になりますので、過去世について言葉を用いて正確に説明することは困難であります。

そもそも時間というのが本来存在しないというスタンスに立てば過去世という言葉自体がおかしくなるわけです。

そのあたりも含めて著書の方には必要なことは書いてありますが、それ以上のこととなると絵を描きながらでないと説明しづらいので省略しています。

過去世の問題は個人や惑星のアセンションともからんだ宇宙の大変に壮大な話なのでして、過去世というものがあるとかないとかいうレベルのことじゃないのです。

それでありながら、私はずっと過去世療法というものに対しては否定的でした。

その効果は認めるものの往々にしてクライアントが現実世界で起こることの原因をすべて過去世に求めようとしがちになることを危惧するからです。

ところが書籍案内でも紹介していますが最近、「この星の守り手たち」という本に出会って考え方が少し変わりました。

内容は現在地球に住む若者が過去世療法の中で自分の宇宙人としての過去世を思い出していくという話で、これは少なからず衝撃的でした。

その本の中でこんなくだりがあります。(少し言葉は変えて引用しています)

セラピスト:「ではあなたは今までに何度地球に転生してきたことがあるのですか?」

クライアント:「実際に地球で生きるのは今回が初めてです」

セラピスト:!?いったいどういうことなのだ。彼はこれまでの私とのセッションの中でいくつかの地球上での過去世を語っているではないか。「では、セッション中経験した過去世は偽物だったのですか?」

クライアント:「それらは記憶が刷り込まれたにすぎず、実際に私がその生を生きたわけではありません。 魂は生まれてくる前にアカシックレコードから情報を取り出して自らに刷り込むことができるのです」

私は本を読むのは結構早い方だと思うのですが、この本に関しては内容が3次元と4,5次元を行ったり来たりするので5ページ位読むとすぐに疲れてきます。

すごく面白いにもかかわらず、一気に最後まで読めません(泣)

 

魂が初めてある惑星に転生してくる際に、その惑星で生きた過去世を身につけてくる方がその惑星に馴染みやすく、それゆえその時の体験がスムーズに行われるのだそうです。

これは私が著書の中で述べているアメーバ理論そのものなのですよ。

この本は3千円近くするのですが、パラパラと立ち読みしたのがちょうどこのページだったので、よしこれは買おうと決心したのです。

過去世というのは魂というエネルギー体が身につけてくる記憶の断片みたいなもので、非常に変幻自在なんですね。

そしてそれが今生を生きる上で非常に役立ってくれるのです。

そういう意味ではトラウマと同じようなものかもしれません。

トラウマとはその人の性質を決めるもので、過去世は今生を陰で彩るようなものです。

ところが人間は今生でトラブルがあるときにその原因をトラウマや過去世にもっていこうとしがちです。

違うんです。

トラブルの原因は出来ごとの体験の仕方にあるのであって、その体験の仕方が問題なのは自分自身の質(トラウマや過去世によ作郎.jpgり決定づけられる性質)に対して本人が否定的な感情を持っているからなのです。

おそらくアメーバ理論くらいシンプルかつ的確に過去世のことを説明しているものはこれまでも、またこれからも出現しないでしょう。

あ、知らない人に説明しておきますと、写真の人形は作郎といいまして一応、「シャングリラからの伝言」の著者ということになっています。

ずっと日の当たる待合室に座らせていたら着物が色落ちしてしまって、今は随分みすぼらしくなってしまいました。作郎、ゴメン。

 

スキャン0003.jpg

▲スピリチュアルな世界のTOPへ

PAGETOP