あなたの心に幸せの種をまく・ならまちワンネス歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • ワンネス

タグ : ワンネス

ワンネスとは?

ONENESSとはONEの名詞形つまり「ひとつであること」です。

この宇宙はビッグバンによりできたのなら、それ以前は今あるすべてのものが一点に凝縮していたわけです。

だから、あなたとわたしも、人と動物も、動物と植物も、植物と鉱物も、すべて元々はひとつのもので、現在は単にさも違う存在のように錯覚しているだけだということです。

すべては“ひとつ”なのですが、わたしがわたしであることを認識するためには、わたし以外のものが必要です。

わたしも白、あなたも白だったら、わたしは自分が白であることがわからないということですね。ですから、すべての面において自分とは違う個性が周りを埋め尽くしているわけです。

ところが、人は自分が他のものと違うと何かがおかしいと感じてしまうようになりました。

他人と同じでなければならないと無理に合わせようとしたり、他人と違う自分でなければならないと考え、何とか自分を主張しようとします。

その中で自分を守るために往々にして自分以外のものを否定しがちです。

その結果、自分自身に心理的葛藤が生じたり、人間関係において問題を起こし悩み苦しむのです。

すべてこの世界の本質、つまりワンネスからかけ離れているために起こるのですね。

もう少し正確に説明すると、〇〇NESS というのは〇〇である状態のことを意味します。

つまりONENESSとは「すべてがひとつであると完全に理解している人の心の状態のこと」と言えます。

これは2010年10月30日に神戸で開かれたワンネスフェスティバルの案内のパンフレットからの抜粋になりますが、およそ次のようなことです。

ONENESSとは人がそのまま、ありのままの状態でいて幸せであることをいいます

それは自由・解放・豊かさに溢れ、葛藤も偽りも抵抗も無理や我慢すらありません

個人がONENESSを体験することにより社会や世界が真のつながりへと向かっていきます

 

どうすればワンネスになれるのか?実感できるのか?

それについてはこちらの記事をどうぞ

Discover Oneness ~人類史上初! ワンネスの発見~

なお、2014年現在は「ワンネスって何?」と聞かれたら「それは、個性の違うものが調和していること」と答えています。

▲スピリチュアルな世界のTOPへ

究極のワンネスのお話

「人の本体」の所で述べましたように、宇宙の中の赤という要素があらゆる所から集まってきて凝縮したのがわたしでした。

同様に青という要素があなたであるとしましょう。

今あなたはわたしの目の前に立っています。

そして肉体部分を完全に無視して光の粒子だけに注目してください。

わたしとあなたの間には赤と青の光の粒子がグラデーションを作りながら混じり合っています。

ではいったい何処から何処までがわたしで、何処から何処までがあなたなのでしょう?

・・・境界なんか引けないのですよ。

また赤の粒子は宇宙の果てまで続いています。

ではわたしは何処で終るのでしょうか??

・・・何処まで行ってもわたしでないものなんて存在しないのです。

 

わたちたちが”これが自分”だと考えている肉体は、いったい何なのでしょう?

 

答えはね、本当は肉体なんて無いんです。

オーラの中心部分でホログラムのように幻影が映し出されているだけで、すべてのものの実態は光の粒子なのです。

ホログラムとはわかりやすく言うと、映画「スターウォーズepisodeⅣ(一番古い、最初に作られたやつです)」の中で、ロボットのR2D2がレイア姫のメッセージを映し出しますね、あれがそうです。

ただし、これはこの世界を七次元から見た場合の話で、三次元世界では肉体は確かに存在します。

だって幻想を現実と勘違いして生きるのが三次元世界ですから。

 

ところで皆さん、大丈夫ですか?ついてこれていますか?(笑)

 

これはご存知の方もいらっしゃると思いますが、オーラというのは体調、精神状態、意識の変化によって色が変わるのです。

瞬間的に赤から青に変わるというような極端な変化は稀かもしれませんが、それでも変化するのですね。

これはつまり自分に起こる出来事や人間関係からくる感情や意識の覚醒状態によって色が変わるということです。

でもね、考えてみてください。

宇宙の赤という要素がわたしを表しているはずでした。

その色が変わるというのは一体どういうことでしょう?

わたしだけではありません。

すべての人が瞬間瞬間に自分の本体であるはずのオーラの色調を変えているところを想像してみてください。

その状況でどの部分をわたしと定義することができるでしょうか?

 

準備はよろしいですか?

そろそろ核心に入っていきますよ。

 

これらのことを考えると、要するに自分というものは無い

・・・というより個人の肉体や意識などというものは無いという究極の現実にいきつくのです。

単に光の粒子が様々な模様に変化しながらそれを見て楽しんでいる、ある大いなるひとつの意識が存在するだけなのです。

その意識は一見客観的に色の変化を見ているようですが、実際はその変化はその意識というエネルギー体の中で起こっている、これこそが究極のワンネスの実態です。

▲スピリチュアルな世界のTOPへ

PAGETOP