あなたの心に幸せの種をまく・ならまちワンネス歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 人生

タグ : 人生

ひきこもりの心~この世に不必要な人間なんていない~

かつてこんなことがありました。

今の場所へ引越しする前のことです。

子供たちが学校から帰ってくると、すごい勢いで文句を言ってきます。

「お母さん、もう〇〇ちゃんのお母さんイヤや!うちらのこと無視すんねんで!」

子供たちが通う学校では小さなグループで登校の時は集団登校するのですが、下校時はグループごとに親が交代で付き添いをすることになっていました。

うちの子供たちの言うところによると、その日の付き添い当番だったA子ちゃんのお母さんが自分の子供ばかりかまって他の子たち、特にうちの娘たちには非常に冷たく、まるで無視するように接するので、すごく腹が立つということでした。

その時僕は一通り話を聞いた後、そのお母さんは本当はすごく寂しい人だから実は可哀想なのはその人自身なんだ、だからそのお母さんとA子ちゃんのために祈ってあげなさい、と言いました。

正直言ってその頃の子供たちには難しすぎる話だし、後から妻に聞くところによると「何でそんなことせなあかんのん!?」とブーブー言ってたそうです。

子供の問題は親の問題

確かにそりゃそうですよね。

それでも僕はそう言ったので良かったと思っています。(こちらの詩をご覧ください)

僕はその頃公団に住んでいましたが、その周辺は奈良では高級住宅地と言われているところです。

駅前には塾が乱立し、終電近くなっても塾帰りの小学生を見かけるし、公団の周りでは迎えに来た親が路上駐車をして子供を待っていました。

そして僕の知る限り、このA子ちゃんのお母さんのような人は少なくないのです。

その街は見た目とは裏腹に非常に病んだ街だという印象でした。

 

いつも申しますように、子供の問題というのは起こっていることは確かに子供の問題なのだけれど、その原因は親でしかあり得ません。

いくら言ってもこれがわかってもらえません。

子供はその問題を提示することによって、親が本質的にもっている捉われを教えてくれているのです。

これが唯一絶対の真実です。

こういうと、「わたしの育て方が悪かったのかしら」となるのですが、違うんです。

ただ単に親が原因だと言っているだけで、良い悪いを言っているのではありません。

ですから、子供さんが問題を抱えてそれを通して親が自分自身を見つめる、このことが必要だから起こっている話でして、それで完璧なのですよ。

最初から問題のない子育てをすることが良いわけではないのです。

それらの体験を通して家族が成長していく、人生の真実に目覚めていく、その過程が非常に大切なのだということです。

そして本当のあなたの姿と、今現実のあなたの姿とをうまくつなぎとめる、そのカスガイの役目を果たしにあなたのお子さんはやって来たのですよ。

引きこもりの理由

引きこもりになったのには、そうなった理由があります。

しかし自分の子供が引きこもりになった時に、どうすればそれを解決できるか、どうすれば社会復帰できるか、そればかりが話題になります。

どの親も、学校も、会社も、もひとつおまけに児童心理学などを学んだ評論家たちも、それが本当は自分の内面の問題なのだと考えません。

これではいつまでたっても、根本的な解決は得られないでしょう。

引きこもりの人は確かに社会的には全く生産性がありませんし、そういう意味において役に立っていないと言えばそうでしょう。

しかし、その人が引きこもりであることにより、そのことを気にかけて何とかしようという人たちがいるのも事実です。

親にしてみれば自分の子供が引きこもりだという、世間に対して恥ずかしいような、また親としての責任を感じるような独特の感情を味わうわけです。

当の本人にしたって、何とかしようと思うんだけれど出来ないジレンマと焦燥感、あるいは「もうどうだっていいや」みたいな諦めの感覚など、引きこもりになることによって様々な感情を体験します。

つまりね、これだってりっぱな家族のひとつの体験なのですよ。

その子はその体験の核になっているに過ぎません。

というよりその子が引きこもりであるがゆえに、家族や周りの社会がそこに引きこもりの子がいるという体験をすることが可能になるのです。

 

こう考えると、引きこもりは悪いことでしょうか?

恥ずかしいことでしょうか?

その子は社会に必要がないのでしょうか?

どう思われます?

 

でも、40歳にも50歳にもなって仕事もせずに家でゲームばかりしているのは心配なのはよくわかります。

「何とかしなければ」という気持ちもわかりますし、第一経済的にいつまでも養ってられないという現実もあるでしょう。

それでもあえて申し上げます。

そこにとどまって下さい。

戦ったらダメです。

逃げてもいけません。

その引きこもりという体験を家族全員でとことん味わいつくしてください。

いいじゃないですか、それだけで今回の人生が終わってしまっても。

あなたはいつだって再生できるんだから・・・。

▲こどもの心のTOPへ

人生の目的と幸せの意味

本屋さんに行けば、幸せについて書かれた本はそれこそ山のようにあります。

でも「幸せとは何か」について明確に定義している本はないのですよ。

これおかしいですよね。
だって、何が幸せかわからないのなら、例え幸せな状態であってもそれと自覚できないわけですから、結局永遠に幸せにはならないわけです。

これがシャングリラからの伝言の根幹となるメッセージなのですが、
「幸せとは、自分が生まれてきた目的に沿った道に今、自分がいると確信すること。そしてそれを支えてくれる数多くのエネルギーの存在を実感すること」なのです。

詳しくは、著書の方を読んで頂きたいのですが、人が生まれてきた目的とはあらゆることを体験し、それに伴う感情を楽しむことです。

そして自分自身を自分の言動を通して自由に表現し、人生という白いキャンパスに自分にしか描けない絵を描くことなのです。

この人生の目的通りに生きだすと、さも偶然に見える人との出会いや出来事を通して宇宙はさまざまなお助けをしてくれます。

これに気づき感謝すると益々そのサポートは加速します。そのことを実感することも幸せの重要な要素です。

▲素晴らしき哉人生のTOPへ

人生のからくり(人生の起承転結)

すべての人間はおよそ3才くらいまでに何らかのトラウマを受けます。例外はありません。

それは妊娠中に胎児の状態で受けることもありますし、出産時に受けることもあります。

これらはインナーチャイルドとかバーストラウマと呼ばれたりします。

  • 例えば、ある人がお母さんのお腹にいる時に、隣家が火事になったとしましょう。こういう場合は、生まれてから火や音に敏感になったり、その時の状況により閉所恐怖症になったりすることがあります。
  • また、よくあるのは後継ぎを望まれているような家庭にあって両親が男の子を期待していた時に、女の子で生まれてきた子はその後自分自身の女性性を否定しようとします。
  • 出産の時に陣痛促進剤を飲んだり、帝王切開を受けたりすると赤ちゃんは本当はもう少しお腹にいたいのに無理に出されるわけですから、母性回帰というか乳離れをしにくくなります。

生まれてから3才までは、子供は完全にワンネスの世界にいるのです。

みんながひとつだという感覚にどっぷり浸かっています。

だってそれまで魂は天国にいたわけですから。

ところが何でも口に入れようとする赤ちゃんに危ないからと「そんなことしちゃダメよ」と言いますよね。

ティッシュペーパーを何枚も引っ張ったりしてもすぐにダメ出しされるわけです。

親から言わすと“いい子にしていなさい”というわけです。

これが子供をワンネスの世界から引きずり出してしまいます。

そして子供は親のことが大好きですから、親の言うことを聞くことによって、親が望むような子になることによって親の愛を得ようとします。

つまり、自分が今のままでは親に愛してもらえないと感じてしまうわけです。

これこそがその後の人生を決定づけるのです。

トラウマというと何か悪いもののように思われるのですが、正しくは条件づけといった方がいいでしょう。

ある出来事に対して思わず独特の反応をしてしまう、その人の性格の一部を決めるものなのです。

 

先ほどはトラウマの典型的な例を示しましたが、何もそう大層なことばかりではありません。

クリスマスケーキを分ける時にお母さんはわたしより妹に大きな方をあげた、みたいなことの方が実は多いのです。

要するにトラウマとはたった一つではなく大小さまざまあって、それを自分の記憶というか細胞の中に刻み込み、かつその後の人生においてそれらをどんどん膨らませてしまいます。

そして、そんなトラウマが自分にあるということを気づかないことにより、無意識のうちに自分らしさというのが形成されるということなのです。

これが人生における起承転結の起の部分です。

 

これらトラウマ達に知らないうちに縛られながらその後20代、30代まで生きていきます。

この間、人がするのは基本的にトラウマから逃げるか、闘うか、あるいはトラウマのなすがままになる、そのどれかでしかありません。

極論するならそれ以外のことはやっていないのです。

そのことにより自分自身を守ろうとしつつ、自分が何者か一生懸命探しているのですね。

つまり、人は30代位までは人生を本当に生きているとは言えない、単に目の前の出来事に反応しているだけだと言えるでしょう。

これを人生のサバイバルゲームと呼び、承の部分に当たります。

 

さて、ここで文字通り人生の転機が訪れます。

それは結婚とそれに続く子育てです。

結婚すると常に自分の前に全く違う人間が存在することになるわけです。

その人がいかに趣味が同じで考え方が似ていようが、違うものは違うのです。

それにより人は自分が何者かを必然的に見つめざるをえなくなります(実際に結婚をそのようにとらえている人はごく少数だとは思いますが)。

そして子供が生まれます。

子供というのは親に愛されるために生まれてきます。

愛されることにより愛とは何かを親に教えようとするのですね。

子供がたずさえてくるメッセージはたった一つで、それはお父さん、お母さん、人というのはもっと自由に生きていいんだよということなのです。

人はそれまでずっとトラウマに縛られて生きてきました。

生きてきたというよりは単に無意識の防御反応をしてきただけでした。

その根底をなすのは今の自分のままでは人に愛されないという感覚です。

そこで子供は親に対してそのことに気づかせてくれるのです。

子供は全く自由でしょ。

親がいろんなことを禁止しなければ、やりたいことを何だってやるわけです。

それは自分が生まれてきたこの世界に対する深い信頼と安心感によります。

もし子供がまだ小さい時に「どうしてお父さんとお母さんの子供に生まれてきたの?」と聞いたなら、すべての子供はこう答えるでしょう。

  「だってお父さんとお母さんに会いたかったから」

子供は本質的に親のことが大好きです。

たとえ世間で思われる良い親でなくても大好きなのです。

そのことにより、子供は親に対して「あなたはあなたのままでいいのだ」「何も自分を変えなくっても、わたしはあなたを愛しています」ということを伝えてくれるのです。

これにより心の解放が起き、親はそのままの自分自身を受け入れられるようになります。

同様に他人のこともありのまま受容できるようになります。

トラウマ自体は細胞に刻み込まれていますのでなくなりませんが、それがトラウマではなくその人の性格の質を決めるという本来の役割を果たすようになるでしょう。

この時、人はもうトラウマから逃げたり闘ったりしなくなります。

そして出来事に反応するのではなく、本当の意味で人生を生きる、自由に謳歌するようになります。

残念ながら実際にそうしている人はごくわずかですが。

これが転の部分に当たります。いや~、子供って有り難いですねぇ。

ちなみに、お子さんがいらっしゃらない方、結婚していない方には別の形で気づく機会が現れますからご心配なく。

 

結の部分はその後自分の人生を生きながら人が目覚める手伝いをして、やることをやりきったと思ったら人生の幕を引くように向う過程です。

人が目覚める手伝いというのは別に目立ったことをしなくても、その人が自由に人生を楽しむことそのものが他の人の役に立つのです。

▲素晴らしき哉人生のTOPへ

PAGETOP