あなたの心に幸せの種をまく・ならまちワンネス歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 幸せ

タグ : 幸せ

当院のコンセプト

あなたの心に幸せの種をまく」が当院のモットーです。

CIMG0103.jpg

当院の大きな目的は、幸せな社会の構築です。

そのためには社会の構成要素であるひとつひとつの家族が幸せである必要がありますし、個人個人の幸せが大前提となります。

子供に現れていることは親、あるいは大人の心や身体の癖の反映です。

大人の価値観や癖を直接的に変えるのは大変ですね。

しかしながら誰もが自分の子供の健康や幸せを願うものなので、親が自分の心身の癖を修正することにより子供が健やかに育つのであれば素晴らしいことでしょう。

お孫さんにしても同じことです。

まだ結婚していない人も、自分の親の幸せを願うのであれば、自分自身の癖を見直すことにより親だって変わります。

皆が何のために生きているのかを理解し、人生に対し積極的かつ前向きに取り組まれるようにお手伝いしたいのです。

その一番効果的な方法が子供の虫歯予防や歯並び治療に関わることなのです。

子供があらゆる意味で健やかに育つためには、食も環境も大切ですし、生活習慣もよく考えなければなりません。

それを多くの人が実践していけば、社会構造が変わらざるを得なくなります。

経済優先の社会が人としての生活の質を重視したものへと変化するでしょう。

インプラントも精密義歯も、歯周病治療も審美歯科も、一般的なものはすべてやってはおりますが、当院においては、それらの先にも上に述べたような思いがあります。

幸せとは「あなたがあなたらしくあること」の向こう側に存在します。

我々ワンネス歯科のスタッフは治療やメッセージを通して、そのことを応援したいと考えています。


【院長略歴】

  • 昭和37年2月2日生まれ
  • 昭和61年 大阪大学歯学部卒業
  • 平成2年 同大学院卒業 歯学博士
  • 平成5年まで同付属病院歯科補綴学第一講座勤務
  • 平成7年大阪市にて開業
  • 平成11年奈良市に移転
  • 平成20年8月8日 ならまちワンネス歯科誕生
  • 専門は補綴(入れ歯やかぶせ物を作ること)全般だがあえて言うなら咬み合わせ、インプラント

▲医院紹介のTOPへ

日本人のための究極の言霊

私は般若心経に代わる日本人のための究極の言霊を探していると書きました。

実は先日ある夢を見たんです。

それは古文書を開いて読んでいる夢でした。

その古文書のある右頁最下段に短い詩のようなものがあり、そこに注意を向けているのです。

夢の中で私は思いました。

「待てよ、俺は今、日本人のための言霊を探してるんやから、もしかしたらこれがそうじゃないのか?」

そこでその詩のようなものを読み始めました。

一行一行は短く、全体で七、八行しかありませんでした。

その詩の最初の二行を読み終わった瞬間・・・目が醒めたのです(泣)。

「あ~、俺のバカ、バカ、バカッ」 でも、もうどうしようもありません。

もう一度寝ようとしましたが無理でした。

ところが最初の二行だけは鮮明に覚えているのです。

それはこういうものでした・・・「神可舞 人可舞」

これは「シンカム ジンカム」とよみ「神すべからく舞い 人すべからく舞う」という意味です。

あのですねえ、私ずっと日本人向けの言霊をああでもない、こうでもないと色んな言葉をつなぎあわせてみたりして探し続けてきたのです。

でもね、普通「神可舞 人可舞」なんて言葉思いつきますか?

絶対無理ですよねえ。

ですからもう自分で無理に考えるのはやめました。

どうしたってそんな言葉は思いつかないので、自然に与えられるまで待とうと決めたのです。

ところがそれから二日ほどたって電車に乗っているときにふと、全部で七行くらいなのだったらあの続きはどういうふうになるのだろう?と考えました。

するとつぎのような言葉がするすると頭の中に浮かんだのです。

カミノウタ 

神可舞 人可舞 人可舞 神可舞 互合仕 而成幸 成全歓 (シンカム ジンカム ジンカム シンカム ゴゴウシ ジセイコウ セイゼンカン)

 

神すべからく舞い 人すべからく舞う 人すべからく舞い 神すべからく舞う 互いに合い仕え しこうして幸せとなす すべてが歓びとなる

 

どうですか?

確かに「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい・・・」に比べると音霊としては弱い気がするので、これ自体が日本人の脳を覚醒させるかどうかはわかりませんが、ただ意味とすればよく通っているのですよ。

それも3×7で21文字ですよ。

3も7も神(宇宙)を示す数字であり、例えば精神世界で真剣に何らかのセミナーをするときは通常21日間コースとなるくらい、人が覚醒するのに必要な数字なのです。

まあ、後の五行は私が考えたと言えなくもないので、この詩の価値の判断は皆様に委ねますが、私は結構気に入っています。

この宇宙がどのようにして創られたか、そして宇宙創造の目的は何か?ということに関しては著書を参照して頂きたいのですが、宇宙創造の瞬間、神はあらゆることが体験できるという歓びで大きく舞ったのです。

その結果、その創造の目的通りに人間が人生の中で自由に舞っていました。

人が人生を自由に創造すると、また神も嬉しくなって大きく舞うのです。

神は人を通じて自分を創造、再創造しているのですね。

人が自分の生まれた目的通りに生きだすと、神(宇宙)は喜んで人の人生の創造を益々手助けするようになります。

それがシンクロニシティというさも偶然のようにみえる出来事や、人との出会いという形になって現れます。

この神と人がお互いに相手に仕え合う状態、これを仕合わせ=幸せとよびます。

この状態になると、どんな悲しいことも、つらいことも、もちろんうれしいこともすべてが歓びとなります。

どうです、いい言霊でしょ。

あ、これ最近気づいたんですが、般若心経の前半であれも無いこれも無いといってるのに、善悪が無いということだけは書いてないのですよ。

何か理由があると思うのですが、物事に善悪の判断を持ち込むのが人が苦しむ一番の原因なのに明らかにこれは最も大事なことを欠いています。

画龍点晴を欠くとはこのことですね。

▲スピリチュアルな世界のTOPへ

PAGETOP