あなたの心に幸せの種をまく・ならまちワンネス歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 般若心経

タグ : 般若心経

般若心経のツボ

まあ、日本人というのは般若心経を唱えたり、写経したりするのが大好きですね。

今、世の中には私訳本があふれかえっており、その事実が物語るのは、もしかしたら般若心経の真髄を誰も理解していないのではないか?ということです。

皆さんこぞって前半のいわゆるこの世界は無であるというところを苦心して訳されるのですが、あれは般若心経の核心ではありません。

核心は真言(マントラ)の部分にあり、それはつまり「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか」なのですが、これは玄奘三蔵がサンスクリット語を漢語に音訳したもので、もうこの時点で意味がないのです。

本来はサンスクリット語を話す人たちに音霊として 「ガテー ガテー パーラガテー パラサムガテー ボジスヴァハ」 というのがその人を覚醒させていき、その結果として前半に書かれているすべてが無であるということが腑に落ちるということなのです。

ですから日本人には日本人が悟るための音霊というのが必ずあるはずなのであり、般若心経をいくら唱えようが悟りはしないということです。

もちろんそれで心が落ち着くとかいうのはあると思いますが。

 

音霊は次のように作用します。

我々の脳は通常100%活性化しないようになっています。

つまりブロックされている回路が存在するのですが、ある種の音を聞くとその閉じている回路の一部が開き、それが結局この世界がどういうふうに成り立っているのかを思い出すきっかけになるわけです。

これは音だけについて言えるのではなく、ある種の図形や字でも起こり得て、梵字などはその典型的な例です。

 

日本人にとっての究極の音霊、私は何とかそれを見つけたいと考えていますが、今のところこれといったものがありません。

「南無妙法蓮華経」などはいい線いってると思うのですが、でも何かしっくりこないのです。

皆さんもぜひ考えてみてください。

▲スピリチュアルな世界のTOPへ

日本人のための究極の言霊

私は般若心経に代わる日本人のための究極の言霊を探していると書きました。

実は先日ある夢を見たんです。

それは古文書を開いて読んでいる夢でした。

その古文書のある右頁最下段に短い詩のようなものがあり、そこに注意を向けているのです。

夢の中で私は思いました。

「待てよ、俺は今、日本人のための言霊を探してるんやから、もしかしたらこれがそうじゃないのか?」

そこでその詩のようなものを読み始めました。

一行一行は短く、全体で七、八行しかありませんでした。

その詩の最初の二行を読み終わった瞬間・・・目が醒めたのです(泣)。

「あ~、俺のバカ、バカ、バカッ」 でも、もうどうしようもありません。

もう一度寝ようとしましたが無理でした。

ところが最初の二行だけは鮮明に覚えているのです。

それはこういうものでした・・・「神可舞 人可舞」

これは「シンカム ジンカム」とよみ「神すべからく舞い 人すべからく舞う」という意味です。

あのですねえ、私ずっと日本人向けの言霊をああでもない、こうでもないと色んな言葉をつなぎあわせてみたりして探し続けてきたのです。

でもね、普通「神可舞 人可舞」なんて言葉思いつきますか?

絶対無理ですよねえ。

ですからもう自分で無理に考えるのはやめました。

どうしたってそんな言葉は思いつかないので、自然に与えられるまで待とうと決めたのです。

ところがそれから二日ほどたって電車に乗っているときにふと、全部で七行くらいなのだったらあの続きはどういうふうになるのだろう?と考えました。

するとつぎのような言葉がするすると頭の中に浮かんだのです。

カミノウタ 

神可舞 人可舞 人可舞 神可舞 互合仕 而成幸 成全歓 (シンカム ジンカム ジンカム シンカム ゴゴウシ ジセイコウ セイゼンカン)

 

神すべからく舞い 人すべからく舞う 人すべからく舞い 神すべからく舞う 互いに合い仕え しこうして幸せとなす すべてが歓びとなる

 

どうですか?

確かに「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい・・・」に比べると音霊としては弱い気がするので、これ自体が日本人の脳を覚醒させるかどうかはわかりませんが、ただ意味とすればよく通っているのですよ。

それも3×7で21文字ですよ。

3も7も神(宇宙)を示す数字であり、例えば精神世界で真剣に何らかのセミナーをするときは通常21日間コースとなるくらい、人が覚醒するのに必要な数字なのです。

まあ、後の五行は私が考えたと言えなくもないので、この詩の価値の判断は皆様に委ねますが、私は結構気に入っています。

この宇宙がどのようにして創られたか、そして宇宙創造の目的は何か?ということに関しては著書を参照して頂きたいのですが、宇宙創造の瞬間、神はあらゆることが体験できるという歓びで大きく舞ったのです。

その結果、その創造の目的通りに人間が人生の中で自由に舞っていました。

人が人生を自由に創造すると、また神も嬉しくなって大きく舞うのです。

神は人を通じて自分を創造、再創造しているのですね。

人が自分の生まれた目的通りに生きだすと、神(宇宙)は喜んで人の人生の創造を益々手助けするようになります。

それがシンクロニシティというさも偶然のようにみえる出来事や、人との出会いという形になって現れます。

この神と人がお互いに相手に仕え合う状態、これを仕合わせ=幸せとよびます。

この状態になると、どんな悲しいことも、つらいことも、もちろんうれしいこともすべてが歓びとなります。

どうです、いい言霊でしょ。

あ、これ最近気づいたんですが、般若心経の前半であれも無いこれも無いといってるのに、善悪が無いということだけは書いてないのですよ。

何か理由があると思うのですが、物事に善悪の判断を持ち込むのが人が苦しむ一番の原因なのに明らかにこれは最も大事なことを欠いています。

画龍点晴を欠くとはこのことですね。

▲スピリチュアルな世界のTOPへ

PAGETOP