昨日更新したつもりが、アップ出来てませんでした。

アリャリャ。

 

筋肉のリラクゼーションにはいくつか方法があります。

腕相撲を例にとってみます。

腕相撲を通して相手の筋肉の緊張をいかにやわらげるか、ということです。

 

①相手と同じ力で拮抗する

②圧倒的な力でスコンと勝つ

③圧倒的にスコンと負けてあげる

④じんわりと少しずつ優勢を保ちながら勝つ

⑤じんわりと少しずつ劣勢を保ちながら負けてあげる

 

このうち②と③は最も嫌な感じがしてリラックスどころではなくなります。

①の中にも2通りあり・・・・

①-a   5秒間相手が最大の力を出している間、こちらはそれと同等の力を出し、5つカウントしたらお互いに同時に瞬間的に力を抜く(操体法はこのやり方です)

①-b  上と同様に5秒間相手の最大の力を受け、今度は5秒かけてゆっくり力を抜いていく

で、どちらかと言えばbの方が心地良いですが、臨床的にはケースバイケースです。

 

④と⑤では⑤のゆっくり負けてあげるほうが相手は心地良いです。

また、その間の呼吸法も大切で、原則として吸気は緊張、呼気は弛緩ですから、それをうまく使うとより効果的に筋肉のリラクゼーションがはかれます。

 

ということで、これは”こころ”にも通じるのでして、上のことをそのまま心のリラクゼーションに置き換えたらどうなるでしょう、、、、、、か?

 

・・・・・ちょっと、ええ話でしょ(笑)

2012.10.28