先日、知り合いに、ある方が書いた政治の裏側に関するコピーを見せてもらいました。

僕はその人のことを全く知りませんでしたが、株やその道では有名な人のようです。

そこには戦後の統治政策のことから、アメリカに対してNOと言ってきた各首相が文字通り抹殺されてきたことなどが書かれていました。

それらについては当ブログでも触れたことがあるものもあります。

 

僕がかつてすごく違和感を持ったのは、故橋本龍太郎氏が死去した際のマスコミの扱いがあまりにも小さかったことです。

今調べてみたら、内閣・自民党の合同葬が行われた際、葬儀委員長を務めたのは小泉さんなのね。

橋本氏は最終的に日本歯科医師会からの1億円ヤミ献金をでっち上げられて失脚していきました。

そしてこれ以降、中医協から歯科医師は外され厚労省の思うがままの歯科行政が横行するようになり、我々歯科医は厚労省の官僚に踏みつけられるような立場に甘んじているのです。

 

このコピーは日本の裏側を暴露するタイプのものですが、こんなこと普通に目をあけて世間を見ていれば勘の良い人間なら誰だって気づくことばかりでした。

最後の結びが秀逸なのですが、いわゆる相場に関することが本業なのでしょう、これから自分の面目躍如となる株での大儲けを目論んでいるそうです。

現在の円高は当分続き、11月くらいには一転して円安に”誘導”される。

為替などというものは、社会情勢で決まるのではありません。

社会情勢を決めている一部の人たちの意向で決まるのです。

そしてアメリカが起死回生を図る際の常套手段である中東戦争の勃発の可能性。

アメリカと一応書いておりますが、本来の姿は多国籍の裏のリーダーたちです。

 

そのあたりを綿密に読んで、株なり先物なりで儲けるという腹なのですが、彼はそういうことを考えている時点でもうずいぶん時代遅れなのです。

今、この時点で、過去がこうであったから、現状がこうだから、おそらくは将来こうなるだろう、だからこのように身を処そうという考え方をする人は、アセンションのことを全くわかっていないと言えます。

 

あなたはどのような未来を望むのか?

そのために今どうするべきなのか?

 

お金儲けがその人の望むものであれば、それでよろしい。

所詮そこまでの人間であるというだけの話です。

アセンションも何も関係ないというスタンスで、それはそれで結構ですが、社会の役には立ちませんなぁ。

 

僕は当初、民主党政権に期待しました。

現状はご承知の通りですが、これとてすべて裏の筋書き通りです。

つまりは既存の大政党(自民党)をぶち壊し、取って代わった民主党が不様な実態をさらけ出す。

最近、ビートたけしがTVでしょっちゅう言っていますが、「解散総選挙は良いけれど、じゃあ次はどこに投票するの?」

全くその通り。

そしてそれこそが日本の政治が誘導されてきた行き先です、今のところ。

よろしいですか?

日本の政治は日本の政治家が行っているのではないですよ。

外部からの意向、圧力で動いているのです。

彼らの最終目的は日本の奴隷化に他なりません(現在も実質はそうだけど)

 

さあ、この秋におそらく行われるはずの解散総選挙。

あなたはどこの政党に投票しますか?

石原氏や橋下氏の国政参加に期待しますか?

こういった時にこそ、独裁者が出やすいのですよ。

別に彼らがそうだというわけじゃありません。

ヒトラーにしてもそうなのですが、政治・経済の流れを見てごらんなさい。

独裁者は勝手に登場したのじゃなく、国民の期待に沿って出てくるのです。

 

僕はもう、政党政治というのは限界に来ていると考えます。

だって、そうだからこそ政党がどんどん分裂していくわけですよね。

彼らだってわかっているのです。

政党政治というのは即ち多数決がすべてを決める政治です。

大きな誤解は、多数決=民主主義だと考えていること。

全然違いますからね。

真の民主主義とは大の虫も小の虫も生かすものです。

これを突きつめると結局は個人になり、個人の霊的な成長こそが真っ当な民主主義を行う上で欠くべからざるものであることに気づくはずなのです。

それがないがしろにされる場合、民衆は強烈なリーダーシップを求めるようになります。

その方が楽だから。

そうなると、人類はまたしても同じ過ちを繰り返すことになります。

これは政治だけではなく精神世界でも同様でして、かつてキリストや仏陀などが(本人に責任があるかどうかは?だけど一応)おかした愚を今もやっている人が多数いますよ。

確かに彼らは間違ったことは言ってません。

そして中には奇跡を起こす人もいます。

でも・・・・・・

「シャングリラからの伝言」とすれば、今一度強調しておきますが

もうグルは要らない

 

なぜ僕が歯科医という以外、特殊な霊的な能力もないままに、このようなメッセージを託されるかというと、まさにこの一点に尽きるからであります。

強いリーダーは、民衆の力を弱めてしまいます。

それじゃダメなのね。

 

この秋、あなた方の意思が真(まこと)に試される時が来るであろう。

あなたは未来を予想しようとするのか?

それとも未来を創ろうとするのか?

どちらなのか?

それが日本の行方を決めるのだ。

2012.8.17