おおっ!

ようやくそれらしい話なのねっ(笑)

 

結論を先に申し上げますと、わたくし常々申し上げていますように、治療が上手くいくかどうかは医者と患者との信頼関係によるところが非常に大きい。

ですから、そういう医者を探せば良いのです、あなたが信頼できると”感じる”医者をね。

ところが、多くの人は良い”治療法”を探そうとなさいます。

それも間違ってるとはいえませんが、核心ではない、ということです。

 

うちにも時折、セカンドオピニオンを求めに来られる方がいらっしゃいます。

色々と迷っておられるのが手に取るようにわかります。

で、僕は思うのです。

「この人はいったい、何を求めているのだろう?」 と。

僕くらいになりますと、当然ながら相手の迷いの奥にあるものが何か?ということがそれなりに見えています。

その中で、相手が彷徨っているのを(正直言って面倒くさい思いもありますが)観察しておるのです。

こういう場合、ほぼ100%当院で治療をお願い、とはなりません。

僕は前医の意見と違うことを言うことが多いですが、そこに優劣をつけるような言い方は絶対にしません。

 

例えばこんなことがありました。

中等度から一部重症の歯周病の患者さんですが、前の先生には「この歯とこの歯は抜歯しなくてはいけない。あとは入れ歯かインプラント」と言われたそうです。

僕は「抜かんでも助かるでしょ、これだったら」

「でも抜歯って言われました」

「それはその先生のお考えで、僕は助けようと思えば助けられると思いますがね。もちろん簡単ではないですよ」

「でも・・・・」

その後泥沼のような説明の時間が始まります。

いったい、この方は何を求めているのでしょう?

どういう風に言えば満足されるのでしょう?

 

あと、よく遭遇するパターンとして、治療するとするなら抜歯しかないという歯に対してその旨を告げると、「抜いた後はどうなりますか?」

抜歯を逡巡するのはわかります。

その後の治療法を知りたいのもよくわかります。

その際の治療費もね。

しかし往々にして、いくら説明しても治療法と治療費にこだわり抜歯に至らないことがあります。

迷うのであれば診療台の上でなく、自宅でやって欲しいものです。

後の治療法がどうなろうが、保険だろうが自費だろうが、そんなことは今関係なくて、とにかくこの歯はもうダメで放っておくと炎症が拡がってロクなことにならない、早く抜いた方が身体のためなので、まずは抜歯するのか、すべて了解のうえ放置するのか決めてください、というところです。

 

こういった場合、迷っている本当の理由が潜んでいるのですが、本人はそれに気づきません。

例えば、抜いてインプラントが良いと自分も思うけど、主人に相談したら私ばかりが医療費にお金をかけてると言われて嫌な思いをするし、なんてね。

患者さんが僕たちの前で見せる姿の奥には、明らかに家庭の問題、そしてその中における自分自身の心の問題が存在します。

喉まで出かかっていても言えないことがほとんど(まれにぶっちゃけて言うことあるけど)

 

皆さん、歯医者の本音が聞けておもしろいですか?

それとも体裁の良い、優しい感じの先生のブログが良いですか?

僕自身はHPで自院の説明をするのは当然だけど、そこで他院との差別化を図るような文言を入れるような輩はカスだと思っています。

 

以前にも書いたと思いますが、故阿佐田哲也氏が自身のエッセーの中で次のようなことを書いておられました。

”わたしは、出来ることならヤブ医者の手にかかって死にたいと思う。

ベッドで寝ているわたしの横で、わたしの病気が何なのかもわからず、従ってどうして良いかもわからず、脂汗をにじませている。

そんな医者に診られて死にたいと、本当にそう思うのだ”

 

僕も、そう思います。

神の手をもつ外科医に手術してもらって生きながらえるのも良いけれど、ヤブな内科医の元で手遅れになって死ぬのも悪くないと個人的には思っています。

普通はそうは考えないでしょうけどね。

でも、あと最低100年生きたら医療も変わりまくりでしょうけど。

100年後にもいるヤブ医者って、ちょっと素敵じゃない(笑)

 

当院にはCTもマイクロスコープもないけれど、ドックセメントを用いた削らない虫歯治療もやってるし、骨をほとんど削らないインプラントをしていますし、MTコネクター等のバネがなくてよく噛める部分義歯もできますし、何よりインプラントが嫌な方に対してそれに対抗しうるだけの精度の義歯を提供するよう努力しています。

そして、院内には殺菌水が流れ、通常自費治療になることが多い機能水を使った歯周病治療も特別な費用なしでしており、ヒーリングミュージックが流れる中、僕の出す脳波のせいで多くの患者さんが居眠りなさいます。

それが差別化でしょうか?

僕は単に特徴だと捉えています。

そして僕はこういう真っ正直な人間でして、表裏はないけれど、真面目と不真面目は同居しています(あくまでも私生活の話で仕事上ではない)

その上でわたしは言いたい。

 

医者・歯医者が良いか悪いかではない。

その技術や知識ですらない。

あなたにとって、どう映るか、あなたの心がどう動くかなのだ。

それがあなたの身体に治癒をもたらす。

 

ならまちワンネス歯科の紹介のところにも書いてあります。

 

”当院が他院より優るわけでも劣るわけでもありません。

もし御縁がございましたらどうぞワンネス歯科の扉を開けてみてください”

 

2013.5.14