前回の記事にちょっと補足しておきます。

まず自分の位置を確認する→行き先を明確にイメージする→あとは忘れちゃう

なのですが、では幸運にしてようやく現在地から動き出した時に、どの航路をとれば良いのでしょうか?

ここでシンクロニシティが登場します。

必ず人生の転機にはシンクロが起こります。

要はそれをうまく活用するかどうかなのですが、シンクロに気づきだすと、あまりにそれが多すぎて一体どれが自分の行くべき道を示しているのかわからなくなる時があります。

自分で無理やりシンクロだと確信しちゃう時もありますしね。

 

もちろんどの道を選んでも目的地に向かってしか進みませんが、ここは折角ですから近道をしたいと思うのが人情です。

そのためにどのシンクロを信じるのか?

これは一般的には、自分の感情に従いなさいと言われます。

こればっかりは嘘をつかないから。

感情が喜ばないことはすべきでないということです。

 

ところが社会生活において、仕事やなんらかの団体に属している場合に、これが難しい事があります。

自分が楽しい事ばかりやっていたら、周りと軋轢を起こすこともあるでしょう。

でも、これからはそういう時代なのです。

あなたは楽しいこと以外はする必要がない。

 

お金のために仕方なく仕事をしているのに、その仕事が楽しくないからといって辞めてたら食べていけない。

そうおっしゃるのなら、例え給料が下がろうが楽しい仕事を探すか、その仕事を楽しめるようにしたらいかがでしょう?

これ仕事を人生とおきかえても同じでして、人生の目的は体験を楽しむことでした。

それが楽しめないから皆さん苦労なさる。

善悪、損得の概念に縛られているからです。

仕事も同じ事で、それだって体験のうちだし自分の表現の場のひとつです。

気にいらなければ、別の場を探して違う体験を選べば良いだけ。

ただし選択の結果は自分についてまわる。

それだけの話なんです。

 

どのシンクロを選ぶかのもう一つの僕なりの基準は、自分が自分らしくあるまま進める道を行くということです。

自己啓発セミナーやある種のネットワークビジネスで自分を鼓舞し、今までの自分とおさらばして新しい自分を歩んでいこう、とされるならそれも良し。

それがうまくいくのであれば、それがあなたにとって心地良いものであれば是非ともお勧めします。

往々にして物質的な面では成功するでしょう。

何もお金を儲ける事を卑下しているわけではありませんよ。

お金儲けが悪いという考えに縛られているのなら、あなたはお金にずっと苦労されるでしょうから、それはその考えを改めた方が良いでしょう。

そういうごく基本的なところ(物事の認識の問題)ではなく、自分の性格を変えないといけないようであれば、それは僕には合わないということです。

絶っっっ対にイヤ!!

成功するために、望み通りの自分になるために、ずっと無理な自分を演じなければならないとするならば、それは果たして如何なものでしょうか?

 

本日、Amazonに注文していた「神との対話」のDVDがきました。

観るの楽しみ~。

2011.10.17