昨日のブログの最後の方で

「僕は時に普通の人にとっては科学的に思えることを書くことがあります」

「僕は時に普通の人にとっては非科学的に思えることを書くことがあります」

の間違い(訂正済み)

 

皆さん、金環日食見られましたか?

金環ていうけど、フィルター通して見たらオレンジやんね。

僕たち家族は居間の窓から一つのメガネで交替に見ていたのですが、ちょうど月が太陽に重なった時、居間にオーブの大群がやってきたそうです。

”オーブが降ってきた”そうです。

どうして”そうです”なのかというと、嫁さんとふうさんと慧には見えるのに僕には全く見えない。

くおらぁ、いったいこりゃどういうこっちゃ!!

なんで俺だけ見えへんねん!

こいつら(オーブたち)俺のことバカにしとんかぁぁああ。

めっちゃムカつくぅ。

俺を誰やと思とんねん(笑)

 

日食の終わりとともにそれらは数が少なくなっていき、部屋に残って浮いていたものも徐々に薄くなりながら床の方に降りていって最後は見えなくなったそうです。もうええっちゅうねん、笑)

めだかは水槽の中でそわそわしだし、慧と嫁さんは第三の目のところ(アジナセンター)に痛みを感じました。

僕だけノケモノ・・・・

 

テレビを見ると、旭天鵬が前頭7枚目での平幕優勝。

「20年間やめずにやってきて本当によかった」

おめでとう!旭天鵬関。

破れた栃煌山はガチガチに力が入っていて非常に悔しい思いをしたでしょうが、どちらも”いのち”があるからこそ、その想いを噛みしめることができるのです。

ここで言う”いのち”とは命という意味合いではありません。

存在としての”いのち”ということです。

花道を引き揚げる旭天鵬関の涙よりも、待ち受けていた同部屋の若い衆たちの目からこぼれる涙の方が印象的でした。

 

金環日食見ててもなんか涙出るね。

昨日はセミナーの後、歯科医師会の症例検討会の打ち上げに合流。

ま~た朝起きたらチンチンほり出して寝てました、僕。

なんで酔うたらこんな”いつでもOKよ”、みたいなある意味、戦闘態勢で寝るんやろ?

かんっぺきに交感神経(交わって感じる神経)優位じゃん←アホです(笑)

2012.5.21