よく引きこもりや不登校の相談を母親から受けることがあります。

これまでにも述べてきましたが、純粋な子供ほど規則だらけの社会に適応できません。

小学校はまだしも、中学になると守らないといけないことだらけだし、学習内容もぐっと難しくなりますから、子供にとってはつらいでしょう。

天使の降臨が多い現在、多くの不登校児が出るのはごく自然な現象だと思います。

学校に行けないことがむしろ正常なのであって、不登校というのは学校や我々大人に対する問題提起に他なりません。

 

相談する側は、どうすれば子供が学校に行くようになるか?どうすれば外に(社会に)でるようになるか?を聞いてこられます。

いわゆる対処法というやつです。

これは標準と比べる、あるいは平均的になって欲しいということで、子供をそのまま受け入れるのではなく他の誰かと比べてしまっています。

ここがまず間違い。

そして、不登校や引きこもりはもちろん子供の問題ではあるのだけど、実のところは親の問題であるということを認識する必要があります。

親の育て方に何か問題があったからそれが何か原因を見つけろということじゃありませんよ。

そうすると親が悪者になってしまいます。

もちろん原因は確かにあるのですが、今、問題とすべきはそこじゃないのです。

 

子供の不登校、引きこもりは家族としてその体験をしているということ。

いつも比べられる成績優秀なお兄ちゃんも、偉い大学教授のお父さんも、皆がその子の不登校という体験をしているのです。

だから、最初にすべきは”子供をどうしたら良いでしょう?”じゃありません。

「どう説得すれば学校にいくようになるか?」でもないし、「行きたくないのなら無理に行かなくても良いよ」でもないのです。

あくまでも最初にすべきこと、という観点ですよ。

 

子供は外との関係を断たざるを得ない、そうしないと心が壊れてしまうギリギリのところまで追い詰められているのです。

であれば、子供の言うことを聞いてあげる?

「どうして行きたくないの?」

はたしてそれが最初に親がすべきことでしょうか?

そのように聞いて正直に答えますかね?

 

僕は先日も書いたように娘にスピリチュアル的な話をしてしまいました。

例え霊的な真実を話したとしても、そんなものは理屈に過ぎないのです。

子供が本当に欲していること、それはね、お父さんとお母さんに自分の気持ちを分かって欲しい、ということなのです。

それ以外にないのね。

こういう場合、親はどうしても焦って物を考えがちです。

そうではなく、葉祥明さんの絵本のタイトルにもありますが

”こどものこころを感じてみようよ”

 

子供は自分の気持ちを親に正直に話せないこともあります。

それは、親に心配をかけたくないという気持ち、がっかりさせたくないという気持ち、怒られるんじゃないかという不安感、そういったものがあるのです。

そんな時は、無理に気持ちを聞きださず文字通り感じてみましょう。

こどもの心と同化するのです。

考えてみれば共感ってそういうことだったんですね。

 

僕はヒーリングをしていても、僕がその人の体験をしたわけじゃないし、ものごとの捉え方も違うので共感出来る時はするけど、出来ない時は出来ないというスタンスでした。

ところが、今、ヒーリングをする上でまず最初に来るもの、そして最も大切なもの、それが”共に感じる”共感だということがようやく腑に落ちました。

ケビンがずっと言い続けてきたことが、初めてストンと入って来たのです。

相手のこころに自分のこころを開放してそっと触れてみる。

ヒーラーやカウンセラーに相談したとして、優秀な人たちならきっと子供に共感し癒しを与えてくれると思いますが、さっきも言ったように子供が本当にわかって欲しいのはお父さんとお母さんなのです。

だから、ほら、あなたもやってみましょうよ。

きっとできるよ。

 

子供はある日突然、不登校や引きこもりになるわけではありません。

親の目にはそう映るかもしれないけど、ずーっとつらいのを我慢してきたのです。

もしかしたら保育園の時からしんどかったかもしれない。

だったら親としてやることはたったひとつ。

「おまえのつらい気持ちをわかってやれなくてごめんね。よく頑張ってきたね。話してくれてありがとう」

と言って抱きしめて背中をさすってあげる。

そして「お父さんもお母さんもおまえのことが大好きだよ」と言ってあげる。

まず最初にすべきはそれです

 

そう考えると先日の僕のふうさんへの話はいかにも立派な父親らしくみえますが、非常に理屈の勝った小賢しい態度ですね。

でもあの時の僕には(つい数日前だけど)子供の心を感じることが出来なかった。

今は出来ます。

このブログは僕の人生の記録でありますが、成長の証でもあるのです。

 

今の学校教育のあり方は確かに問題があります。

しかし子供は今、助けを求めているのです。

であれば親がすぐにできること、それは上に書いたようなことじゃないでしょうか?

僕たち親の世代は自分の親にそのようにしてもらったことがあるという人はほとんどいないはず。

でも、だから今、僕たち親がそれを変えるのです。

できます。

必ずできます。

 

その後は子供の傷ついた心が回復するまでゆっくり待ってあげれば良いでしょう。

後のことはなるようになります。

大切なのは今の癒し。

繰り返しますが、不登校になる子供の方が正常なのであって、社会の方が異常なのです。

 

そんな想いを込めて昨晩子供たちが寝る前に、超久しぶりにヒーリングをしました。

ふうさんのヒーリングをしていると、居間の空気がガラッと変わりました。

クリスマスの(25日の)早朝、元日の朝のような非常に澄んだ神聖な場になりました。

するとまた嫁さんにはオーブが見えたらしいのです。

僕には相変わらず見えません。

次に慧のヒーリングをするとまたしても空気が変わり、今度は非常に元気で明るい太陽のような場になりました。

す・る・と・・・・

見えたのです。

壁に掛けてある丸い時計くらい大きなオーブが浮かんでいるではありませんか。

他にも何個か見えましたが、どうやら見る人によって見えるオーブが違うことがあるようです。

こちらの波長によって変わるんでしょう。

 

うちの子供たちは正真正銘の天使だと信じています。

僕なんかとは出自が違うと思っています。

そんな時、その場に天界からオーブがやって来た。

これは僕たちを助けに来たとか、何かを気づかせに来た、とかではなく、

ただその場を光で照らしに来てくれたのだと思います。

この時、うちの居間には天国に通じる階段が開放されたのでした。

2012.5.22