本日は本来予定していたメッセージをひとつずらしてお送りします。

それくらい重要なことです。

今日、「宇宙戦艦ヤマト」の実写版がキムタク主演で公開されます。

これは、はるか昔から決まっていたことです。

この2010年12月1日にこれが上映されるということが、地球誕生以来決まっていたということです。

もちろん、他の可能性もありましたが、残念ながらこうならざるを得ませんでした。

そのおかげで、「宇宙戦艦ヤマト」の生みの親は先日、消去されました。

 

皆さん、もう今だからはっきり申し上げますが、闇の勢力=フリーメーソンという図式は捨ててください。

実はそんな単純なものじゃないんです。

この世界を金と力で牛耳っている人たちの実体は、およそ皆さんの想像つく範囲ではありません。

ですから、もうそんなこと放っておいてください。

彼らは今、最後の悪あがきをしようとしていますが、地球の次元上昇が全宇宙の未来にかかわるので、今あらゆるところからサポートが来ています。

ただし、そのような存在であっても、あくまでもサポートはしますが直接的には手を出しません。

何より、僕たちの自主性が重んじられるのです。

でないと過干渉になってしまうのですね。

出来る限りのことはするが、それでも地球が滅亡するならそれはそれで仕方がない、というのが彼らの基本的なスタンスです。

 

時々、本HPの読者からメールを頂きます。

その多くは、ごく普通の主婦と思われる方々です。

その人たちが、日本の、地球の未来を憂い、何か私に出来ることはないかと模索しておられるのです。

こんなこと、日本の歴史始まって以来のことです。

ですから、もう今回だけは大丈夫、と申し上げているのです。

 

必ずや、孤高の戦艦ヤマトはイスカンダルまで到達し、放射能除去装置を携えて無事、地球に帰還することでしょう。

ただし、現実と違う唯一の点は、波動砲が敵を殺すのではなく、和の精神で包みこむことにあります。

さあ、いざ!

3・・・・・2・・・・・1・・・・・

ヤマト、発進!!

 

おそらく、数年後に皆さんはこのメッセージの本当の意味をおわかりになることでしょう。

2010.12.1