古いタイトルです。

 

はじめに柔道の話ですが、これは15人の選手たちの言うことが正論なのであって、問題は協会の体質なのです。

誰かに責任被せて辞任すれば良いという問題ではありません。

根本的に考え直す時期なのであり、また、そもそも強化委員などという言葉にも今では違和感があります。

スポーツで優劣を争うのってつまらんよ。

何度も言いますが、オリンピックは元々自分の所有している奴隷の比べ合いだったのです。

今だにそんなことやってるのが信じられない。

競馬と競輪は別(なんでじゃ!笑)

 

さて、ザ・シークレット関連の本は今では腐るほど出ていますが、元々のそれは所謂 ”引き寄せの法則”のことでした。

思考がその現実を引き寄せるということですね。

今日お伝えするのはそういうのとは少し違います。

当方はより良く生きるための”How To” 等は嫌いです。

宇宙の理と小賢しいテクニックは別物だと思います。

でもこのことは自分でもホ~と思ったのでこっそり教えちゃいます。

 

例えば、あなたが独身で彼氏いない歴〇年だとして、ある時、あなたの友達に彼氏が出来ました。

紹介された彼を見ると背が高くて今風のイケメンです。

さあ、あなたの心の中は穏やかではありません。

表面上の笑顔と言葉とは裏腹に、腹の中では・・・・

「顔が良くったって、この人フリーターじゃない。絶対に結婚までいかないわ」

とかね、

「この人モテそうだから、浮気の心配ばかりすることになって結局あの子苦労するんじゃないかしら」

とか。

 

要するにあなたは彼を見た瞬間、羨ましかったのに、それが妬みに変わってしまった。

その妬みのエネルギーから自分を守るために、何やかやと否定的な言葉を思い浮かべるわけです。

妬みというのは物事には優劣があるという誤解に基づいています。

羨ましいという感情すなわち羨望というのはごく自然な感情です。

それを否定するからいけない。

 

最初の羨望の感情をそのまま大切にしておけば良いのです。

「わたしも素敵な彼氏が欲しい」

それでいいのよ。

一度そう願ったら、あとは忘れておきなさい。

「彼氏が欲しい」と思い続けると宇宙は”彼氏が欲しい状態”すなわち”彼氏がいない状態”を延々創造し続けるからです。

その時に、よく言われるように、さも彼氏がいるように振る舞うなどとバカバカしいからやめなはれ。

 

僕もお兄ちゃんのように野球が上手くなりたい。

で、友達と野球して遊んでいるうちに気がついたら上手くなっていて、高校野球に出場ってなことになるわけさ。

 

商売上のライバルがいたとしましょう。

向こうの経営は右肩上がりで自分とは話にならない。

ざっくり言えばファーストリテイリングすなわちユニクロ(だけじゃないけど)は、安いけどすぐダメになるし、アジアの人を安い給料で雇って云々・・・・。

そういうことを言ってると、あなたはその低い状態で居続けます。

羨ましい気持ちをそのまま大切にして、自分が最も魅力を出せる状態を作り、企業努力していけば必ず自分なりの繁栄を迎えます。

その時、あなたは気づくでしょう。

ユニクロはライバルではなかった、蹴落とすべき商売敵などではなかったと。

自分を成長に導いてくれ、人々に喜ばれる商売を共にする仲間なのだと。

視点が低かったのです。

 

でね、最近こればっかり言ってるのですが、スピリチュアル関係の本を読んだりとか、誰かのセミナー受けたりとかばかりしているとね、

早い話がスピリチュアルを他人から”学ぼう”などという馬鹿げたことをしていますとですねぇ、

このような気づきは一生自分の中からやって来ないよ。

 

〇〇さんのセミナーを受けたら凄かった。

彼女は光り輝いていて、ハートが温かくなって、ハイヤーセルフと繋がった感じ。

・・・・ハイハイ。

世の中にそのように素晴らしく思えるスピリチュアリストはたくさんいます。

でもね・・・・・

 

あなたが見る世界、あなたのいる現実はあなたの視点が作るのであり、その世界において最も光り輝いて最も素晴らしいのはあなた自身なのだ。

他の人は関係ない。

どのようなセラピストも、どのような聖者も、あなたの世界において、あなた以上ではあり得ない。

あなたはピッチャーマウンドにおり、あなたが投げることでゲームが進む。

セラピストたちは外野であり、あなたを励まし、あなたの打たれたボールを拾うだけなのだ。

エースナンバーを背負っているのはあなただけ。

 

そこを腑に落とさないから、いつまでたっても堂々巡りしてるんじゃないかしら?

 

なんちゃらセラピーを学ぶのも結構、ほにゃらかヒーリングをお金出して習うのもまた結構。

しくゎ~し!

世の中にその手のメソッドなど腐るほどあるのよ。

あなたの学んだのが最強かしら?

他にもっと素晴らしい方法があって、それを教えてくれる先生がいて、あなたが知らないだけだったらどうします?

 

方法論にこだわると、大切な何かを失うよ。

セラピストを求めるのも、グルに頼るのも、ひとつの方法論に過ぎないさ。

”大切な何か”にこだわれば、あなた独自の方法が試行錯誤とともにやってくるかも。

 

本当に賢い人はどうするんでしょうねぇ?

(おおっ!久々に辛辣なブログじゃ。笑)

2013.2.5