僕は他人のブログを見るなんてことはしませんし、なぜ他人の日記を読みたがるのか不思議に思う方なので、最近ではいったい俺は何やってんだろ?と心の中でつぶやきながらブログを書いていたりします。

ここのところ、それ言ったら元も子もないということばかりが頭に浮かびます。

 

もう「シャングリラの伝言」のミッションは終了しているので、ここに書かれていることは僕にとってはすべて過去のものです。

今書いている今日のブログも昨日感じたことなので思いっきり過去のものです。

今のことは僕の心の中にしかありませんし、それは他人に伝えることが(通常)物理的に不可能です(本当はできる)

そして当方のHPに関していまだに新しい読者の方からメールやコメントを頂くので、正直戸惑ってしまうのです。

僕が2年も3年も前に通過したところで何かを言われても返す言葉がありません。

それらが迷惑だからよこすな、と言ってるんじゃありません。

違和感を感じるという正直な感想を述べているだけです。

通過したと言っても、それらのメッセージが古いわけではありません。

ただ幾多のメッセージたちは皆自分の中にあり、みみk

 

常にあるのは”今”であるものの、過去の後悔と未来への不安は正直、僕に付きまとって離れません。

でも”今”なのです。

思考を邪魔扱いされるむきもあるようですが、僕は思考と友だちでいます。

 

これは僕だけかもしれませんが、またしても大きなエネルギーの波の変化を感じます。

毎年そうなのですが、誕生日を過ぎて2月の後半くらいから何かが始まります。

さて、当初の予定を少し変更して最近の世間での出来事に関して僕の思うところを記してみたいと思います。

ま、適当に読み流してください。

 

(体罰による自殺問題について)

顧問の懲戒免職に次いで校長が更迭されました。

何らかの責任は負うべきでしょうから仕方がないのかもしれません。

しかし、問題の根本はそこではない気がします。

桜の宮高校というスポーツで有名な学校があり、そこに行きたい、そこに行かせたい、と望む親子がおり、そういう人にどんどん来てもらいたいと学校のカラーを打ち出す運営者がいる。

その状況において、体罰は別としても厳しい指導はむしろ望むところ。

そう、皆の望むところだったはずなのです。

僕はこの話にナチス・ドイツを重ねてしまいます。

あれも国民の望むところとして出現したのです、元はと言えば。

要するに勝つことが優先されるスポーツなどクダラナイという話。

そこに集まる人全員が自分の意識の持ちようを考え直すべきでしょうね、本当の問題が何かを知ればですが。

 

なお、桜の宮高校の生徒に嫌がらせをするような輩は下の下の下ですな。

人間のクズと言えましょう。

福島の人たちを差別するような人も同類。

でもそういう日本人が少なくないのも悲しいかな事実。

 

(レスリング落選の話)

IOC理事たちの裏側で何が行われているかは知る由もありませんが、不正があるとするなら、いずれ必ず白日のもとに晒されることでしょう。

五輪精神は何処へやら、完璧に金儲けの道具になっています。

まだ国の威信を賭けて選手同士が戦うって方がマトモな気がするけど。

そもそも野球やサッカーのようにプロスポーツとしてきちんと成立しているものを五輪の場でやる必要性が僕にはわからん。

 

2020年東京五輪誘致の話は、これは絶対に無理だと思う。

決定的な要因は原発による放射能汚染です。

海外の人たちはそれがどれだけ深刻かわかっており、日本人だけが知らされていないという現状で、こんなところに世界中の人が来るはずがない。

東京都民の無関心など全く関係ありません。

 

(中国人観光客減少?)

あまりのマナーの悪さと、ツアー料金のしつこい値下げ要求に嫌気がさした旅行会社は、徐々に手を引いているようです。

様々な大手や中規模の会社も人件費高騰により、工場を東南アジアの他の地域に移すことを考えています。

でもわたしは言いたい。

中国という広大な市場、つまりは中国人がお金に見えた日本人こそ下衆いのではないか。

経営は常に拡大成長を続けないといけないという妄想から来ているのじゃないかしら。

 

(無題)

グアム島の事件は痛ましい限りです。

以前はこういうのは、過去世において加害者と被害者が入れ替わっていたんだよと言っていました。

最近は変わってきている気がします。

単に偶然にそこに居合わせてしまったということです。

物事は一瞬では切り変わらないので、徐々にカルマちっくなのから変化してきているのでしょう。

海外で起きた事件に関するニュースでいつも心に引っかかるのは、「これに関して日本人被害者は・・・」と日本人の事ばかり報道することです。

もちろんまずはそこなのでしょうが、なんか日本人さえ無事だったら他の国の人たちはどうでもいいみたいに聞こえて仕方がありません。

 

(最後に超どうでもええ話)

昨日、M先生の後に嫁さんと久しぶりにランチに訪れた高島屋ダイニングメゾンにある居酒屋さんぽ。

そこで吉本のガリガリガリクソンを見ましたぁ・・・・。

 

(まとめ)

すべての事象は我々一人一人の意識により引き起こされています。

もし望むような世界でないのなら、自分の中に何か矛盾するようなものがないかチェックするべきでしょう。

平和な世界を望みながら、子供にスポーツをさせているのなら、それこそ矛盾ってものです。

いきなりスポーツがダメで、運動が良いのよってのも無理があるでしょうが、スポーツも勝敗にさしてこだわらずに楽しむということは可能だと考えますが如何?

 

「シャングリラからの伝言」の目的は”より良く人生を生きるために”です。

人が往々にして間違いやすいのは、いや、必ずと言っていい位間違えるのは、手段が目的化してしまうことです。

医療にしてもそうでして、医療のための医療になりがちです。

スピリチュアルの場合も、メッセージは幸せに生きるためにあるはずなのに、到底幸せには見えない人がスピリチュアルを語っているのを目にするにつけ心の中で嘆息が出ます。

僕たち行動が伴ってナンボなのよ。

メッセージはあくまでもメッセージ。

 

ほんでね、ええ加減バレンタインと恵方巻きというバカバカしい習慣は止めたらどうなの、日本人は。

2013.2.15