本日は朝から夕方まで歯科医師会館で奈良県臨床歯科医学大会という大層な名前の学会が開かれます。

中身は奈良県歯科医師会会員と奈良県立医大の歯科口腔外科のジョイントで、各々希望者が発表するというものです。

開業医にとっては非常にお手軽に発表できる場ですし、県の会員と医大の交流を図る意味でも意義深いものではあります。

まあでも、僕にとっては学術委員の仕事の中で一番ダルイかな?

 

以前お世話になった、名張のお産処を考える会の菅井さんからメールが来ました。

池川明先生の講演を主催なさった方です。

あれ以降、どんどん人の輪が広がり会の核もしっかりしてきて、順調に動き出しているそうです。

菅井さんは非常に活動的な方なので、そのパワーが人を動かしたのかもしれません。

とにかく行動あるのみ、というメッセージそのままを自然に実行されています。

まあ、元々そういう人なんですけど。

これが全国に広がっていけば、「幸せなお産」というのも決して夢物語じゃなくなってくるでしょう。

なんだか、嬉しくなってきますね。

 

自分はそんなに積極的なタイプじゃないというあなた!

皆が活発に動いたら、それはそれで収拾つきにくくなります。

だからそれぞれに役割があって良いと思うのです。

まずは小さな輪を作る。

渉外が得意な人もいれば、裏方が好きな人もいる。

でも皆が合わさって素晴らしい力を発揮する。

その小さな輪がいくつか集まって、時折大きな輪になる。

その大きな輪がいくつか集まって、日本中がひとつの大きな輪でつながる。

そしてそれが・・・・・

 

ワンネスの日も決して遠くない気がします。

 

日本の中の三重県というマイナーな県、その中の名張というまたまたマイナーな町(失礼)。

そこから発信しているのが素敵なこと。

もちろん僕が知らないだけで、こういった動きは今や全国的にあるのでしょう。

すごいよね。

 

いま、なんとなく頭の中にあること。

せっかくこんなブログ書いてるんだし、来年、2012年になったらおごそかに「Shangri-la Meeting」でも開こうかな。

いわゆるオフ会。

伝えるべきことは全部ここに書いているので、その時に何か特別なことって喋れないと思うけど、好きで読んでくださっている人々に集まってもらう。

僕が中心とかじゃなく、みんなが大切な核。

そんな感じでならやってみてもいいかなぁ、とおぼろげに思っています。

やらないかもしれないけど。

 

最近の当HPのアクセス数は平均450(ダブルカウントはされません)

多い時で550ほど。

ページ数で1000~1300くらい毎日読まれています。

有名ブロガーさんと比べると足元にも及びませんが(え?他人と比べるなって?笑)。

1日10万アクセスとかってあり得へんしな。

もっとたくさんの人に読んで欲しいという気持ちと、でも500人近くの人に1日1000ページ以上読んでもらってるなんてスゴイことだという気持ちと両方あります。

羨望と満足と感謝。

その中で固定の読者というのがおそらく150人くらい。

この方たちが僕の受け持ちというか、縁の濃い人なんでしょう。

 

巷で騒がれている2012年に突入するにあたって、お互い顔を合わせておくのも悪かないかな。

その際にはここで告知しますのでヨロシク。

 

久々にこの言葉を書きますが、僕はすべての叡智が皆さんの中にあるのを知っています。

あなたがご自身の真実とともにありますように。

2011.11.27