よくこれだけ毎日書くことあるもんだと思いつつ、明日はネタがないから休もうかと思っていた昨日、なんなりと出てくるものですなぁ。

犬は歩いて棒にあたりますが、カッパが歩くと天使に出会います。

 

一応報告しておくのですが、おそらく昨日のジャパンカップダートは的中したはず。

開催日じゃないとパソコンでJRAの自分の投票履歴にアクセスできないのです。

といっても、1,2番人気がからんでいるので3連単で6180円の安い配当。

当たりました!というのもはばかれるくらいです。

 

今年のJRAのテーマというのがあり、それにのっとってG1の勝ち馬は決められています。

昨日勝ったトランセンドは強いからとか、1番人気だからとかいう理由で1着になったわけではありません。

ただ今年のテーマの必要条件を満たしていたというだけの話です。

だから昨日の馬券ではこの馬は連対必至(1,2着をはずさない)でして、あとは

エスポワールシチー(2番人気) or ヤマニンキングリー(3番人気)

VS

ワンダーアキュート(5番人気) or ダノンカモン(4番人気)

という決着しかあり得ないという結論で臨みました。(その理由は内緒)

結果、1着 トランセンド

2着 ワンダーアキュート

3着 エスポワールシチー

となり、僕が秘かに願っていた1着ヤマニンキングリー2着トランセンド3着ダノンカモンというちょっとした穴馬券にはなりませんでした。

嗚呼、当たってもなんかウレシくねぇ。

あとは2012年のアセンションに向けて、有馬記念で一世一代の大勝負です(←バカ)

 

小倉競輪祭の方は奈良競輪場で場外車券を買いましたが、つごう8レースやって全部ハズレ。

前橋競輪と小倉競輪のふたつはドーム型の競輪場でして、選手は風の影響を全く受けません。

ですので、先手を取ったものが圧倒的に有利で荒れにくいのです。

基本的にこういう(穴が出にくい)の嫌いです、僕。

優勝は競輪界の財テク男こと長塚智広(茨城)ですが、元スピードスケート選手の武田豊樹の強さが目立ったレースでした。

ところがここで僕は、ほとんど1点100円ずつしか買わないという、まるで年金で競輪やってるジジイみたいなことしてましたので、被害はそれほど大きくありませんでした。

嫁と子供たちは、友人宅でクリスマス会をしており、まあ西塔家の平和な日曜日であったということです。

 

その後、近鉄西大寺駅近くにある「ゆるり」という蕎麦屋さんに久しぶりに行ってみたら珍しいことに休み。

仕方なく奈良に帰り、JR駅下にある同じ名前の「ゆるり」という飲み屋さんで再読中の加治将一氏の本を読みながら、季節限定の”あらばしり”やら”にごり酒”などを飲んでました。

どうしてもちょっと蕎麦が食べたいと思い、同じくJR奈良駅前の「雄町」という手打ちそばのお店に。

1200円で少しミニサイズの蕎麦がお好みで2種類組み合わせて頼めるセットがあるのですが、ミニサイズとはいえ半分ではなく各々6割位の量があるのでお腹パンパン。

冷たい納豆蕎麦と温かい山かけ蕎麦を頼みました。

 

ここはご夫婦でやっておられますが、娘さんが1歳になったばかりなので着物に割烹着姿の女将さんがおんぶ紐で背中に背負っておられます。

実咲ちゃんというその子はすごくその時機嫌が良くって、「バァ」とかってこちらに向かってしゃべってくるわけです。

僕は当然1歳の子であってもきちんとした人格として扱いますので、心の中で「どうも~。あなたが起きてる時にこうやって会うの初めてやね」などと話しかけると彼女は益々上機嫌になっていきました。

そしてレジでお勘定をしている時に、実咲ちゃんのホッペを触ったり、左手を触ったりしていました。

お釣りを財布にしまおうとしたその時、実咲ちゃんが何をしたかというと、左手の人差し指を一本だけ伸ばし、あとの指はすこ~し握って、1(ONE、ひとつ)という形を示したのです。

これにはたまげました。

帰りの道すがらウルウルっときたもんね。

でも考えてみれば、まだ言葉をしゃべれない実咲ちゃんが僕に何らかの合図を送るとしたら、それしかないんですよ。

すごいよなぁ。

 

夜、テレビでニコラスケイジ主演の「ノウイング」という映画を観ていると、その最後の場面で宇宙船に乗り込もうとしている息子役の少年が人差し指を出して、「パパと僕はひとつだよ」というようなサインをしていました。

「おおっ」と思うわけ。

 

本日、夜10時よりBSのTBSにて加治将一氏が坂本龍馬について語られます。

どうぞ皆さんご覧になってください。

僕とこ、BS映りません・・・・・。

2011.12.5