このブログを書いていてすごくうれしいメールを頂くことがあります。

最近では「いつも幸せの種をまいて頂いています」というのもそうですが、

「大切なことを思い出させてもらっています」というのもあり、これが何よりもうれしい。

「いやん、わかってはるやないの!」と思うわけです。

 

でも一方で、「幸せの種をまくなんて言っちゃって」、云々

という超否定的なメールもたまにあります。

おそらく、その全文をここに載せたら、読んでる皆さんが頭ブチ切れるくらいの内容が来るわけです。

例外なく人生の泥沼にはまっていて抜け出せない。

「ここはと思ったのに、な~んだ!

神とか、すべては自分が選んできたとか、

いい加減にしてくれっ!!

こんな人生、俺が選ぶわけないし、神様なんて言うヤツみるとムカつくんだよっ!」

ってな感じです。

わたくし、あんまり気が長い人間じゃないので、こういうメール見ると「ワレ、ボコボコにしばいたろか、カスッ!」と思ってしまうのです。

あくまでも思うだけですが、ええ人でしょ(笑)

でも、メールでは大人の対応を心掛けております。

 

昨日もくどい位書きましたけど、僕は宇宙の理、法則しか書いていません。

神様という言葉に嫌悪感示すのはちょっと横に置いといて、その他のことはそれが真実なんだけど認めたくないのなら、認めない現実をその人が経験するだけです。

当サイトを否定する100%の人が、書かれている内容をすべて読みません。

「こんなの読む気がないんだ!」と言います。

アホちゃうの?

 

あなた、苦しいんでしょ?

中途半端に読んだふりして人を判断しておいて、それはないだろう?と思うというか、そんな人は相手にもできません。

かかわりたくないので、「当サイトではあなたのお役に立てないと思うので、どうぞ他を当たってください」と返信するわけです。

「シャングリラからの伝言」が万人を救うと思ったら大間違い。

これはあくまでも法則集です。

それをどう活かすかで物事決まってくるので、問題は活かす人間の方にかかってくる、というのが僕の言い分。

だいたいが、「幸せの種をまく」のであって、「幸せにする」んじゃないからね。

 

今、あなたが1万メートルのトラック競技に参加しているとしましょう。

何週目かであなたは力尽き、地べたに這いつくばりました。

でも何とか完走はしたい。

ところが横を他のアスリートたちが駆け抜ける。

そのうち周回遅れになる。

周りの観客の声援が自分を応援しているのだか、自分を嘲っているのだかわからなくなる。

 

あなたは這いつくばりながらも、少しずつ前を向いて進んでいきます。

もう立って走る元気はない。

でも先ほどの状況を考えた時に、正直言って投げ出したくなる。

こんな自分の姿が恥ずかしいし、とっととこんな舞台から退場したい。

こう考える多くの人間がトラックから消える、すなわち自殺を選択します。

で、どうなると思いますか?

 

あなたは根っからのアスリートです。

せっかくオリンピックに出たのに1万メートルのトラック競技で棄権した。

次にあなたはどう考えるでしょうか?

そんなもの、もう一回チャレンジするに決まってますよね?

で、もう一回チャレンジしたらどうなるのかと言うと、また、同じ場所周辺で力尽きるようになっているのです。

どうします?

言っときますけど、あなたは前回棄権したことなど忘れてるんですよ。

ていうか、前回の棄権もその前の棄権を忘れていたからこそできたんです。

いつまでやるの?そんなこと。

 

だからね、もう一度よく考えて欲しいのです。

這いつくばって、ヨチヨチ歩きのようにトラックを進むのはそれは屈辱でしょう。

でもそれは、他の選手がいて、自分たちを見ている観客がいると思っているからですよね。

それらがすべて、幻想だとしたらどうでしょう?

言ってる意味わかります?

 

自殺したけりゃすればいい、というのが僕のスタンス。

そのかわり、絶対に前には進まないよ、ということを言っておきます。

トラックを這いつくばってでもゴールを目指す選手を誰が笑えるでしょう?

でもそうやってでも、とにかくゴールしない限り状況は何も変わらないのです。

 

僕がこう言うのもなんですが、まずもって僕自身が生きる証拠です。

そして今の状況に抵抗せずに、這いつくばってゴールをめざしていると、気がついたらそんなどころじゃなく、わたしは堂々と胸を張ってテープを切っていた、ということになる。

そのような報告が次々と来だしています。

本当ですよ。

どうか、自分を信じて、前向きに進んで頂きたい。

そうすれば自ずから道は開けます。

開けた道を堂々と進もうと思うから、間違うのね。

そんな道ないの。

あなたが行くところが道になるんだから。

ベタに決まった気がする、今日この頃。

2011.12.16