え~、スピリチュアルやってるやつの中には、いまだに闇の勢力とか世界の裏事情だとか言ってるスカタンがいます。

当ブログもそういうこと書いていました。

これね、知った当初は確かに驚くし、「え~!?そうやったの?」と思うわけです。

それで知ってることがちょっとした自慢で、他人にしゃべったりなんかするわけね。

聞いた方も驚くからこちらはうれしくなっちゃうわけです。

確かに、そうした事実があることは認めますが、もうそんなことを知る必要もないだろうというのが僕の考えです。

 

世界の裏側で暗躍する人たちの存在をただ認識するだけなら良いのですが、どうしたって人はそこに怒りや蔑み、不安や恐怖を抱いてしまいます。

これがダメなんですね。

そうすると相手はますます強くなってしまうのです。

こういうこと好き好んで書いている人で中丸薫という女性がいまして、以前は何冊も必死になって読んだのですが、今となっては彼女の僕の中の評価は最低ランクです。

一応お断りしておきますが、他人を否定しない、批判しないというのはそうなのですが、相手がオピニオンリーダーの場合、僕は違うものは違うと述べます。

 

これからは嘘や誤魔化しが効かなくなるので、福島原発事故にしたって結局はすべてが明るみに出されます。

だからあえて社会構造の裏側に興味を持つ必要もないと申し上げたい。

 

僕の経験上の話をしましょう。

かつて大学の医局でのはねっかえりだった僕は、気配りの出来ない男というレッテルを貼られたことがありました。

何かのきっかけでそういうことを言われだしたのだと思うのですが、一度こういうレッテルを貼られると、こちらとすれば身動きできなくなるんです。

つまりごく普通に気配りをしようとしても、わざとらしく受け取られるんじゃないかと思うと身体が動かない。

そのうちだんだん本当に気配りの出来ない男になっていく。

実はこういうことって日常生活で頻繁に起こっているんですよ。

気が付いていないだけです。

最もよく見られるのが子育てでの場面。

 

犬だってね、毎日「タマ」と呼ばれていたらそのうちニャンと鳴くようになります。

人間だってそうなのです。

 

いつまでも利己的で物質主義の人、そういう人が裏側で暗躍するわけですが、その人たちをそういう目で見ると、世界は何も変わらない。

彼らがそうあるというのが問題ではなくて、彼らをそう見るのが問題なのです。

彼らもワンネスの一側面。

ただ、テロや戦争、虐殺もワンネスの一側面なのか?と問われると大変につらいです。

つらいですが、そうであるとしか答えようがありません。

僕の中ではそれらはすでに概念と化しつつあります。

他人事だとか無責任だとか言わないでね。

そういう意味ではないのです。

 

苦しんでいる人を助けたいと思う気持ちは人として当然でしょう。

でもそれをその人が覚醒していないからだとか、〇〇を知らないからだとか、ディクシャを受けていないからだとか見ないで欲しいのです。

そう見るとその人が劣った人になってしまいます。

そうではなく、その人は確かに苦しんで入るんだけれど、それでもなお完璧なのだと見ることこそが重要なのです。

何度も言いますが、助けを求められたら癒してあげてね。

あくまでも求められたらですが。

 

患者さんでもそうでして、問診票やその人の出しているエネルギー、口の中の状態(特に唾液の性状)、会話などからその方の大まかな人生がわかるわけです。

本人は気づいていないけど、こういう感情を押し殺してるな、とかね。

それできっと身体のこういうところに問題が出るやろうなと思って問診票見たり、本人に聞いたりすると、ああやっぱりそうや。

その関連付けが正しかったことで僕は自分の中でちょっと自慢げになり、だからあなたそうなのよ、みたいに裁いてしまっていました。

あくまでも以前そうだったという話。

 

今はね、そういうことなくなりました。

関連付けまでは必要があればやるけれど、あとはそこを裁くのではなく完璧性を見るだけ。

これは愛とも言えるかもしれません。

だんだんそんなふうになってきて、少しは成長したのかな、と思う今日この頃。

本日は一日、大阪歯科センターにて見学。

2012.1.12