このホームページのタブーというか絶対についてはイケないところ・・・・・それは、サイドメニューとブログと書いてある内容どう違うねん?ということ。

それだけは聞かないでね。

一応、絵というか写真がないと花がないということでブログを書き始めたのですが、なんかそれも日記というよりメッセージになってしまって、どれもこれも区別がつかなくなってしまいました。

 

昨日テレビでやってた「Always 三丁目の夕日」

あかんわぁ、これ。

やっぱり泣いてしまうやんか。

 

戦後、物も価値観も何もかもがなくなって、ようやく復興し始めた昭和30年代。

どん底を経験しているから、皆が、これから自分はどんどん良くなっていくと漠然と感じていたあの頃。

物も生活も経済も社会もすべてが上向くしかないと思っていたあの頃。

自分はこれからどんなものにでもなれると期待していたあの頃。

子供の目は澄んでおり、人々はまだ義理や人情で動いており、皆が助け合っていたあの頃。

 

そして、今・・・・・

 

この・・・・・のあとにあなたは、どんな言葉を継ぐでしょうか?

 

ずいぶん前に書きましたが、人は太古の昔から変わらないのです。

新人類と言われた人が年をとって今、若者をどう見ているでしょうか?

どの時が良かったの?

どの時代の人間が本当の姿なの?

僕はね、やはり本質は変わらないと思うのですよ。

今が悪いわけじゃないのではないでしょうか?

 

でも確実に変わっているものもありますよね。

人々の意識は明らかに目覚めてきている。

視野は拡大し、より高い視点からものを見るようになっている。

 

そう、そして新しい未来へ。

故きを温ね、新しきを知る。

その中で変わらないもの、そして変わりゆくもの。

でも本当は変わらないんだよなぁ。

思いだすだけだもん。

2012.1.14