今、ちょっと考えていることがありまして、それは「新・シャングリラからの伝言」(別に”続”でもいいけど)を大手出版社から出せないだろうかということです。

もう手元にはあと5冊くらいしかありません。

ネットで販売されている分もそんなに残ってないんじゃないかな。

今度は自費出版ではなくて、マジでベストセラー狙いますよ。

お金とか名誉とか全然興味ないのですが、今年、たくさんの人に読まれる必要があると直感で強く感じるのです。

例によって2級天使の柴田氏に相談したところ、出版プロデューサーみたいな人を紹介して頂きました。

この話も、ドえらいシンクロがあったりするのですが、近いうちに詳しくお話しましょう。

最初の本を買った人も当然ターゲットですから、新たに加筆修正します。

きっとうまくいく気がする。

 

もひとつ、これは診療所の設備投資の話なんですが、現在、政策金融公庫に借り入れの申し込みをしております。

現在公庫にある借入金の内、すでに返済した分の範囲内で再度申し込んだわけです。

何の設備かは、融資がおりたらお話します。

でも、これもなぜだか、きっとうまくいく気がする。

というか確信を持っております。

サニチップ.jpg

先日、診療台に付属しているスリーウェイシリンジと呼ばれるものの先を、ディスポーザブル(使い捨て)にしました。

サニ・チップといいます。

一個20円かかるのですが、清潔さを届けていると思うと非常に気分がよろしい。

なんか最近、ワクワクすることが増えました。

月曜は体調に問題あるかもしれないので、火曜日あたりには面白いブログをお届け出来るかな?

清美公社.jpg

写真は奈良市環境清美公社の煙突。

木曜日に行った障害者福祉施設「みどりの家」の駐車場から撮影したものです。

この煙は吸ったら健康によろしい事この上ない類のものであります。

こういうものが近所に出来るとなると皆さんそりゃ反対なさいます。

この煙を見ただけで、顔をしかめるお母さん方もいることでしょう。

でも、これって自分たちが使って廃棄したものを焼却してるんだけどなぁ。

使う時には恩恵受けておきながら、燃やす段になって目の敵にするってえのは、どうなんでしょう?

仲川げん市長は、閉園したドリームランドの跡地に斎場(焼き場)を移転させることを考えているようです。

近隣の人たちは、当然反対するわな。

でもね、人が尊いいのちを生きて、旅立ったあとの亡骸を焼くのって、そんなに不潔?そんなに縁起悪い?

僕にはその気持ちがようわからん・・・・・。

2012.3.31