え~、こんなエエ話こんなとこでしてええのんかしらん?と思うのですが、他に書くことないので書くのであります。

 

と、その前に。

僕が大大大大大誤解していたことがあります。

それは(セルフアイデンティティ)ホ・オポノポノについて。

あの四つの言葉って、僕はずっと宇宙とか神とかに言うものだとばかり思っていましたが、あれ本当は自分自身に対して言うんですね。

であれば納得です。

以前ブログでご紹介して、本にも載っている”癒しの言霊”と対になる言葉だから。

”癒しの言霊”はハイヤーセルフ、内なる自分からのメッセージです。

ホ・オポノポノは内なる自分へのメッセージです。

ということで、ハキハキもの言う代わりに、間違っていたら潔く訂正する。

橋下徹大阪市長のごとしであります。

 

で、本日のお題である壁を打ち破る話でございます。

 

僕たちはいわゆる過去世というのを身につけておりまして、それが生まれ変わりみたいに考えられているわけですが、実態は微妙に違います。

例えば僕が生きて死んだとしましょう。

その時に、生まれる際に身につけてきた過去世プラス今回生きた生というのがあります。

今回生きた生というのは、宇宙の過去世洋服ダンスにしまった瞬間からそれも過去世となります。

そして僕は何の色にも染まっていない、ただの光の玉(無色透明の魂)に戻ります。

 

が、往々にしてもう一回さっきの人生をやり直したい、もっと別の創造(アプローチ)ができたんじゃないか、と思うのですね。

その時、先ほど生きた人生の記憶は離さずにそのまま保持し、他の過去世のバリエーションを変えるということをしたりなんかします。

これが、人は何度も生まれ変わると誤解されている理由であります。

 

本当は個別の魂などありません。

皆同じです。

ところが、僕の今生の記憶を持っている魂が次に生れると、さも僕が生まれ変わったみたいになってしまうのね。

 

で、僕たちはですね、もう何千年何万年も、こういった輪廻転生を散々やり尽くしてきたわけです。

もういいのよ、こういうの。

あらゆる体験はほとんどしちゃったわけです。

他人を許せない気持ち

孤独ってどういうことか

裏切られる時ってどんなかしら

愛する人を失うのは  etc.

 

ぜ~んぶ、もう十分という位やってきたのです。

そのようなネガティブな感情を味わいながら、その向こう側にある真の愛を知る、というのはもうええんです。

今、この2012年4月からは(たまたま僕が気づいたのが4月なだけですけど・・・・)、そのまんまでOKなんだけど、あなたはあなたのままでOKなんだけど、全部理解した上で、あえて殻を破ってみませんか?ってことになってるみたいよ。

 

そう、宇宙の法則を腑に落として、自分にも他人にも正直でいて、シンクロニシティを呼び込み、それと同調した上で、全部わかった上でネガティブな部分をぶち破って前に突き進んでみるのです。

失敗したってかまやしません。

今はすぐに次のチャンスがやってきます。

というか、失敗なんてものはないんだから。

自分の魂の癖を克服し、さらなる高みへと自分の世界を創造していくのです。

魂の癖と言いますが、純粋な魂は癖などありませんので、過去世の記憶にくっついているようなものだと思ってください。

そして、あせりは禁物。

人により現実化のスピードは違うので、きちんと着実に、起こっていることをよく見極めて進む必要があります。

 

生きているうちに、次のステージへと行く。

これからはそういう世界です。

 

生まれつき金持ちなら、経済的に豊かであることがわかりません。

だって、最初っからそうなんだから。

生まれつき貧乏なら、経済的に豊かであることがどんなことかは、頭ではわかります。

そして金持ちに成りたいのに、成れないから葛藤があるわけです。

今までは、それを通して真の豊かさとは何かを知る、ということを延々やってきました。

これからは生きてるうちに豊かになるのです。

それも経済的にも豊かになり、心も豊かになるのよ。

 

あの人が羨ましい、あの人のようになりたい、こういう羨望やあこがれというのは大切です。

それは願いになり、宇宙へと届きます。

ただこの時に人はどうしても、その人と自分とを比べてしまって自分が劣っている、足りないところがあると思ってしまうのです。

そうすると宇宙はあなたのその考えをコピーしますから、いつまでたっても不足したままということになります。

 

そうではなく、自分は今のままで完璧なのだ、今この瞬間の経験をするだけなのだとわかっていれば、経験なんて人により違うわけですから、貧乏だろうが何だろうがジタバタせずにおれます。

その中で本当の豊かさに気づいたのなら、今度は本気で豊かになってみましょう。

豊かさを目指して頑張ってみるのです。

敢えてね。

お金はこの場合、後から確実についてきます。

金持ちとまではいかないかもしれないし、億万長者になるかもしれませんが、本当の豊かさを手中に収めるでしょう。

必要な時に必要なだけ手に入る。

家が欲しけりゃその分だけ手に入る。

海外旅行に行きたけりゃその分だけ手に入る。

いいじゃないっすかぁ~。

 

あこがれの状態というのはそれでいいのだけれど、そこに至る過程や時間はこれは違って当然。

世間ではこの時に、成功者の真似をしろと言いますが、これが誤解を招きやすい。

彼らは宇宙の成功法則を自然と実行しているのであり、本を読んだりセミナーを受けたりして、無理な自分を演じるとそのうち破綻します。

経済的に成功しても、霊性が欠如することもあります。

大切なのは霊性と現実性(物質性)の両方のバランスがとれることです。

 

どのように努力すれば、どのように頑張ればいいのでしょう?

どうすれば自然に壁を破れるのでしょうか?

そろそろ、書くのに飽きてきたので続きは明日。

2012.4.6