今日は天神祭ですね。

今もテレビ大阪で生中継をしており花火があがっています。

僕の先輩が人形船講というのに昔から関わってられて、僕自身も何度か船渡御に参加したことがあります。

船に乗って自分の頭上で花火が炸裂するさまは圧巻でした。

 

ところで僕は今日、大阪まで歯科の材料屋さんが主催するデンタルショー(様々な歯科器材を展示販売する)を見に行き、それと併催されたセミナーを受講してきました。

ひとつは感染予防についての話で、もうひとつはオーバーロードつまり”歯ぎしりやくいしばり”の話でした。

感染予防に関心を払っていない歯科医院はないと思いますし、それをホームページの謳い文句にしているところもたくさんあります。

しかし、現実問題としてそれを完璧にしようと思うと非常に時間とコストがかかるのでどこまでを許容範囲とするかが非常に難しいのですが、少しでも安全な歯科治療を行うために改善できるところはどんどんしていこうと考えています。

また、投稿論文のところでも紹介していますが、20年くらい前から咬み合わせと虫歯の関係について考慮しながら治療をしてきたのですが、今日の講演でその僕ですら少なからず衝撃を受けるような新しい臨床データをみせてもらいました。

今さらながら、咬みあわせって奥が深いですね。

さて天神祭というタイトルとは全く関係がないのですが、今日大阪行きの電車の中でめちゃくちゃ久しぶりに詩が頭に浮かんできたので披露いたします。 (英訳についてはあまり自信ありません)

おお わが愛しき子供たちよ

そろそろ忘却の園から出る時が来た

自分の そしてこの世界の

本当の姿を見るがいい

この世界は今のあなたが考えるより

はるかに素晴らしいのだ

そしてあなたも

Oh,my dear sons and daughters

Now it’s time to go out of the ”forgotton palace”

See the real state what this world is

and whtat you are

This world is much more splendid than your recognition

And so you are

2010.7.25