これは、3年くらい前に書いた日の目を見なかった「シャングリラの伝言」からの抜粋です。

 

人間関係の基本は言うまでもなく親子関係です。

ですから自分が幸せになってより良く生きようとすれば、親子関係を整えることが大変重要で、そこが滞っているとなかなか人生がスムーズにいきません。

ところがこいつがなかなか難敵で、それがすぐに解決するくらいだったら何も苦労しないのです。

さてどうしましょう?

 

僕の場合で言うならば、親は親なりの様々なトラウマを持っていて、内面深く入っていけばやはり苦しみを抱えており、自分の人生を模索しているということが今はわかるのです。

そして親がいてくれたから、自分が体験したい世界に生まれてくることが出来たということも理解できるので、僕の親のことも、その親に反発してきた自分のことも今は許せるのです。

それでも親はまだそんなことに気づいていませんから、相変わらず頭にくることを言ってきます。

そこで僕は子供なりの愛で包もうとするのですが、徒労に終わることしばしばです。

そして「もういいや!」と投げ出したくなるのです。

 

でも、そんな僕の心の中をよく見ると結局、自分はすべて理解していて親は何も分かっていない、だから僕がそれらのことを教えて親を変えよう、良くしてあげようと考えているのがわかります。

これ絶対無理なのですよ。

何故なら親は変わろうと思っていないし、その必要さえ感じていないからなのです。

そして僕の親はその状態で生きることをまさしく選んで生まれ来ているので、そのままで完璧なのです。

僕がしようとしていることは、ただ親が自分にとって都合のいい親でいて欲しいと思ってしていることなのですね。

 

これはすべての人間関係の上で大変重要なことなのですが、相手に絶対に期待しちゃダメですよ。

期待するのはあなた。

でも相手はそのように生きたくないかもしれないのです。

その時にあなたは裏切られたと感じます。

あなたもこれまでにたくさん人の期待を裏切っているにもかかわらずです。

例えば、あなたが夫婦そろって一流大学の出身だとしましょう。

そしてあなたの息子も有名進学校のトップクラスで、まずあなたの母校に合格間違いなしとの評価です。

ところが、受験してみると不合格でした。

あなたは落胆します。

落ちたのは息子であってあなたではないのに。

そして「お前には期待していたのに、がっかりだ」とつい言ってしまいます。

あなたは当然息子さんが自分と同じ一流校に合格するのを期待したのでしょうが、息子さんはそういった状況の中で受験に失敗することにより、一時的に挫折するという人生設計で生まれてきたのかもしれないわけです。

ですから人に期待することほど無駄なことはありません。

 

相手は変わらない。

そしてあなたも変わらない。

それで完璧なのです。

親の言うことに腹が立ったのなら、言い返せばいいんです。

根本のところで愛があれば何をしたってOKなんです。

自分がやろうとしていること、そして親がやろうとしていることの本質をみつめてください。

ただそれだけで人間関係は変わっていくはずです。

 

~~~「人間関係を整える」というのは、バガヴァンのワンネスムーヴメントの中で頻繁に言われることです。

しかし普通、そう聞いたら人間関係がすべてうまくいっていないといけない、と考えますよね。

親とも良好な人間関係を築いていないといけないと思うわけです。

そうでないとディクシャの効果は薄い、プレゼンスの恩寵は少ないという言われ方がされてきました。

これが、どれだけ多くの人を苦しめてきたか。

なぜならそんなこと簡単に出来たら、そもそもディクシャなんか受ける必要がないからです。

今は同じことが少し詳しい説明と共に語られています。

「人間関係を整える」とはまさにここで僕が書いたように、相手を変えようとせずにそのままの状態を受け入れること、だそうです。

それをしないと覚醒のプロセスの進行が遅いんだそうです。

実はこれも間違っています。

誰がなんと言おうと間違っています。

つまり、ディクシャの効果として自然と相手を徐々にそのまま受け入れられるようになる。

でも、やはり腹が立つときがあるので、そういう時は言い合いになるし、落ち込んでしまう。

そのようなことを繰り返しながら少しずつワンネスへと近づいていく。

これが正解です。

何かの条件が満たされないと覚醒が進まないということはありません。

自分で何か努力しようとするのをやめた時に、プロセスは一気に進行するのです。

つまり人間関係を整えないといけないと思っている限りは逆効果だということです。

バガヴァンも含めて実に多くのトレーナーの方がここを誤解しているか、少なくとも皆への伝え方がよろしくありません。

無理やり親を敬うような姿勢をとったって嘘臭いでしょう。

プレゼンスにすべてお任せすることです。

それが一番の近道。

2010.12.7