僕は趣味でダーツをしていたことがあります。

週一回リーグ戦がありチームで戦うのですが、昨日のメッセージを書いた日の夜にも試合がありました。

相手はその期、上のクラスから降格してきたチームでメンバーを見ても皆、上手い人ばかりです。

こりゃやられる、と思いました。

団体戦、ダブルスと3連敗で迎えたシングル第一試合。

僕が出場したのですが、対戦相手はよりによって相手チームのエースです。

練習を見ていても、その日はすごく調子がよさそうでした。

相手が90点以上取れるプレイヤーなら、僕は60点が精一杯。

とても勝ち目はなさそうでした。

でもね、僕はその日に昨日のメッセージを書いているんです。

「やらねばならない」

そう思いました。

ベストをつくしました。

60点取ることに集中しました。

するとね、どうなったと思います?

1試合3ゲーム制で、2ゲーム先取した方の勝ちなのですが、なんと!2-0のストレート勝ち!

相手は終始リードしていたにもかかわらず、逆転勝ちしたのです。

でもスコアそのものは60点しか出していません。

このように勝敗を決めるような場合、格下であっても常にベストをつくしていると、相手がミスをしてくれて勝ったりすることが結構あるのです。

これは受験でも言えるのですが、合格間違いなしと太鼓判を押されていた受験生が不合格で、明らかに冷やかし半分で受けた学生が合格することなんて、それこそ山ほどあるのです。

それともうひとつ、「頑張ることとベストをつくすこと」というメッセージを書いたその日にこういうことが現実に起こるのです。

これをシンクロニシティといい、決して偶然ではありません。

これには例のベンチ裏の応援団が関与しています。

この世界は、本当にファンタスティック!!

でね、もう一回同じ人とダーツをしても、おそらく勝てないでしょうね(笑)

今はもうダーツをやっていません。

勝敗を決めるようなゲームはつまらなくなっちゃいました。

2010.12.13