ならまちワンネス歯科は本日より診療開始です。

今年はより一層、医院としての成長を目指して努力します。

ちなみにトップページを少し変えましたので、よろしければご覧になってみてください。

 

さて、今年のテーマである「横とつながる」については、すでに昨年に説明してあります。

そこでケビンの言うところの「人間関係の再構築」について少し解説しておきましょう。

僕は最近ケビンには会っていないので、ケビンの意図する所は知らないのですが、あくまでも僕の思うところということでお話します。

人間関係の再構築というのは改善とは違います。

今までこうだったから改めようというものではないのです。

日本と韓国や中国との関係を考えてみてください。

竹島問題にしても何にしても、どちらかが正しくって、どちらかが間違ったことを言っているというスタンスである以上は、どちらかが「わたしが間違っていました」と言わない限り両国間の関係は改善しないことになります。

そして、自分の方に非があるなんてことはお互いに絶対に言うはずがありません。

じゃあ、関係の改善なんて永遠に無理じゃん。

では、再構築とは何でしょう?

これはお互いにどういう関係でありたいかというのを最優先します。

そしてそのために努力しようということです。

日本も韓国や中国も国家首脳自身はそんなこと今までに繰り返し言っているのですが、ずっと口先だけでした。

僕たちは、自分の子供や孫にどのような国家間の関係を受け渡したいのか。

友情なのかそれとも過去に基づいた憎しみなのか。

後者なのなら、いつまでも今のままやっておればよろしい。

でも友情を選ぶのなら、やるべきことは今とは違うでしょう。

人間関係においても然りであります。

その人とどういう関係でいたいと思うのか?

そしてそのためにはどう振る舞えば良いのか?

ここにおいては、謝罪も有効な手段だったりはします。

しかし、相手ももしあなたと同じように考えているのなら、お互いに謝罪し合うか、あるいは何も言葉は必要ないかもしれません。

「人間関係の再構築」とはそういうことです。

 

話変わって、僕はビッグコミックとビッグコミックオリジナルという2種類の漫画だけは買って読んでいます。

そして、オリジナルの方にはその月の占いが載っています。

何月生まれかで、仕事運が好調とか友人のアドバイスは聞いた方がいいよ、みたいなことが書かれているわけです。

で、昨日買った号の2月生まれのところに何と書いてあったと思います?

「8月までは何をやっても芽が出ない」って・・・・

あのう、隔週で出る本の占いでなんでそんな長期的な展望書くの?(泣)

僕、別に漫画に書かれてる占い気にせえへんけど、メチャクチャやる気そがれるんですけど。

もとい、本年最初の患者さんが来られたし(この患者さんもディクシャギバー)そろそろ診療開始だ!

2011.1.5