ん?

ここはどこだ?

わたしはいま どこにいるのだ?

おかしい

なにもみえない

わたしのめが あいていないのか

それとも あいているのに くらやみでみえないのか

 

ここはどこだ?

たしかさっきまでは もっといろどりあざやかなところに いたはずなのに

ここは いろがない せかいじゃないか

わたしはどこだ?

からだは どこにいったのだ?

わたしは ここにいるようにも かんじるし

あそこに いるようにもかんじる

あそこは あそこなんだけど あそこも じぶんのようなきもする

 

なんだ これは?

わたしは しんぞうのあたりに あるのだろうか?

しかし これをかんがえている わたしもいる

それは あたまのあたりに あるようなきもする

しかし いまのわたしには しんぞうも あたまもないのだ!

なにもないのに わたしは なにをかんがえているのだろう?

なにが わたしを かんがえさせているのだろう?

 

いったい どこまでが わたしで

どこまでが そうでないのだ?

わたしは なんなのだ?

そういえば はるかまえに こういったことを どこかでよんだきがする

しゃんぐりらからの でんごん

 

・・・わたしは いしきか?

 

ん?

なにか むこうのほうに みえてきた

ちいさな ひかりのてんが

すこしずつ おおきくなってきて

どんどん ちかづいてくる

なんだ これは?

わたしは いったい どうなるのだ?

その ひかりは どんどんちかづいて

いまや わたしを つつむように

なんだ この このかんかくは?

からだもないのに どんどん あたたかくなって

 

ハート

そうだ! ハートだ!

ハートのあたりが どんどんあたたかくなって

そこに わたしの かくがあり

それが むげんに ひろがっているかんじ

やってきたひかりが まるでいんりょくのように

ハートをひきあげていく

どんどん どんどん すいこまれていく

 

いったい わたしは どこへいくのだろう?

そうでありながら

ふあんも おそれも まったくない

あるのはただ わたしのすべてが うけいれられているというかんかくだけ

 

ああ そうだった

これが このせかいだった

これが わたしだった

そういえば あのほんは いつだったか

わたしへむけて わたしがかいたのだった

 

さあ つぎは どこへいこうか

なにを そうぞうしようか

いま おもいだしたが

ずっと こうしてきたのだった

はるか はるか むかしと みらいから

 

2010.1.19