金城さんのディクシャ会が来月の6日に迫ってまいりましたので、再度の案内を致します。

なぜこんなことをするかというと、どうも2月のその日に金城さんのディクシャ会が大阪で催されるというのが非常に意味のあることのようだからです。

例によって根拠はありません。

ただなんとなくそう思うだけです。

 

3日前の「ひめゆりの塔」を書いた後に思ったのですが、広島や長崎の人々は日本のために犠牲になられました。

もちろん日本全国で戦争で亡くなった方は多数いらっしゃいますが、ここではそれとは違う意味で申し上げています。

そして、沖縄は唯一日本で地上戦の行われたところです。

まさしく最前線として沖縄の皆さんは日本本土の防波堤になられたといっても過言ではないでしょう。

 

神々の島、沖縄諸島。

物理的にも霊的にも日本を守ってくれた場所から、今、金城さんが来られる。

金城さんは名前の通り沖縄の女性です。

沖縄から日本全体を癒すために奔走しておられます。

僕たちが沖縄の人たちを癒すのが本筋なのに、逆に僕たちの目を覚まそうと大変な努力しておられる。

僕は一度、それもほんのわずかな時間お会いしただけですが、金城さんが愛の人であることはすぐにわかりました。

かなり霊格の高い方なので、正直ちょっといっちゃってる感じもしないでもないですが(これ、内緒)

だから、僕も妻と一緒に参加することにしました。

午前中で歯科医師会の用事は抜けさせて頂くようにお願いし、了解も得ました。

学術理事の高田先生は僕が他の歯科関係の研修会に参加すると勘違いされていたみたいですが。

「いや実はスピリチュアル系の・・・」とはとても言えませんでしたので、黙ってましたけど(笑)

 

ご興味のある方は今一度、参加をご検討ください。

ディクシャなんか知らんわい!と言われる方も是非。

ディクシャ会ではあるんですが、ディクシャそのものはどうだっていいんです。

金城さんの存在に触れるだけできっと何かが変わるはず。

そんな気がすごくするんです。

現在35名くらいの参加者があるそうです。

今回に限り、バガヴァンのWEBダルシャンよりも、ケビンのセミナーよりも、こちらの方が優っています。

 

参加された方は特典として生きたカッパが見られます(笑)

そして、主催の方から本を販売なさったら如何?というお話も頂き、金城さんにも了解を得ていますので、当日サイン本を販売します。

サインするとBook Offには持ってけません(笑)

実際問題、在庫は僅少だと思うのでもしよろしければお買い求めください。

増刷はおそらくされないでしょうから。

 

最後にご報告をひとつ。

昨年一年間の僕の手元にある「シャングリラからの伝言」の売上と、当院で行ったヒーリング・ディクシャの代金、受付に置かれている募金箱に集まったお金、それにスタッフおよび僕から少しばかり足しまして一昨年に続いて「そらぷちキッズキャンプに」寄付することができました。

計7万1千円也。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 2011.1.18

領収書.jpg