当ホームページの管理画面では、読まれた人がどのような語句で検索してうちをHITしたのか、またリンク先から来た場合、どのサイトを経由してきたのかが調べられるようになっています。

今後の記事を書く参考にするために、時々それらをチェックしています。

一昨日のブログで、お褒めのメールを頂くことがある旨書きましたが、そのようなことばかりではありません。

 

管理人がきちんといるサイトで当HPの記事を引用したり、リンクとして貼りつけたりされる分には問題ないのですが、いわゆる匿名の掲示板で勝手に貼りつけられると、そこで僕がボロクソにけなされたりします。

ただその事を今日、問題にしたいわけではありません。

そこでわかったことは、ネガティブな言霊は心臓に悪いということです。

これは比喩で言っているのではなく、本当にそうなのです。

今はそこの掲示板のページを開けることはしませんが、初めてそういったのを目の当たりにした時は、超久しぶりに水晶の数珠を引っ張り出してきて白衣のポケットに入れました。

普段つけてない人が持つと効果てきめんですね。

すぐに心臓が楽になります。

ケビンが時々心臓が苦しくなる理由がわかりました。

ケビンはみんなの苦しみが自分にやって来ているんだ、とおっしゃいましたが、あれだけ全国区で活躍しているとその分、負のエネルギーももらってしまうというか、誹謗中傷の数も半端じゃないでしょう。

それが実際にケビンのハートを攻撃してしまうのだと思います。

 

そういったことを考えていた時に、ふと以前聞いたある恐ろしい話を思い出しました。

心の準備はいいですか?

ちょっと恐いですよ。

迷惑をかけるといけないので名前を出すのは控えますが、僕の知り合いの男性がある女性に相談を受けました。

とにかく胸が苦しいというのです。

明らかに心臓に問題があるのですが、どうやら霊的なことが関わっていると感じた彼はその女性の家を見せてくださいとお願いしました。

住んでいる家のエネルギー場が悪いというのはよくある話だからです。

 

他の家人が留守の時にお邪魔すると、どうやら寝室が怪しい。

そして・・・・

ベッドのマットを外すとそこにはその女性を模した人形があり、その胸のところに五寸釘が刺さっていました。

言うまでもなく彼女の御主人が作ってそこに置いたのです。

 

さあ、原因はわかりましたが、これを一体どうしたものでしょう?

その釘を抜けばいいじゃないかって?

彼は釘を抜けばどうなるかがわかっていました。

そして彼は奥さんに、それを抜けばどういうことが起こり得るか、あくまでも可能性としてですが、それを伝え彼女の了解を得たうえで、エイヤッと引き抜きました。

 

ちょうどその頃、外出先で彼女のご主人は心臓発作で帰らぬ人となったのです。

 

そして奥さんの胸の苦しさはなくなりました。

 

これは実際にあった話です。

 

人はこの話を聞いた時に、どうしても御主人が悪者で亡くなったのも自業自得、奥さんの方は助かって良かったと思いがちなのですが、果たしてそうでしょうか?

人間関係、夫婦関係というのは相対的なものです。

そのご主人が奥さんが死んでしまえばいいのにと思うには、そう思う理由があったはずなのです。

じゃあ本当の原因は奥さんなのか?

これは堂々巡りです。

あまり賢明なやり方じゃありません。

僕はその後を知りませんが、その奥さんが幸せに暮らしたとはとても思えないのです。

 

人を殴った時、もちろん殴られた方は肉体的にも精神的にも痛みますし、その痛みは当分持続します。

しかし、殴った人間の方がその瞬間はスキッとしますが、結局痛みは大きくより長く続きます。

殴るという行為はすなわち、相手を裁くということですから(自分が正しくて、相手が間違っている。だから制裁を加えて当然だという考え)即、心臓にいきます。

でも一応は喧嘩に勝った状態ですから、勝利した感覚がその痛みを隠してしまうのです。

そのネガティブなエネルギーは実質、自分の心臓にずっと留まったまま、おそらくそのうちまた新たな痛みを溜めるようになるでしょう。

いよいよ爆発するまで、本人は気づきません。

いや、爆発しても(心臓発作)そうだとは気づかないでしょう。

 

言霊(ことだま)というように言葉には霊(いのち)が宿ります。

どのようなエネルギーを持った霊にするかは、その言葉を発した人の想いひとつです。

そしてそれが結局は自分に返ってくるということです。

 

昨日、誤ってまた例の掲示板のページを開けてしまいました。

以前見たのとは違う言葉が書かれていました。

外出先でスマートフォンで見たので数珠が手元にありません。

どうしたと思います?

この場合、それを書いた人を愛せと言っても、そりゃ僕には無理です。

出来っこありません。

しかし、そこに書かれていたネガティブな言葉を愛することはできます。

それは人ではなく、あくまでも言葉ですから。

その言葉の中にある愛の部分を見つめていきました。

先日、怒りや憎しみを涙に替えるというお話をしましたね。

それらは突きつめれば結局寂しさにいきつくのだと話しました。

ところが、その寂しさですら、突きつめると愛にいきつくのです。

数珠よりは多少の努力と時間を要しますが、それにより僕の胸の苦しみは解消しました。

 

本日、診療終了後すぐに千葉県市川市へと向かいます。

明日開かれる、シャスタクラブの篠原夫妻とペガサスさんのコラボレーションセミナーを受講するためです。

セミナーそのものも楽しみですが、なにより治美さん秀さんにまた会える、そしてペガサスさんとは初めてお会いできる、それが楽しみなのと少し緊張します。

ということで、明日も休診。。。。

今週はさすがに本来の休診日である木曜日に仕事します。

仕事せえよ、ならまちワンネス歯科。  ていうかオレ(笑)

2011.2.21