いや~、金城さんが言うように良い言霊だけ使ってブログを書くというのは至難の業ですねぇ。

関西人からアホとかカスとかいう類の言葉を取られると、一切しゃべれなくなっちゃいますもんね。

寛平ちゃんみたいに「ワシは止まると死ぬんじゃ~!」みたいな・・・・。

 

自分の健康に無関心なのは、親の影響が大きいです。

特に健康に関することは母親の影響が大。

だから自分の歯の健康に無関心なのは、その人が悪いとかじゃなくって、そのお母さんが自分の歯の健康よりも子供たちのために、あるいは家族のためにと思ってお金をやり繰りされていたということなのです。

でもね、その結果が子供の自分の健康に対する関心度合に影響するわけです。

著書の中でも書いていますが、「賢明な親は何よりもまず自分の体を大切にすることを教えます」

もちろん状況にもよるのは言わずもがなですが、実際問題そうなのですよ。

多くの親が自分の子育ての自己満足に浸っている。

これはあきまへん。

最終的に、あなたがこの世を去った時に、お子さんが健康でいない可能性めちゃくちゃ高い。

ただ、あなたが生きている間だけ、わたしはこの子のためにあれだけのことをしてあげたとか、自分のことを我慢して〇〇してあげたとか言ってるだけです。

このような自明の理を誰も言わないのが不っ思議~!

 

言っておきますが、親が幸せでないのに子供が幸せになるはずがないでしょう。

幸せな状況を知らないのだから、幸せになんかなれるわけないです。

子供のために、というのはわかりますが、何よりもまずあなたがどうなのか?が大切なのですよ。

 

さて、気を取り直してまいります。

ちょっと雰囲気変わりますよ。

 

あるとき 居間に座りながら 目の前のカーテンを眺めていた

ただ じぃーっと眺めていると なんだか周りの空気が変わってくる

眺めることから見ることに集中してみる

ただ 何も考えずに カーテンを見つめるだけ

すると すぐ近くでテレビがついているのにもかかわらず

その映像も 音も まったく こちらに入ってこない

そこにあるのは 見ている僕と 見られているカーテン

その二つの存在と その間にある空間

 

そのままずっと見続けていると

そのうち 見ている僕が消えてゆく

見ている人がいなくなるのだ

ただ見るという行為がそこにある

でも 考えてみれば 僕がカーテンを見ているように思っているが

もしかしたら カーテンが僕を見つめていて 僕がそれに気づいただけかもしれない

 

見る 見られる 

どうも そういうことではなさそうだ

る られる をとってみて

単に 「見」 という 行為というか 空気というか エネルギーが そこにあるだけ

なんだか 少し宇宙の秘密がわかった気がして うれしかった

 

 

バガヴァンがよく「見る人はいません ただ見るがあるだけ」と言いますが、その本当の意味は非常にわかりにくい。

実は「見るがあるだけ」じゃなくて「見」があるだけなのです。

見るという行為をこちらがしているように思うのですが、実は逆かもしれない。

よくあるでしょ、「ん?何だか人の視線を感じる」と思ってそちらを振りかえると誰かが見ていたということが。

それと同じ。

あなたが見ているのではなく、見られていることに気づいただけ。

たとえ相手が物であっても、仮にカーテンに目があったとしたなら、そうかもしれないのです。

お釈迦様はその意識状態が長く続いた。

もちろんお釈迦様といっても当時は人間ですから、常にそうであったとは思いませんが、結構イイ線いってたわけです。

だてにブッダ(覚者、悟った人)の呼び名をいただいてたわけじゃありません。

 

で、もう一丁。

 

わたしは 今までに幾多のメッセンジャーを あなたの元へ送り届けてきた

そしてその度に あなたはそれらを ある時は黙殺し ある時は文字通り抹殺してきた

今度もあなたはそうするつもりなのか?

いいだろう

気の済むまでやりなさい

それでもなお わたしはメッセンジャーを送り続ける

なぜなら わたしはあなたを愛しているからだ

 

決して見放しはしない

あなたが気づくまで

あなたがそのメッセンジャーが実は自分なのだと気づくまで

それは未来から来たあなたであり

過去から来たあなたなのだ

そのことに気づくまで何度でも送り続ける

 

その言葉を無視し続けるのも 否定し続けるのもよかろう

なぜなら この宇宙の定義をするのは他ならぬあなた自身だからだ

あなたがすべての定義をするのだ

しかし メッセンジャーは言うだろう

あなたの定義は世間で言うところの常識に従ったものだと

それはあなた自身の定義ではないと

 

あなたがそのことに気づく時 宇宙のページがめくられるのだ

あらゆるメッセンジャーは そのために存在する

そしてあなたが自らの手で ページをめくる時

あなたもメッセンジャーであることに気づくのだ

AMEN

2011.3.11