今朝の奈良は晴れ。

でもこの空をまったく違う気持ちで見ている人たちがいる。

 

昨日午後2時50分位、僕は自分の心臓の動悸で体が揺れているのだと思いました。

それにしては揺れが大きすぎるし、時間が長い。

それが地震だと気づくまで相当かかりました。

おそらく中部から近畿地方にかけての多くの人が目まい、ふらつきと勘違いされたのじゃないでしょうか。

このような揺れは初めての経験です。

揺れが収まるまで次の患者さんの案内を控えるように言いました。

そして、これは震源地ではただ事ならぬことが起こる、と直感しました。

 

岩手県陸前高田市にはjoyヒーリング岩手会場の大和田さんがいらっしゃいます。

その他大勢の仲間がいます。

心配でなりません。

 

しかし今は動けない。

下手に動いたり連絡したりせず、ただ皆が無事に避難してくれていることを祈るのみ。

そして救助活動が円滑に進むように。

一段落すれば必ず出番がやって来る。

昨夜、管総理大臣が他の党首に頭を下げつつ言ったように 「日本国民の安全のため力を合わせなければなりません」

これは宮城・茨城に起きた地震ではないのです。

日本に起きた地震です。

心をひとつに

 

皆さん、頑張りましょう。

2011.3.12