昨夜は久々に夜更かししました。

どうしても見たいテレビがあったからです。

日本時間午前2時40分発走のドバイ・ワールドカップ。

フランスで行われる凱旋門賞よりも格上の世界最高峰レース。

ここで勝つことはあらゆる競馬関係者および競馬ファンの夢です。

今回は日本から有力馬3頭が出走していました。

一頭は昨年の最優秀牝馬ブエナビスタ。

もう一頭はそのブエナビスタを破り昨有馬記念を勝ったヴィクトワールピサ。

そして昨ジャパンカップダート、先月のフェブラリーステークスを連勝したトランセンド。

日本を代表する3頭が世界に挑戦しました。

 

ゲートが開いてまずハナにたったのが男だっせ藤田伸二騎乗の日本のトランセンド。

この馬はダート馬なのですが、このドバイWCが行われるのが芝でもダートでもないオールウェザーという特殊な馬場なので、適性があると見込んでの参戦です。

バックストレッチでスローペースに業を煮やしたか、後方にいたヴィクトワールピサがハナに並びかけます。

そのまま3コーナーを回り4コーナーへ。

相変わらず日本の2頭が先頭です。

人気のブエナビスタは後方待機のまま。

さあ、直線の叩き合い!

ヴィクトワールが先頭に立つが、トランセンドも粘る粘る。

他の有力馬も鞭がとびますが、なかなか前の2頭に追いつけない。

ブエナは馬群の中。

さあ、あと少しだ!

日本の2頭と後方の馬の間はまだ1馬身差ある。

ヴィクトワール頑張れ!頑張れ!

デムーロ追えっ!

そのままっ、そのままっ!!

 

ヤッタ~!! 日本馬のワン、ツー、フィニッシュだぁあああ!!

 

あ、失礼しました。

競馬に興味のない方には全然どうでもいい話ですが、久しぶりに興奮しました。

実はこれ、本当に凄いことなのです。

今回に限り、レースが仕組まれていようが何しようが、どうでもいいです。

とにかく素直にウレシイ。

大満足で眠りにつけました。

そして夢の中で、本日阪神競馬場で行われる(本来なら中京開催)高松宮記念の馬券が大当たりしている姿を・・・・見ませんでした(笑)

 

おめでとう!ヴィクトワールピサ號!!

そして角居調教師とその厩舎スタッフ、およびミルコ・デムーロに拍手!!

夢がひとつ叶った瞬間でした。

 

さて、ようやく本題に入ります(どんなスピリチュアル・ブログやねん!(笑))

と、その前に・・・昨日大事なことを書き忘れてましたので補足しておきます。

あなたがアンチ〇〇というのをやっている限り、あなたのアンチは常に存在し続けます。

つまり例え原発に反対して他のエネルギーに国策変換したとしても、あなたは必ず次の何か反対するものを見つけるでしょう。

なぜならあなたは本当は原発なんかどうでもいいからです。

あなたは、ただ何かに反対したいだけ。

それにより自分の居場所を確保しようとしているだけなのです。

きっついでしょ。

これが僕の本当の姿です。

こういう時は容赦ないですよ。

だって、あなたがいつまでも自分の本当の姿を見ようとしないから。

それだけなら単にあなただけの問題だからいいんだけれど、あなたはその運動に他人を巻き込もうとする。

だからちょっと待ってよ、と言ってるわけです。

人類の歴史上、何かに反対して長期的にうまくいったためしがありません。

物事に反対するというスタンスでは、その根底がワンネスでないのだから当たり前なのですが、結局どこかで破綻するのです。

 

ようやく、本題。

一昨日の金曜日にある方のヒーリングをしていました。

ヒーリングの最中のお話で、非常につらい体験をなさっていることがわかりました。

僕は自分にしか知りようがなかった患者さんやヒーリングなどを受けられる方のプライベートな話は、例えスタッフであろうともしゃべりません。

ただし嫁さんだけは別です。

彼女と僕は一心同体であり、彼女がそういったことを口外することは200%ないからです。

だから僕は自分が心動かされたことを彼女と共有したいと思っています。

実は昨土曜日も新しい方がヒーリングを受けに来られ、お二人ともこのブログを読まれるであろうから、分かるようにイニシャルだけMさんとしておきましょう。

この話はMさんに対する個人的なメッセージです。

 

金曜日の午前中に妻は子供たち3人を連れて広島の実家に帰省しました。

うちの子供たちは世間から見れば変わってますので、長女が確か小学3年の時には「うちらだけで新幹線乗る」と言いだしました。

妻が京都駅のホームまで見送り、広島止まりの列車に乗せ、広島駅のホームでは祖父ちゃん祖母ちゃんが迎えに来ているという段取りですが、一般的に考えて、自分と通路をはさんで向こうの席に小学1年生の妹を連れた3年生の女の子が親も同伴じゃなく2人だけで乗ってる、この状況見てどう思われます?

「大丈夫かな?」と心配になって、こっちは他人なんだけどオチオチ寝てもいられませんよね。

変な緊張感を味わうことと思います。

そんなことをずっとやってきてるんです、うちの子供たち。

ツワモノはフウさんだけじゃないんですねぇ(笑)

 

ま、今回は妻も一緒に帰ったわけです。

金曜の夜、彼女と携帯でしゃべっている時に、午前のヒーリングの話になりました。

「それ何時頃?もしかして昼前?」

ちなみに妻はいまだに広島弁でしゃべります。

できれば広島のイントネーションで読んでください。

わかりにくい方は、朝の連ドラ「てっぱん」を思い出してね。あんな感じ。

「そう、12時から」

妻はMさんと同じ会に出席したことがあるのですが、紹介しなかったので一切面識がありません。

「どんな感じの人?」

「なんでそんなこと聞くん?」

「いや、あたしが新幹線で寝とる時に女の人を抱きしめとる夢みたんよ」

話してみると彼女の夢の中の女性とMさんの風体(髪の長さや背格好)は完全に一致していました。

つまり、僕がMさんのヒーリングをしている間、あるいはその少し前に彼女は見たこともないMさんのことを抱きしめていたというのです。

僕はそれを聞いて思わず唸りました。

あのやかましい子供たち3人の横で寝れるのもすごいけど、夢の中でそんなことするあなたもすごい!

 

ということで、Mさん、そういうことみたいです。

なんか知らんけど、あなたは守られているようですよ。

良かった、良かった。

2011.3.27