本日休診也。

今日の午後と明日一日、神戸で義歯の研修会に参加します。

今はやたらめったらインプラント全盛です。

この歯は助けられるやろ、と思う歯も抜いてインプラント。

それが予知性の高い治療だとされている。

入れ歯が難しいからインプラントに逃げているととれることも多いです。

よりしっかり物を食べたいからというのなら、入れ歯からインプラントへ移行するのはわかるのですが、最初っからインプラントではないんじゃないの?と思うことしきり。

インプラントなんて正直言って、ただ植え込むだけなら誰だってやれます。

そしてそこそこ噛めるようになります。

でも義歯という治療には歯科医としての知識も技量もあらゆるものが要求されます。

それだけ難しいけれど奥が深く、その意味においてやりがいがあって面白い。

特に噛み合わせの勉強するのなら、もうこれは絶対に総入れ歯です。

少しでも噛み合わせに問題があれば、噛めないし、痛いし、身体のバランス崩します。

だから僕は入れ歯が大好きで、少しでも心に引っかかる研修会や講演があれば参加することにしています。

今は月に一度、大阪歯科センターに見学に行っているのですが、そこだけでは不十分なのか?と言われると、そうではありません。

ある一つの側面からは歯科センターの宮野氏の治療はほぼ完成していると言えるでしょう。

でも僕は他の違った視点からも入れ歯治療を考えたいのです。

一応パソコン持っていきますが、今晩は大人しくしておく予定ではあるもののよくわかりません。

パソコン持っていくのもブログ更新のためじゃなく、競馬予想のためですからね(笑)

 

当家では現在長女の藍が不在なもので、まずフウさんが5時50分位に起きます。

藍がいた時は5時くらいに起きてました。

夏などは蝉が鳴くのと同時だったりして。

おまえはニワトリか!

フウが起きてから目覚ましが鳴り、妻と一番下の慧が起きます。

僕は通常8時前くらいまでダラダラ寝ています。

 

6時に起きて子供たちはレゴをやったりして遊んでいますが、妻はその間食事の支度。

今は朝ごはんを食べない子供も多いらしいですが、当家は違います。

だいたいフウさんがなぜ6時前に起きるかというと、そりゃあなたお腹が空いて起きるのです。

7時前くらいから朝食。

ご飯と汁ものとおかず、時によりお餅。

うちは納豆とお餅の消費量が異常に高いです。

パン焼き器でパンも焼きますが、お餅もしょっちゅうついています。

朝食の前後か学校から帰ってきてからか、風呂掃除はフウさんの担当。

慧はその類の手伝いは何にもしません。

やる気ゼロ。

8時前に登校します。

 

その後、僕が起きてきて朝食を食べ、ビルの中と外の掃除をします。

妻はPTAの役員会や生協の理事会、パッチワークやマクロビ料理教室などがある時には、お昼に弁当を作っておいてくれます。

周りに食べるところあるんですが、段々外に出るのが面倒くさくなってきました。

13時くらいには技工士さんが納品にくるので、それのチェックもしないといけないし。

 

夕方、子供たちが帰ってくると、まずは宿題をします。

それから友達が遊びに来ることもあれば、遊びに行くこともあります。

今は行く前に電話で確認するんですね。

僕の小さい頃は、友達の家の前で「〇〇君、あそぼ」と大きな声で言ったものですが。

西塔家ではゲーム機の持ち込み禁止。

お菓子もなるべく持ってこないように言います。

皆さんゲームが子供のためにならないとわかっているなら、何で買い与えるのか不思議でなりません。

みんなが持っていて、持っていないと一緒に遊んでもらえないから。

皆さんそうおっしゃいます。

だったらそんな子供たちと遊ばせなきゃいい。

 

長女の藍はご存知のように福井のド田舎で大人たちと一緒に暮らしています。

周りには同年代の子供は一人もいません。

そもそも子供がいるような所じゃないんです。

これを教育上問題だとする親もいるでしょう。

でも本人が何ともないと言ってるんだから、案外そんなものなのかもしれません。

愛されて育っていれば、友達がいるとかいないとかは関係ないんですかね。

 

おやつはすべて妻の手作りです。

うちの子供たちには乾燥した出汁昆布や煮干し(今は動物性のもので出汁はとらないのでおいてませんが)、麩などは大ご馳走です。

昔食料品店で藍が「お母さん、麩買うて」と麩の入った袋を持ってくるので、妻が恥ずかしかったといったことがありました。

フウさんなんか、ピーマン生でかじります。

それでいて、刺激の強い味は全然ダメ。

ようわからん(笑)

 

ゲームに関しては、以前フウが「たまごっち」もどきを持っていたことがあります。

買ったのか誰かからもらったのか覚えてないのですが、その時に僕は子供たちを集めて「お父さんはこのように命をもてあそぶような内容のゲームは大嫌いだし、あなたたちに良いとも思わない」と話したことがあります。

こういう時、フウさんはすごく理解のある顔をしよります、腹立つことに。

それにて一件落着。

慧がベイブレードなるものを欲しがった時がありますが、とりあえずうちの子供たちと遊ぶ時はゲームはなしということになっているみたい。

でも、他の子供たち、フウや慧と遊ぶとすごく楽しいって言いますよ。

ま、なんにせようちの子供たちはゲーム機は絶対に買ってもらえないと諦めております(笑)

 

5時くらいから「ハリーポッター」などのDVDを見るか、NHK教育の「忍たま乱太郎」みたいなのを見るかして、6時から夕食。

その後布団を敷きに上にあがって、お風呂。

この頃に僕は仕事を終えて、家に上がってきて夕食をとることもありますが、世間の偵察に出ることも多いです(笑)

風呂からあがると子供たちは床にコロリンと寝転がって、嫁さんによる歯磨き。

8時前には布団に入り絵本の読み聞かせ。

そして8時には就寝。

 

この規則正しい生活はすべて妻のお蔭です。

長女の藍をなんとしてでも8時に寝かしつける癖をつけていたもので、あとの子供は自動的にそういう生活パターンになりました。

フウさん、今、小学校6年生ですからね。

世間一般の小6とはずいぶん違う生活をしているのでしょう。

どちらが良い悪いではありませんが、親がなにものにも捉われないでいると、そりゃ小学生を塾に通わして帰ってくるのが夜10時、寝るのが12時まわるとかあり得へんしね。

僕に言わすところのアホ製造所(既成概念や知識の詰め込みをする所のこと)に工面してお金払って、不規則な生活させて、子供らしさをまるで脱水機にかけるがごとく取っていって、あなたいったい何やってんだ?と思うわけです。

 

毎月第一土、日は為ちゃんキャンプ。

夏は一週間から十日間の為ちゃんと子供たちだけのキャンプ。

親が行くのは信楽の火祭りの日だけ。

月に一度、赤目というところで自然農に参加させてもらっています。

塾に通って、有名進学校に入って大学行って、希望の職業に就いて・・・・・

これどこかに夢がありますか?

子供がどうなるだろうというワクワク感はどこにありますか?

うちの子供たちは藍も含めて、いったい10年先、20年先にどうなってるんだろうという親としての(期待ではなく)興味深く見守っていける感がすごくあります。

 

以上、西塔家の規則正しい生活についてでした。

でもただ一つだけイレギュラーなものがあります。

それは僕の頭の中と生活態度(笑)

本日は妻の誕生日であり、受付の工藤さんの誕生日でもあります。

それぞれに、おめでとう。

そして、ありがとう。

2011.6.4