僕はあまりバシャールから啓示を受けることがありません。

知っていることが多い、というかあのチャネラーの押しの強さが見ていてしんどい。

一昨日の由紀子さんの「地球人のためのスピリチュアルレッスン」はバシャールでしたが、そこで語られる「創造の4原則」にはホホォと思いました。

ボリュームを絞って由紀子さんの訳だけ見てたんです(笑)

以前「Light as a feather ~身も心も軽く軽く~」というメッセージを書きました。

そこで書いたのは正直で誠実であると、なんだか非常に心も体も軽くなるということだったと思います。

 

バシャールが言うのはおよそ次のようなこと。

あなたは他人の人生まで引き受ける必要は全くない。

あなたはあなたの人生にだけ関心を持てばよいのだ。

もし他人の重荷を物理的にも霊的にもくっつけているのなら、それらを振り払いなさい。

そして自分自身を創造していくのだ。

 

あくまでもかいつまんでお話しているのですが、僕は少し前までちょっぴし体重が増えていました。

ウエストも若干太くなった気が。

僕のベスト体重はおよそ59キロくらい。

それが60キロを超えていました。

なぜ太ったのかも、またなぜ元に戻ったのかもわかりません。

ただ、分離の先にワンネスがあるのだとわかった瞬間から体も心も急に軽くなった気がします。

本当にビルの階段を昇っていても跳ぶようにいけるんです。

 

バシャールが言うように他人の人生引き受けちゃってる人、多いです。

わたしがどうにかしてあげなくちゃ。

その思いが自分自身を苦しめるのに。

なぜならあなたの努力によってその人の人生は変わらないもの。

その人の人生はその人によってしか創造され得ないのです。

 

自分の子供が苦しんでいるのは私のせいだ。

親友が自殺してしまったのは私のせいだ。

あのね、気持ちはわかるけど、ある人間が死ぬということはその人の魂が合意したということであり、そうでない限りいくら頑張ったって死なないのですよ。

あなたに一切の責任なし。

その人の魂がその人の死を創造したのです。

 

他人のことは放っておきましょう。

隣で倒れている人がいても、手を貸してあげなくちゃいけないと頭で考えるようなら、あなたはそういう人じゃないんです。

決して他人に優しくないし、あまり関わり合いたくないのです。

だったら、そのまま。

Just stay there as you are!!

自然に手を貸してあげられるようなら、あなたはそういう人なのです。

それこそが自分の創造に他なりません。

そして倒れている人を無視して通り過ぎる人も、それこそが自分の創造なのです。

良い人になる必要全然ナシ!

 

そんなことしたら新たなカルマを作るんじゃないか?

作りませんっ!(きっぱり)

カルマはあなたの意図的な創造によってしか作られません。

あなたがその人に「助けてください」と言われて無視したんなら、そりゃカルマ作ります。

そうじゃないのなら、例えば電車でお年寄りに席を譲らなかったからといって、いちいちカルマ作ってたら、世界中カルマのダルマだらけになっちゃいます。

 

ということで、是非とも皆さんには究極のエゴイストになって頂きたいと思うのです。

エゴという言葉の正しい意味は、自我、つまり自分は何者かを知りたいという宇宙の根源的な欲求のことであります。

エゴイストというのはそれに専念している人のこと。

ワンネスに向けて、幸せばく進中ということです。

だからエゴ大爆発で行こうよ!

My dear good ol’ pal, be a ultimate egoist!

 

ちなみに大阪で2回目となる由紀子さんの「地球人のためのスピリチュアルレッスン オープンクラス」が7月に開催されます。

当然仕事早めに切り上げて参加です。

ご縁のある方、またお会いしましょう。

由紀子さんと金城さんはすごくクリアでハッピーなエネルギーで大好き。

僕の知る限りにおいて、このお二人くらいです、一切トラウマが透けて見えてこない方は。

何の捉われもない素晴らしいスピリチュアリストです。

僕のHP見て東京のオープンクラスに参加された方もいらっしゃるそうで、金城さんのディクシャセミナーにも結果的にずいぶん人を送り込んでいて、なんだかスゴイことになってます。

わざわざインドから帰国されて受けられた女性もいらっしゃいましたからね。

もう、ビックリ!

今年のテーマである「横とつながる」というのは僕自身のことだと思っていたら、僕が人と人を繋いでるみたいになっていて、ちょびっと嬉しかったりするのでした。

2011.6.16