本年最初に同じようなタイトルをつけましたが、半年後にまたこういうのがやってきます。

皆さん、笑ってますか?

今さら言うことでもないでしょうが

「笑う門には福来る」

人生ドツボという表情をしていたら、次々そのようなことがやってきます。

なかなか笑えるような状況じゃない、というのはよくわかります。

無理に笑顔なんか作れない、というのもよくわかります。

ただ、不幸な顔をしていたら、暗い顔をしていたら、同様の波長のものを呼び寄せるのは今や常識。

やりたけりゃやってください。

嫌なら変えてください。

 

相手にあんなことを言われて平気ではおれない。

いつまでたっても誰もわたしのことをわかってくれない。

自分があるという幻想に捉われている人は、このようにプライドが傷つくのを恐れます。

自分が無いという感覚は、残念ながら与えられるもので勝ち得るものではありません。

そうなればどれだけ楽でしょう。

でもあきらめてください。

 

一番確実で近道なのは、自分という幻想をとことんやり切ることです。

僕はそれをやったわけです。

自分を無くそうと考えてやったわけじゃありません。

気がついたら少し前とは違ってる、というだけのことです。

それが覚醒したのだとか、悟ってきているのだとか、意識が高くなっているだとか、全く思わないし興味もありません。

ただ、何があっても笑っていられる。

サンドバッグみたいにズタズタになってもヘラヘラしていられる。

抵抗しても無駄なことがわかっているから、思う存分打たせてあげるのです。

皆さん、日々笑ってますか?

 

僕は現在、奈良の旧市街で開業しているということもありますが、道で患者さんに会っても「あ、どうも~」とどなたにでも挨拶ができます。

歯科医によっては、道で患者さんを見かけると避けるように歩く人もいます。

ていうか、そういう人多いです。

道でも、商店街でもどこででも、笑顔で挨拶を返してくれる患者さんたちが大好きだし、心底有難いと思います。

でも僕が難しい顔して歩いていたらどうでしょう?

声、掛けれませんよね。

僕だって、患者さんが下向いて眉間に皺寄せてたら、無視するわけじゃないけど通り過ぎます。

そんなもんです。

 

君、微笑む時、わたしも微笑む。

君、微笑む時、世界も微笑む。

君、微笑む時、神も微笑む。

神、微笑む時、鳥は歌い、風はダンスを踊る。

そしてあなたはそれと知るだろう。

そう、あなたは生きているのだ。

 

この「When you’re smiling」というのはYou Tubeで探しても、なかなかいい音源が見つかりませんでした。

いっそのこと自分で歌たろかと思ったくらい。

僕がこの曲に対していだく絶対テンポというのがあって、皆ゆっくり過ぎるか歌がヘタ。

ということで英語(米語)の発音がいわゆる英国人が大嫌いな感じのフランク・シナトラで我慢します。

ちなみに昨日一番笑ったのは、銀行の支店に併設されているものじゃなくって、他所のビルに設置されているATMコーナーのエアコンが家庭用だったのを見た時。

皆さん、知ってました?

 

 

2011.7.2