だぁ~っ。

結局徹夜になっちまったよ。

昨日の夜8時くらいから始めたのに(途中1時間半ほど寝た)

今日の歯科医師会での勉強会で発表するために、昔のスライドを引っ張り出してきて、スキャナーで読み込んでデジタル変換して、完全に忘れかけてるパワーポイントでプレゼンの準備が終わったのが朝5時半。

タイトルは「義歯の咬合採得について」

咬合採得とは咬み合わせを決める治療のこと。

これすごく難しく奥が深いのですが、最近のセミナーや見学で新たに学んだことを取り入れながら、皆さんのお役に少しでも立てればなどということを真面目に考えたりするのでした。

午前中が勉強会で午後からが症例検討会。

こりゃ昼の弁当食ったら寝るな、きっと。

 

さて、本日7月7日というのは何を隠そう僕たち夫婦が入籍した日であります。

結婚記念日は6月18日、場所は大阪京橋にある太閤園。

親戚だけの会だったのですが、そこで挨拶した妻の兄貴(この人はサイエンスだかネイチャーだかに論文が載って、一躍時の人となり現在アメリカで研究生活を送っている)。

こやつが「いやぁ、僕がこのハゲと初めて会ったのは・・・・」と話し始め、その後挨拶が終わるまでの間に20回近くハゲと言いやがって、おかげで一気にくだけた雰囲気になりました。

結婚したのが16年前なので、入籍日は平成7年7月7日というフィーバーおめでとう!みたいな日なのです。

ちなみにその4年後の平成11年11月1日が、フウさんが生まれた日なのでした。

 

一昨日、沖縄の男性からメールを頂きましたが例によって返信しても返ってきます。

僕よりずいぶん年上の方なので、そこで書いた返事の内容を本日のブログといたします。

 

~~~確かに今起こっていることや、起こしている裏側の人やシステムに思いを向ければ
色々と怒りもわいてきますし、どうしてみんな正しい方向に向かわないのだろう?と思ってしまいます。
特に沖縄の、それも昔を知っている方からすればなおさらでしょう。
どうしていつまでも本島の犠牲になり続けなければいけないのか?
元々は立派に独立した琉球文化だったのに、これは僕だってそう感じます。
しかし正しいこととは何でしょうか?
管直人だって辞任した松本復興担当大臣だって、はたまたアメリカの各種メジャーもフリーメーソンのメンバーも
皆、自分は正しいと思って行動していて、それが闇の部分だと決めつけるのは自分が光だと勝手に思っている人たちです。
そしてその人たちも自分は正しいと思っているのです。
いったい誰が正しくて誰が間違っているのでしょうか?
確かに環境破壊は深刻で急を要する問題です。
でもかつてのヒトラーもあの当時の国民が支持したのです。
ヒトラーだけが悪者でしょうか?
こういうことの原因を探ったり、誰が悪いと考えたり、〇〇反対とやるのは賢明ではありません。
環境破壊というのは文明の進化と人間の意識の進化の調和がとれていないことにより起こります。
奢り、そして自分さえよければ、という感覚です。
外側の世界が内側の世界の反映ならば、やることはひとつです。
外側で嵐が吹き荒れていようとも、自分の内深く入っていくこと。
そこが平和でなければ、そこに愛がなければ、何も始まりません。
奈良に住む無名の歯科医が書いた本やホームページが、いつしか沖縄やインドやカナダでも
読まれるようになっています。
それはそのメッセージが上のことを踏まえて書かれているからです。
僕自身がその旅の途中であり、皆さんご一緒しませんか?と書いているからです。
そして、そのようなメッセンジャーは今や世界中にたくさんいます。
皆が自分に相応しい人に会うことでしょう。
説教くさくなりましたがご容赦ください。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
P.S.  ちなみに2012年にアセンションすることはもはや疑う余地のない話ですが、
実は我々にはその後に、よりチャレンジングな課題が待っています
それはいずれ我々の前に姿を見せるであろうフリーエネルギーです。
これを平和的に利用しないと、それこそ過去の文明のようにまるごと宇宙の亜空間へと
消えていきます。
これこそが人類最大の課題なんですよ。~~~
今日くらいは平和を真剣に願う日であってもいいかな。

 

2011.7.7