白衣.jpgえ~、見ておわかりのようにワタクシ昨日散髪しました。

なに?

じぇんじぇんわからん?

怒るよ、しまいに(笑)

それとともに白衣も新しくしました。

なぜかというに3年前の本日、つまり2008年8月8日、北京オリンピック開幕の日に「ならまちワンネス歯科」は誕生したからでっす。

今回は初めて選ぶ黄色、そしてクリスタル。

どちらも上下同色がありまして、最初に黄色の上下を着たところ嫁さんからダメだしされました。

まるで吉本新喜劇の中條健一みたい(緑のシャツに緑のネクタイに緑のスーツ着たバッタみたいな人)と言われ、確かにその通りだと納得してしまいました。

そこで黄色の上着にクリスタルのパンツをあわせることに。

白衣ロゴ.jpg白衣の右胸の所には「ONENESS」の刺繍。

そもそも男性用の白衣というのは種類が女性用に比べてものすごく少なく、色もデザインもダサダサなんです。

カラフルな色の白衣もあるにはあるんですが、生地が安物なうえに下にTシャツを着ないといけなかったりするので僕的にはアウト。

これはイタリアのPastelli社製で、日本製に比べて圧倒的に高いですが、僕、性格が地味なのでこのくらいのもの着ないと目立たないんですぅ(笑)。

 

最近あまりメッセージが来なくなりました。

まあ、当然と言えば当然の話で、そんなに毎日伝えるべきメッセージがある方がおかしい。

だからといって、ホンマの日記みたいなことを書いても仕方がない気もします。

例えば昨日の全日本選抜競輪決勝で福島の二人がワンツーして被災地にエールを送ったとか、僕の大好きな”魂の走り”村上義弘(京都)が捲り追い込んで届かず3着だったとか、こんなことは一般の人にはどうでもいい話です。

新潟の関屋記念で一番人気のセイクリッドバレーがとんだ話も、新潟の対角の競馬場はやはり小倉だったという話も、全く皆さん関心がないことでしょう。

ちなみにわかりにくいので、これだけは補足しておきます。

 

中央競馬の競馬場というのは全国に10カ所あり、それぞれ対をなしています。

京都競馬場ー東京競馬場

阪神競馬場ー中山競馬場

函館競馬場ー札幌競馬場

さて、新潟は府中(東京)と同じ左回りですから、対の競馬場は同じ左回りの中京だと思いがちです。

ところがここ最近の検証作業で(ヒマか!笑)右回りであるにもかかわらず、小倉競馬場であることが判明しました。

よって

小倉競馬場ー新潟競馬場

中京競馬場ー福島競馬場

実はこのセットが予想の上で非常に重要な意味を持ち、特に去年、今年はこれわかってないと話にならんのです。

でも、当たらんけど・・・・・。

 

さて、HPを立ちあげて以来、頭の中にはあったけど本には載せなかった話とか、その時々で直感のように降りてくるものとかを書いてきましたが、ネタがなくなったというのとはちょっと違うみたいです。

もう、言葉はいらない。

そういうことだと思うのです。

マザーテレサは言います。(言いました)

「愛を語る人はたくさんいます。でも愛を実行する人はいません」

 

これからは行動。

要するにより良く生きるということに焦点を当てる。

生きることそのものに、です。

そのためにphysicalな面、つまり人間の肉体的なところにスポットを当てていくべきじゃないかと思うのです。

不思議でしょ。

精神的なところはもう今のところ十分というわけです。

ある程度までいくと、今度は逆に肉体をうまく整えないと精神的にもその先にいかないということでしょうか?

明日は少しそのあたりのお話をしてみたいと思います。

 

ちなみに僕が小学生の頃、散髪したての子とか買いたての服を着てきた子とかに「お初っ!」と指さしたら、こちらの勝ちで向こうの負け、みたいなことやってましたけど、皆さんとこではどうですか?

附属中学に入ってコレやったら周りに笑われて、「なんじゃこいつら」と思ったものです。

2011.8.8