オリビア・ニュートン・ジョンの話ではありません。

でも僕は彼女のLP2枚持っています。

若い頃のオリビアはそりゃあんた、妖精だと言われてもそうかなと思うくらい可愛かったです。

昨日の写真、僕は軽い笑顔を作っているつもりで写ったのですが、結果はご覧の通り。

どれだけ破顔一笑しないと写真的に笑顔にならないんだろ?

ちょっと僕には無理っすね。

お酒飲んでみんなと写る時はいけるんやけどなぁ。

 

今日は身体の話ですね。

どうもスピリチュアルなメッセージをあまり受け取らなくなったあたりから、目の前にあるのは健康に関するものばかり。

特に今読んでいる、ハリーポッターと秘密の部屋じゃなかった、甲田先生の西式健康法に関する本は抜群に面白いです。

読み切ってから紹介しようと思っていたのですが、話の流れ上明日ご紹介します。

一応Q&A方式で書かれているんですが、それがどこでも中断できるようになっており、かえって読みやすいです。

 

今、僕は朝食を抜いています。

実はずっと食べたいと思わないのに食べていました。

あ、ここで大事なことを述べておきます。

 

僕たちはアセンションの途中にあり、どうせそのうち今のような食形態ではなくなっていきます。

いきなり不食とかにはならないでしょうが、何が何でも食べて腹を満たすという風ではなくなっていくことでしょう。

でも、今は食べたいという欲求があるわけです。

であるならば、そんなことできるのは今の内なので思う存分食を楽しみなはれ。

ここが皆さん勘違いする所なのです。

 

五次元以上の高い次元では、食べることもあまり必要とされないので、アセンションのためにはなるべく不食にもっていかなくてはいけない→ブーッ。間違い。

五次元では何より一体感(ワンネス)が強くなるので、そのためには我々は今、皆がつながらなければならない→ブーッ。10点減点。

 

これね、八正道を守ったところで釈迦君のように悟れないのと同じで、悟った人はそうだったというだけの話です。

わかります?言うてること?

高次元の人がそういう状態だからといって、そうなろうと努力したらそうなれると思うところが愚かしいというか、頭悪い。

知らんうちにそうなっていた、で、周り見てみたら何となく前より高い次元にいるみたい。

コレが真相。

あ、ちなみに釈迦君は八正道などとは絶対に言ってませんからね。

今の意識状態になると(釈迦の悟りの状態)、当然自分の思い、言葉、行為などには気を使うようになる(常に意識をそこに向けているということ)。

ただし何が正しくて何が間違っているということではない。

だから正しい思考や行いをすれば悟りに至れるなどとは金輪際彼は言っておりません。

順序が逆なのです。

あんなのみんなそれ以降の弟子たちの作文で、それをもし釈迦が(偉そうに呼び捨て、笑)言ったんだとしたら彼は悟っていないことになってしまいます。

悟りたいと思った人はどうしたって方法論に終始してしまうのですね。

宗教家でこんなこと真顔で説いている人はちょっとおかしいと思わないといけません。

 

僕はこのブログで〇〇しなさいとは、おそらくあまり言っていないと思うのですが、唯一自分自身を見つめることだけは必要です。

たとえ個性に操られていたとしても、それを客観的に見ている自分がいる限り大丈夫。

自分の現在地をきちんと確認すること。

そして目的地をはっきり天に告げること(願いを告げる)

切符は持っています。

それをどの列車に乗ろうか、どこで切符を買えばいいか、考えているのが多くの人。

あなたはすでに切符はこの世界に来る時から持っているし、その列車に乗っているのです。

あとはあなたが願った所に連れていってもらえます。

ただ、いろんなところで臨時停車されるのが鬱陶しいんですけどね。

そこで停まんなやぁ~、って感じ(笑)

 

不食を調べていて当HPにたどりつく方も多いので一言申し上げておきます。

不食というのは意図してするものじゃない、自然とそうなるものです。

著書でも書いていますが、食べるという行為は人間が自らを全体性(神、宇宙)から切り離した時に始まりました。

切り離したんだけれど、やはり恵みは得られるという繋がりを保っておくために食という行為はあるのです。

ところが、その食本来の意義を皆、忘れてしまいました。

ですから、我々は全体性の中の一部なのであり決して孤独で見放された存在ではないということを得心している人は、もう食べる必要はないのかもしれません。

そういう人が徐々に食が細くなっていくのはごく自然の成り行きなので全然OKなのです。

そうでなければ身体こわします。

 

何度も繰り返しますが、せっかく三次元的な世界にいるのだからもっとその世界のことを楽しもうよ。

もうね、今みたいに金がすべてなんて世界は二度と来ないよ。

だったら、ガツガツ儲けりゃいいじゃん。

今みたいなSEXももう出来なくなります。

だったら、精一杯気持ちいいことしようよ。

暴飲暴食大いに結構。

大宴会だぜ、イエ~イ。

こんな機会ももうありません。

僕たちはわざわざ三次元世界を選んで来たんです。

だったらその世界のことを否定せずにとことんやり尽くしたらいいんじゃないの?

お金は汚い、男女関係はプラトニックに、お酒はダメ、食べ物は大切に、ということを守ったら上の次元にいけるかというと違うんだって。

残念ながらやり切った人から先にそこに行っちゃいます。

 

まあ、これは半分本当、半分皮肉みたいなところもありますが、間違ってはいません。

今の社会に嫌悪感を抱いて厭世的になりながら、スピリチュアルを語る人もいます。

これ、徹底的に嘘くさいです。

そんなことね、こっち側(汚れている側)に来て、そこで喋れっつうの。

 

Physicalとは身体的という意味と同時に物質的という意味もあります。

スピリチュアルというのは精神性をもって生きることです。

皆さん、その精神性の方にばかり目がいってしまって、身体がおろそかになりがち。

そうじゃないんだということ。

今一度、物質的な世界に身を置いていることの意味、そして肉体をもって生きていることの意味を考え直してみてはいかがでしょうか。

あ、僕、全然他人のこと言えませんよ。

僕も考え直している最中です。

 

長くなってきたので、ここいらで終了。

続きは明日。

本日は第66回目の長崎の原爆記念日です。

どうぞ鎮魂のお祈りを。

2011.8.9